うちごもりLIFE

出かけるよりも家ごもり、ウチごもりで暮らしたい主婦のブログ。台湾澎湖(ポンフー)島で暮らしています。

【台湾澎湖】なにもしないとある休日の過ごし方と日本語の勉強

【台湾澎湖】なにもしないとある休日の過ごし方と日本語の勉強

休日と書きながら、外で仕事をしているわけではないので、多少変化はありながらも毎日オフタイムに近い日々を過ごしています。

この間、澎湖人の友達と会ったときに「いつも何してるの?」と聞かれて答えに困りました…

 

そんなこんなで今週から、日本語の教え方を日本語が話せる澎湖人に教えてもらう、という習い事(と勝手に呼ぶ)を始めることに。

f:id:jamu333:20161025162535j:image

澎湖の小学校の先生たちと日本語を習います。趣味で勉強しているそうで、すでに50音のひらがな・カタカナはある程度マスターされていました。

 

日本語での会話のお手本を頼まれたのですが、関西弁のアクセントにならへんようにむっちゃ気を遣わなあかんのがなかなかむずいなぁ、と緊張しました!

 

日本語を教えてもらいたいという台湾人は、その日本人がどこ出身かをけっこう気にします。極端な話、大阪だったら訛りがあるから嫌とか。ならば、東京出身で大学は関西なんですよ〜という設定にしようか…なんて(笑)

一応、注意していれば両方話せまんがなw

 

あと台湾語の単語には、日本語から派生したものが複数あるのですが、関西弁の発音に似ている部分が多くあるんですね。もちろん台湾語も一種類ではなく、澎湖島内でも違いがあるので、奥が深いなぁと思います。おそらくマスターするのは中国語の何十倍も難しい。。

 

文法の解説や説明が中国語なので、中国語の勉強にもなってとてもお得な感じです(*^^*)

教えることは好きなので、私も教えられるようになりたいな~! ずーっとやる気の出なかった注音に取り組む時が来たのかもしれない…

【関連記事】 

www.ouchi.link

 

澎湖は大好きな場所とはいえ、また1ヶ月単位で来ることがあるとは到底考えもしていませんでした。初めて澎湖を訪れたときとはライフスタイルが変わった、というよりそこから変化が始まったように思います。

 

でも…移住や中国語学習を含め、今澎湖で暮らしている日本人で私以上にグータラしている方はいないだろうなぁ…(^_^;) ←自覚あり

ライフログ的な感じで先週の土曜日について思い出しながら書いていきます。

 

※記事内の情報は、2016年10月現在です。変更等がある場合もあります。

 

9:30 起床

基本的に夜型生活なので起きるのは遅いです。だから朝日を見たり朝ごはんを食べに行ったりすることは皆無です。約束があったりどうしても外せない予定のときは起きます。

本当は朝型になりたいんですが、夜のほうが頭が冴えてなんらかの作業をするクセが付いてしまっているのでなかなか難しいですね~

 

13:00 お昼ごはんにお肉を食べる 

讚哥麵攤 - 炭烤燒肉飯

f:id:jamu333:20161023025211j:image

澎湖島で燒肉飯が美味しいお店として頻繁に名前を挙げられるうちのひとつ。何回も来たことがありますが、まだ注文したことはありませんでした。

燒肉飯って高雄や台南など南部が中心のイメージで、台北では食べたことはありません。お店あるのかな?

 

燒肉飯 65元(約220円)

言い表すなら台湾風トンテキ丼?

f:id:jamu333:20170226231941j:image

f:id:jamu333:20161023024430j:image

見た目は固そうだなと思いましたが、想像していたお肉の食感と違って、意外なほどとっても柔らかかった!

日本で出てくるような「焼肉丼」とは違いますが、それよりもあっさりと食べられる感じで美味しかったです。

 

瓜仔雞湯 30元(約100円)

きゅうりの醤油漬けと骨付き鶏肉のスープです。

f:id:jamu333:20161023024444j:image

台湾のスープは薄味なことがほとんどですが、こちらは醤油風味とチキンスープでしっかりめの味付けでした。骨の部分ですが、お肉もしっかり付いているのでボリュームがあります。

 

▼大きい鶏から揚げがどーんと乗ったメニューもあります。これで90元(約300円)

f:id:jamu333:20161023024458j:image

私には食べきれないよ…

 

落書き?の多いお店は美味しい率が高い法則発動。

f:id:jamu333:20161026023518j:image

キノコの佃煮のような醬(ジャン)も買って帰ったことがあります。ピリ辛がお好きな方におすすめですよ〜! 

讚哥麵攤 - 炭烤燒肉飯
住所:馬公市光明路20號

 

14:00 海を眺める

壹咖啡(コーヒー中心のチェーン店)でカフェラテを買ってから海を眺めに行きました。観音亭から近くいつもほぼ誰もいない場所。

f:id:jamu333:20161023031529j:image

季節的に波が荒く、海水の透明度が低く写真にも暗く写るだけ…。それでも日本の沖縄以外の海水浴場に比べたら綺麗なほうだと思います。

 

この間までエアコンなしで過ごしていたのにまた近頃とても蒸し暑いです。真夏に比べると大したことはないんですが、ベタベタ不快指数は高め。

 

18:30 夕食にふわふわ蛋餅を食べる

藍21咖啡輕食(Blue21) 

ごはんを食べてゆっくり過ごしたいとき、野菜をたっぷり摂りたいときにはこちらへ行きます。

www.ouchi.link

www.ouchi.link

▼冰滴黑咖啡(低温抽出コーヒー)を持ち帰り用で購入(450ml 200元)

※初回だけ瓶の料金として40元かかります。

f:id:jamu333:20161023031629j:image

オーナーに冰滴黑咖啡の賞味期限を聞いてみたら、「20~30日OK!ワインのように味や香りの変化を楽しめるよ!」とのこと。20日も!?

 

「砂糖は入れない方がいい、現代の食生活はふだんから糖質を摂りすぎている、そのまま飲むのが身体にもよくて美味しい」と20分くらい説明が続きました(笑)

 

身体に悪い食品は使いたくない、とほとんどを手作りされているのに安くて美味しいし、もっと流行っていてもおかしくないお店なんだけどなぁといつも思います。

 

オーナーはそのまま飲むのがおすすめ!と強力プッシュしていたコーヒーですが、牛乳を入れて飲んでいますw1:1が好みです♪

 

20:00 友人に誘われてダーツバーへ 

気軽に楽しめる感じの店舗でした。上階はマンションになっており、住人の方がときたまダーツの合間を通り抜けて帰宅するのにちょっと驚いた!気軽にコンビニとか行きにくくないのかな…?

f:id:jamu333:20161023030947j:image

先っぽ部分(ティップ)がプラスチックのやわらか素材なのは、ソフトダーツなんですね。

上手な人はマイダーツを持参していました。 

f:id:jamu333:20161023030935j:image

投げ方などを教えてもらって、初心者3人(全く未経験は私だけ)でやったら勝った…!

f:id:jamu333:20161023030956j:image

ひとり500元くらいかかるかな?と思っていたら、チャージ料金なしでワンドリンク制(ビールは瓶で90元~・ソフトドリンクは50元)、あとは1ゲームひとり20元で、空いていたらゲーム時以外の練習も好きにしていいよという、儲かっているのか心配になる遊びでした。

 

そのほかの時間

パソコンやポメラに向かってカタカタしています。どうしても気分が乗らないときは、読書したり、昼寝したりよりダラダラ…と書いていてなんだか恥ずかしくなってきました(;´Д`)

これからは勉強も頑張るよー