うちごもりLIFE

出かけるよりも家ごもり、ウチごもりで暮らしたい主婦のブログ。台湾澎湖(ポンフー)島で暮らしています。

たかぎなおこさんの「ひとりたび2年生」を読むとまた石垣島ひとり旅へ出かけたくなる

たかぎなおこさんの「ひとりたび2年生」を読むとまた石垣島ひとり旅へ出かけたくなる

沖縄本島よりさらに南へ400km以上離れた場所に位置する八重山諸島の中心地、石垣島。20代の頃、よくひとり旅をしていました。

f:id:jamu333:20170218173510j:image

石垣島で短期滞在用のマンションを借り、地元のスーパーで食材を買い、部屋で料理して食べる気ままな滞在が、どんな旅行よりも楽しかった思い出!

 

バスに乗って遠出したり、マグロの味がする赤マンボウカラフルな鯛のお刺身海ぶどうスパムおにぎりにんじんしりしりを肴に部屋で地元の番組を観たり…

 

急に降り出した激しいスコールの雨音などを思い出すと懐かしく感じます。

 

当時、沖縄にハマって繰り返し訪れたくなる「沖縄病」という言葉をよく耳にしました。

 

私自身も、大阪・神戸の沖縄物産の専門店で頻繁に買い物をし、お客さんみんなでオリオンビールの歌を歌って踊りながらごはんを食べるお店に通うくらいは沖縄病でしたw

 

ただ、父方は沖縄出身のため、親戚も多く、現地で暮らす大変な部分を聞いて知っていたので移住を考えることはなかったですね。

 

どんな因果か、今は海外のさらに離島で暮らしていますが…(笑)

人生は分からないものです。興味も欲も大してない人間なので、これからもなるように生きて行こうと思います。

台湾の澎湖島(ポンフー)は、石垣島と雰囲気が似ている、潮風が吹き抜ける爽やかな島です。(爽やかは言い過ぎかもしれませんw)

 

南の島国には、なんともいえない魅力を感じます。

台湾も知ってからは不思議な引力でキラキラして見える、ときもあった、のかな?(笑) 

石垣島へ旅行するきっかけになったのは、イラストレーター&コミックエッセイ作家のたかぎなおこ さんの著書を読んだこと。

久しぶりに読み返してみたら、やっぱりひとり旅って良いなぁ~って思った。

 

ひとりたび初心者のたかぎさんが勇気を出して国内の色々なところへ旅をした様子が、「ひとりたび1年生」「ひとりたび2年生」にたくさん詰まっていて、とても読み応えがあります。

イラスト・字ともに可愛い漫画なので、飽きることなくあっという間に読めてしまう。

 

ダイビングCカード取得のため沖縄本島へ行った話は「ひとりたび1年生」に、石垣島・離島の話は「ひとりたび2年生」に載っています。

本当にひとりたび初心者なのかな!?と思うくらい充実していてすごいなぁと感じました。

f:id:jamu333:20170218190522j:image

後に台湾へ行くようになってから、たかぎさんの著書を見つけ、少しずつ買い揃えています。

 

カバーを外したところにある隠れ4コマ漫画もしっかりあって嬉しい!台湾にファンも多いそうです。

日本語版と中文版を見比べることができるので、中国語学習に興味のある人にもおすすめですよ~

 

「ひとりたび2年生」をガイドブックに、あとはネット検索に頼って初めて石垣島を旅行したときのことを一部抜粋してまとめました。

時期:2011年4月中旬~

 

短期滞在したウィークリーマンション

このときは有給を利用して10日間の旅行。まず波照間島で3泊してから、予約していたウィークリーマンションへ向かいました。

 

私が利用したのは、石垣島のカンセイホームさんが運営する登野城家(とのしろや)

記載はないですが、イラストや写真、室内の様子からおそらくたかぎさんが借りたところと同じかなと思いました。

 

たかぎさんのように、マンションを借りたまま離島へ泊まりで行ったりもしました。ちょっと贅沢ですね。

 

それでもずっとホテルへ泊まるより割安で、必要な荷物だけ持って行けるのでとても快適に過ごせました。これぞのんびりひとり旅の醍醐味って感じ!

 

リゾート旅行を楽しみたい方、カップル、家族連れの方は送迎や各種サービスが充実したホテルのほうが使いやすいと思います(*^^*)

 

部屋は広めのワンルームで、ベッドがふたつ、机、バスルーム、キッチン付きでとても綺麗でした。一通りの家具家電は揃っており、調理道具、食器もあったのでそれなりの自炊OK。

 

徒歩3分くらいの場所に、タウンプラザかねひでという地元系のスーパーがあり、ここがまた面白い!色々な沖縄系食材を買って楽しみました。

以下、その一例です。

 

八重山そば 

f:id:jamu333:20170219032840j:image

お店でも食べたけど、せっかくなので部屋でも作る。レトルトなので簡単!

