うちごもりLIFE

出かけるよりも家ごもり、ウチごもりで暮らしたい主婦のブログ。台湾澎湖(ポンフー)島で暮らしています。

夏に飲みたいアイスコーヒー!最後まで美味しい秘訣のコーヒー氷と作り方:台湾・澎湖(ポンフー)のカフェ「藍21咖啡輕食(Blue21)」

夏に飲みたいアイスコーヒー!最後まで美味しい秘訣のコーヒー氷と作り方:台湾・澎湖(ポンフー)のカフェ「藍21咖啡輕食(Blue21)」

f:id:jamu333:20170517035545j:plain

もうすぐあっという間の6月ですね!

近頃とても涼しい日々が続いている台湾の離島・澎湖(ポンフー)

 

日に当たるとひからびるので、スクーターでのドライブはもっぱら夜に行く派なのですが、寒くて帰りにセブンイレブンでホットのドリンクを注文してしまうくらいです。

 

澎湖は風が吹き抜ける地形なので、おそらく日本人が想像している台湾よりも涼しいです。

最近はあまり雨も多くないので、まだそんなに梅雨とは感じない。というか梅雨入りしているのかな。過去、6月中旬くらいまではジメジメしていた記憶があるんですけどね。

中央気象局発表の統計上では、8月→6月→7月→5月→4月の順で降水量が多いようです(澎湖県馬公市)

 

追記:6月中旬頃から毎日ずーっと雨のお天気になりました。 

www.ouchi.link

7・8月の昼間は非常に暑いので、これからの真夏に訪れる方は、水分&ミネラル補給と日焼け対策は抜かりなく(+o+)

 

さて、澎湖のカフェ、ブルー21(藍21咖啡輕食)で暑い夏にぴったりの新しいメニューをいただいてきました♪

 

藍21咖啡輕食(Blue21)
住所:馬公市光明里七鄰陽明路115

営業時間:
平日 11:00~21:00
週末   9:00~21:00

定休日:毎月21日

  

黑水漂浮冰磚咖啡

hēishuǐ piāofú bīng zhuān kāfēi

 

ミスドのメニューでもおなじみの氷コーヒー(またはコーヒー氷)を、台湾では「冰磚咖啡」というらしい。 

こちらは牛乳なしバージョン。

f:id:jamu333:20170517035204j:image

コーヒーを凍らせた「コーヒー氷」を通常の氷の代わりに使うことにより、アイスコーヒーが最後まで水っぽくならず、むしろより濃厚な味わいを楽しめるというアイデアですね!

 

ついこの間、アメリカのスターバックスが100店舗で試験的に「コーヒーでできた氷をメニューに追加する」と発表したこともあり、これからブームに、そしてそれが普通になっていくのかもしれないなぁと思いました。 

 

上の写真を撮っていたら「こっちのほうが見栄えが良いから」と手づくりの木製コースターをオーナーが持って来た(笑)

f:id:jamu333:20170517035723j:image

こちらのコーヒー氷は、普通のコーヒーではなく、やはり冰滴黑咖啡(低温抽出コーヒー)から作っているとのこと。

 

冰滴黑咖啡は、5℃で8時間以上かけて抽出。とても時間がかかるので、専用の器具と冷蔵庫がこのメニューのために用意されています。

 

Blue21のコーヒーは甘さ控えめ。オーナーはコーヒー豆の品質と香りにこだわっています。コーヒー好きな人ならコーヒー談議ができると思う。

 

私はコーヒーはラテを含めて無糖が好みなので、 無糖で注文しました。

まろやかでとても飲みやすい口当たり。コーヒーをふだん飲む習慣がない人でも美味しいと感じるはず。

 

家で手軽に作るなら、水出しコーヒーで近い味わいが再現できそうです!作り方などは記事の後半にまとめました。

 

Blue21:見た目がキュートな澎湖名物サボテンティー 

f:id:jamu333:20170517035653j:image

ピンク色が可愛いドリンク「德古拉冰茶 dé gǔ lā bīng chá

 

飲んでみると、見た目の可愛さとはうらはらに、独特の酸味と風味に驚いてしまうかも。ローズヒップティーやハイビスカスティーに似ています。

 

サボテンの果実をベースにした飲み物なので、ほとんどの人にとっては初めての味ではないでしょうか。

美味しいというよりかは、お肌と健康に良さそうと言える。

 

澎湖の街中のお土産屋さんにも、ティーバッグのサボテン果実茶を取り扱っているお店があるので、興味があればおすすめですよ~!

