読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちごもりLIFE

出かけるよりも家ごもり、ウチごもりで暮らしたい主婦のブログ。台湾澎湖(ポンフー)島で暮らしています。

【台湾澎湖】澎湖跨海大橋で記念撮影をしたら「保安宮」のガジュマルの下で花枝丸を食べてひと休み!

【台湾澎湖】澎湖跨海大橋で記念撮影をしたら保安宮のガジュマルの下で花枝丸を食べてひと休み!

澎湖島の白沙郷エリアと西嶼郷エリアをつなぐ澎湖跨海大橋は、澎湖での記念撮影スポットのひとつ!

 

1790年に初めて開通後、橋梁の腐食により1996年に完成した2代目の橋がこちら。

旧跨海大橋の跡は、今でも白沙郷エリアから向かう途中右手側に見ることができます。改修するごとに左にずれていくのかな?とたまに考えたりも。

f:id:jamu333:20161119161724j:image

橋の周辺は、記念撮影をする人たちで賑わいます。

アーチの「澎湖跨海大橋」という文字が右端に詰めてあるのは、文字の位置が中心だったときに道路の真ん中で撮影する人が多かったかららしい!なるほどね~

 

今も道路のほうへ出て撮っている人も多いので、車やバイクにひかれないように、ひかないようにご注意ください(^^;)

 

▼上の写真は、ベストスナップスポット!と言っているかのような印のところから撮ったのですが、正直足の向き等が色々とおかしいような気がします(笑)

団体客用の目印かな?でもこの向きに合わせたら橋写らないし…

f:id:jamu333:20161119161848j:image

橋の前で写真を撮って、サーッとそのまま渡っていくのはちょっともったいない!ほかにも見どころ、食べどころが多いんですよ~(´艸`*)

こちらまでのアクセスは、馬公市の中心部からバイクで約30分です。いつもの定番コースを紹介します。

 

▼景色が良い&人が少ないので、橋の反対側(西嶼島側)で撮影するのもおすすめです♪

f:id:jamu333:20161118213830j:image

橋の手前で左折します。

f:id:jamu333:20161119161732j:image

まず、すぐのところに、サボテンアイスが超有名なお店があります!

【関連記事】

www.ouchi.link

そのまま真っすぐ進むと「保安宮」のガジュマルの場所通樑古榕へ到着します。 

 

通樑古榕「保安宮」のガジュマルは樹齢300年以上!

樹齢300年以上といわれているとても大きなガジュマルに覆われているのが「保安宮」です。

f:id:jamu333:20161113235053j:plain

木々の隙間から漏れる光で少し幻想的な写真が撮れます。

木々、と書きましたが、実はこちらのガジュマルは、複数の樹が絡み合っているのではなく、1本の樹なんです!

 

1本1本独立しているかのように見えるのは、茎から空中に垂れ下がった気根が土に達して支えの役割をしているためで支持根と呼ばれます。

気根は澎湖の集落の数と同じなんだそう。不思議。

 

ガジュマル下の売店

f:id:jamu333:20161119160643j:image

お土産やサボテンアイスクリーム、お茶の売店もあります。

f:id:jamu333:20161119185054j:image

暑い季節には、ハーブの一種である風茹草を使った澎湖茶が人気!

ペットボトルで売られているものは、無糖、砂糖入り両方があります。

 

▼野生の風茹草

f:id:jamu333:20170131220617j:image

見つけるのは楽しい♪洗ってから天日干しにし、お茶として加工。

 

お土産用にティーバッグも販売されています。どくだみ茶に似た風味ですが、さっぱり美味しいです。

 

2016年に抗ガン作用がある…!?と少し話題にもなりました。

ソース:抗癌新發現 澎湖風茹茶減緩癌病不適 | 即時新聞 | 20160819 | 蘋果日報

あくまでもハーブの一種で、これを飲んだからどうこうというような段階ではないですが、将来的に研究が進み、より一層の発展があると良いですね(*^^*)

 

保安宮

f:id:jamu333:20161119160433j:image

本堂では神様とお金を交換する「交換錢」ができると聞いたので、やり方を覚えてから金運財運アップを狙…お願いしたいな。

 

ガジュマルの始まり

元々の根幹(とされている根っこ)には、

f:id:jamu333:20161119160416j:image

f:id:jamu333:20161113235100j:plain

赤い布がリボンのように目印として巻かれています。

f:id:jamu333:20161119160716j:image

澎湖は土壌・気候ともに植物が育ちにくい環境といわれていますが、その条件の中でここまで大きくなったのには神秘さを感じずにはいられませんね~!

 

美味しい小吃を食べよう♪

一通り、見学をし終わったら、澎湖名物の小吃を楽しみましょう~(*^^*)

ガジュマルの中のお店以外に、道路を渡ったところにもお店があります。私はいつもそちらで買って、ガジュマルの天井の下で涼みながら小腹を満たしています。

f:id:jamu333:20161113234958j:plain

f:id:jamu333:20161119160453j:image

▼なんとなくいつもはこちらのお店へ!閉まっているときはすぐ左手のお店でも買います。どちらも味に大きな違いはありません。お好きなほうへ~

f:id:jamu333:20161119160513j:image

f:id:jamu333:20161119160528j:image

注文したらその場で揚げてくれます!地瓜球は初めは小さかったのが、だんだんプクーッと膨らんできて面白いですね。

花枝丸は注文するとまた別のところで調理して持ってきてくれます。

 

澎湖の花枝丸は特別美味しい

 台北から遊びに来た友人が「ポンフーの花枝丸は美味しい!」といたく気にいっていました。3種類の味が楽しめます♪

f:id:jamu333:20161119160303j:image

40元(約140円)

こちらの花枝丸は、揚げたてを食べられるということもあってか、本当に美味しい!小さく見えてけっこうボリュームがあり、満足できます。

 

ふわっと軽い地瓜球 (さつまいもボール)

台湾ではおなじみのスナック。

台北などの夜市で買うこともありますが、今までで一番美味しかったのがこちら!

f:id:jamu333:20161119160314j:image

50元(約180円)

食べたことがない方には、中身が詰まっているイモ団子に見えるかもしれないですね。膨らんでいるだけなので、軽く何個でも食べられてしまいます♪

甘くてふわっと軽くQQ(モッチモチ)!

 

ほのかな磯の香りがポンフーぽい海菜餅

f:id:jamu333:20161120172257j:image

f:id:jamu333:20161120172338j:image

40元(約140円)

蔥油餅のネギの代わりに、生地に海草の入ったちょっと珍しい特色のある食べ物。卵入りで食べ応えがあります。

さっくりとしていて美味しい!

 

ぜひ一度試してみてくださいね~

f:id:jamu333:20161120172350j:image 

「保安宮」(通樑古榕樹)
住所:澎湖縣白沙鄉通樑村149號