左下のにんにく味のは、沖縄のかまぼこ。

 

八重山そばの袋に、鯖缶を入れて混ぜて作る「からそば」も美味しいですよ。私の沖縄の親戚のおっちゃんは、これを肴に泡盛の牛乳割りを飲んでいます(笑)

 

ただ、沖縄のソバは油分でヌルヌルするので、湯通しするほうが健康のためにも良く、美味しいと思います。鍋やザルを洗うのが調理よりも大変。

 

おかず 

f:id:jamu333:20170219032849j:image

マグロに近い風味の赤マンボウのお刺身、海ぶどう、にゃっとう納豆。

 

海ぶどうは298円くらいだったのでお土産にもたくさん購入しました。ちなみに海ぶどうは、粒が縮んでしまうので冷蔵庫に入れるのはNGです。常温で持ち運べるのは良い◎

 

にゃっとうはネーミングに負けた。

 

お弁当 

f:id:jamu333:20170219032854j:image

ジューシー(沖縄の炊き込みごはん)が油っぽすぎて食べきれなかった。。がっつりしたのを選んだ失敗。

 

外食 

f:id:jamu333:20170219032949j:image

石垣牛も食べに行ったのですが、写真が残っているだけで全然覚えていません。たぶん美味しかったと思うのですが…(笑)

 

石垣島一周観光バスツアー

本には載っていませんでしたが、口コミで「良いよ!」と聞いていたので申し込んでみたのが、東(あずま)運輸株式会社が運営する定期観光バスの石垣島一周観光ツアーです。

事前申し込み不要で、当日参加OKなのがポイントでした。おっちゃんガイドさんの三線生演奏付き!

 

この日、女ひとりで来ているのは私だけで、ツアーで一緒だった家族連れに「ひとりで!?」と驚かれました。

今はひとり旅をする女性は不思議ではないので、驚かれることはないでしょうね。

 

記憶に残っているところを書き出していきます。 

 

▼唐人墓

写真を見て台湾のお寺のような場所があったな、と思い出し調べてみたら悲しい歴史がありました。

1852年に起きたロバート・バウン号事件によって亡くなった唐人(中国人)128人を弔うために1971年に建てられたものです。 改修はその後数回行われています。

f:id:jamu333:20170218173440j:image

ー概要ー

アメリカの奴隷貿易船ロバート・バウン号は、中国 厦門(アモイ)で集めた400人の中国人(苦力 クーリーと呼ばれた労働者)を乗せ、カリフォルニアへ向かっていた。

しかし船内で酷い暴行を受けた中国人らは暴動を起こし、アメリカ人船長と船員ら7人を殺害。

船は台湾へ向かう途中で石垣島崎枝沖で座礁したため、380人が下船し島へ上陸。

 

八重山の蔵元(政庁)が仮小屋を設け住まわせたが、米英の船が3回にわたって来島、小屋を砲撃した。

上陸した武装兵は、山中へ逃げた中国人を追い、銃撃による殺害(見せしめに100人以上を吊るし上げたとの記載も)・逮捕、自殺や疫病で亡くなる者が続出した。

 

逮捕から免れた中国人を、琉球王朝と島民たちは食料などを援助し小屋へかくまい、翌年1853年9月琉球側が船二隻を用意し、生存者172人を中国へ送還した。

 

しかし、ガイドブックや案内の説明に書かれている上記の内容が間違いだという主張もあります。

奴隷的な労働を強いられる苦力だけではなく、知識階級の出稼ぎもあった、

船は台湾と間違えて乗り上げた、米英側の砲撃は威嚇であり、犠牲者128人中、殺害されたのは3名で、ほかは当時石垣島で流行していた疫病で帰国前に命を落としたのではないか、など研究者の間でも意見が食い違っているそうです。

 

事件の真相は分からないままですが、当時自分たちも疫病が蔓延し大変だったのにも関わらず、思いやって手助けをし、こちらの墓が建てられる前から亡くなった人を弔ってきた石垣島の人たちの優しさを感じました。

 

▼川平公園

f:id:jamu333:20170218174130j:image

あまり天気の良くない日だったのにも関わらず、感動するほど透き通っていて綺麗だった川平湾。

f:id:jamu333:20170219221045j:image

グラスボード乗船オプションがあったので、もちろん付けました。様々な種類の珊瑚を目にし、自然の美しさを実感。

 