私も以前1回だけ、バラマキ土産のひとつとして買って帰りました。酸っぱい!

 

カレーは、超サラサラでスープカレーに近い味わいで美味。私はほぼ、キムチ入り餃子カレーを注文。ごはんの代わりに水餃子10個入り。

f:id:jamu333:20170517035711j:image

メニュー表が新しく変わっていたのですが、メニューから消えてる!?絶望…と思ったら「あるよ〜」と。

どうやら「メニューに書ききれなかった!」ということらしい。でもそういえば…去年期間限定って言っていたような気もする。 

www.ouchi.link

 

Blue21:澎湖燒(泡麵烘蛋餅) 

f:id:jamu333:20170517035556j:image

ふわふわした生地と王子麺のカリカリした食感が面白い、ブルー21のオリジナル蛋餅。それをハッキリと「澎湖焼」と言い切るあたりがいいなw

 

お好み焼きのことは、「大阪焼 dà bǎn shāo」と「廣島(広島)焼 guǎng dǎo shāo」のように区別して呼んでいました。

 

大好きな台湾人ブロガーのジエジエのブログ(台湾・日本ともに書籍化もされています)にも、そんな記事があったなぁと思って探してみました。

jjoxo.blogspot.tw

 

Blue21:手づくり雑貨

あと、行くたびに、オーナー手作りの可愛い系雑貨が増えている(笑)

f:id:jamu333:20170517041405j:image

f:id:jamu333:20170517041410j:image

缶詰の空きカンでできているエコなワンちゃん!

f:id:jamu333:20170517041423j:image

ブリキ缶なロボット!目が光ります。

 

うちカフェ:お店の美味しいアイスコーヒーを簡単に再現するなら水出しで!フルーツコーヒーにしても美味しい

美味しいアイスコーヒーを淹れるには、熱いコーヒーをただ冷ませばいいというわけではなく、やはりコツが必要だそうです。

コーヒーはすぐ酸化するので長時間の作り置きもNG。

  

コーヒーの粉末が入った市販のコーヒーバッグを使っての水出し抽出なら、一番手軽に美味しい喫茶店のようなアイスコーヒーが作れます。

夏に自宅で美味しいアイスコーヒーを飲みたくなった!というときのために、常備しておきたい。

 

また、紅茶のように、フルーツをコーヒーバッグと一緒に漬け込んで抽出しても、一味違うフルーティーなアイスコーヒーになって美味しい!

 

うちカフェ:お洒落ボトルや可愛いタンブラーを使う

カフェぽくて好きなグッズ!

冬はあまり出番がないので、夏にたくさん使いたいボトル。

f:id:jamu333:20170528045225j:image

100円ショップでも豊富な種類が揃っていますね〜!

台湾で暮らしている部屋にはキッチンがないので、こういうの使っていたんだなぁと思うとちょっとさみしい。

 

うちカフェ:コーヒー氷の作り方

抽出したコーヒー(水出しアイスコーヒーならより簡単!)を、製氷トレイへ入れて冷凍庫で冷やし固めるだけ。

 

コーヒー氷を使えば、最後まで水っぽくならないので、冷んやりとしたコーヒーをゆっくりと楽しめます。

 

牛乳を入れてアイスカフェオレを作りたいなら、コーヒー氷をクラッシュアイスにするとほどよく溶けて良い感じです。

作り方としては、濃い目に抽出したコーヒーをジップロックへ入れて凍らせ、袋ごと麺棒やラップの芯、コップの底などで砕いたものを用います。

 

台湾のお土産で、金魚の形をしたティーバッグが「可愛い」と定番の人気になっていますが、氷を金魚型にする製氷トレイを見つけました。

 

ティーバッグは、使ったら終わりで自分用にはもったいないと躊躇してしまいますが、これなら何回もOK!

 

市販のジュース類を製氷皿で凍らせ、アイスティーを注いでフルーツティーを作ったり、紅茶派にも便利なキッチングッズですね(*´∀`*)