▼ポーザーおばさんの食卓

f:id:jamu333:20170218173446j:image

昼食が想像以上に豪華!料金はツアーに含まれています。

 

メインのハンバーグ、サラダ、八重山そば、赤マンボウのお刺身など。左上の小皿に乗っているのは、沖縄の豚肉みそ。お土産として販売もされていました。

 

午後から出発の半日コースだとランチではなく、ティータイムとして寄るそうです。

 

▼展望台の帰り道にて

f:id:jamu333:20170218174124j:image

「別にいいです~」と言ったけど、ガイドのおっちゃんに「せっかく来たんだから!」と半ば強引に撮ってもらったひとりの記念写真です。めっちゃガチガチ(笑)

 

今は突然の自撮りにも慣れましたが、台湾女子の奇跡の一枚を生み出す凄さにはついていけないでいます…w

 

この後、ガイドのおっちゃんとのツーショット写真をバスの運転手さんにお願いして記念に撮ってもらいました。

 

またどうでもいいことですが、この頃からユニクロのUVカットパーカーを愛用していたんだなぁ…と思いました。

 

ほかに、ヤシ原生林へも下車観光がありました。ガイドのおっちゃんの三線演奏は今でも良かったな~と感じるのでまた乗ってみたいです!

 

この日の夜、沖縄ベストソングコレクションなどのアルバムをiTunesで購入。安里屋ユンタが特に好きな曲です。

 

お気に入りになった飲み物

マリヤシェイク 

f:id:jamu333:20170218173426j:image

港の離島ターミナル内のお店七人本舗の名物。味は子ども向けから大人向けまで。こちらはもちろん大人向けの泡盛フレーバー!一度飲むとクセになります。

 

ゲンキクール 

f:id:jamu333:20170219032821j:image

八重山地方オンリーの飲み物らしいと聞いてほぼ毎日飲んでいました。離島の売店にもあったよ!

乳酸菌飲料でこちらもクセになる味です。 

 

シーサー作り

行きたいところがなくなったので、電話をかけて前日に予約した工房へ。

f:id:jamu333:20170218173457j:image

とっても個性的なシーサーが作れます!

f:id:jamu333:20170218173501j:image

思いの外、自分に似たブチャイクさに仕上がり気に入りました。

みんさー工芸館も勧められたんですが、不器用がひとりで行く勇気が出ず、、

ひとり旅でなくなってしまうけど器用な夫となら行きたい。もちろん織っているのを見物する係です(笑)

 

バスに乗って北部にある「糸数商店 」へ

f:id:jamu333:20170219033005j:image

さだおばぁの島ラー油が買いたくてバスに乗り行きました!残念ながら、このときはさだおばぁは不在でした。石垣島で糸数って苗字は少ないと思う。

 

ラー油や油味噌、スターフルーツなど色々購入して宅配便で家へ送りました。

 

今、ラー油は通販もしてる…!

石垣島のフルーツ&さだおばぁのラー油 糸数商店

 

ここからマンションまでバスで戻ろうと思って道を歩いている途中、パイナップル屋さんに声をかけられました。バスが通り掛かるまで、お店のおっちゃんと色々会話。

 

沖縄のバスにはフリー区間があって、手をあげたらどこでも止まってくれるし、降りることもできるんです。

 

無料でパイナップルをいっぱい食べさせてくれました。まだ4月だから少し酸っぱかったけど美味しかったです。おっちゃんは「気を遣わなくていいよ~」と言っていたけど、あとで数個買いました。

 

そのお店のすぐ隣は、明石家さんまさんが主演の映画「さとうきび畑」のロケ地のひとつだったそうです。

 

大量のお土産… !

もうこんなに買うことはないですけどねw

f:id:jamu333:20170218173533j:image

母がお土産はたくさん買っておすそ分けする人で、私にもそれが受け継がれました。

 

台湾澎湖(ポンフー)から帰国するときも、適当に買ってくるように言われるので、なるべく美味しいお土産を見つけたいです。

黒糖ケーキの消費期限が伸びたら良いんだけどなぁ…  

 

たかぎなおこさんの著書が好き

元々、たかぎなおこさんのファンで、特にひとりぐらしのシリーズは、自分が一人暮らしをしたときにも共感できるところが多く愛読していました。

今はKindleなどの電子書籍でも購入できるのが嬉しいです。

 

「浮き草デイズ」は夢を追いかけているけれど上手くいかなくて悩んでいる人に読んでもらいたい本。1と2があります。

 

今は成功しているたかぎさんも、たくさん悩んだり落ち込んだりした期間があったのかと励まされる気持ちになりました。