うちごもりLIFE

出かけるよりも家ごもり、ウチごもりで暮らしたい主婦のブログ。台湾澎湖(ポンフー)島で暮らしています。

【台湾】澎湖(ポンフー)で食べるものに悩んだら?小管麺線かKLG(フライドチキン)へ行く

【台湾】澎湖(ポンフー)で食べるものに悩んだら?小管麺線かKLG(フライドチキン)へ行く

観光情報というか日記です。

 

小さな島暮らしは、行きつけのお店を作りやすいというメリットはありますが、外食が続くとやっぱりどんなに美味しい台湾・澎湖ごはんでも飽きがきてしまうものですね…。

 

今回はだいぶ早くそれが来てしまい、今の部屋にキッチンが付いていたら最高なんだけどな~と思いながら、Facebookグループの賃貸情報ページを眺めて妄想で住んでみたりしています(笑)

 

私は台湾の大同電鍋が大好きで昨年は日本に1台持って帰ったのですが、 

台湾に住む日本人の方で、やはり同じようにキッチンのない部屋に暮らしながら、電鍋を上手に使って半自炊していらっしゃるのを見かけて、なるほど~!と感銘を受けました。

 

…日本へ持ち帰らずにこっちの部屋に置いておけば良かったかな(;・∀・)笑

 

電子レンジも知人のところにあげちゃったので、

大好きなヤングコーンをサーモスマグで保温調理して食べている今日この頃。

台湾のどこにでもあるスーパー、全聯福利中心(チュエンリエン)で70円くらいで買っています。成長版のトウモロコシより好み。

 

いつまで続くか分からない澎湖生活ですが、全ステンレス製の大同電鍋を買って半自炊、くらいは後々頑張りたいなと思います。

 

ちょっと不自由でも、少ないモノで工夫した暮らしを楽しむのも、海外生活の楽しみかもしれないですね!

 

さて、食べるものに悩んだときに食べる外食ごはんについて。私の場合は、あっさり&こってりな組み合わせで乗り切ります!

 

「小萍的店」の小管麵線(シャオグアン ミエンシェン)

馬公市内の中心部から、スクーター利用で約40分の小門嶼にあるお店なのでけっこう遠いですが、わざわざ食べに行きたいと思うくらい美味しい!

 

馬公市内にも食べられるお店はもちろんあるものの、数えるくらいしか食べたことはありません。。美味しいお店を見つけたいのですが、なかなか…。

私はヘチマとイカ入りの絲瓜+小管麵線が一番お気に入り。それがないときは、あおさのりとイカ入りの海菜+小管麵線も。

以前より少し値上がりし、具材が2種類のものは、90元→100元になりました。

 

この間、初めてメニューにある!(いつも沒有だった)と思って注文してみたのは、牡蠣入りのもの。

ふだん見ているものに比べてびっくりするくらい小さい。そういう種類の牡蠣のようです。

小ぶりでも牡蠣の風味はしっかりしていて美味しかったです。粒の大きいものとはまた違う味わい。たくさん入っていたのでスープ感覚で食べました。

 

150元でたっぷり食べられる、河豚皮も絶対に注文!天然コラーゲン(*´ω`*)

ハリセンボンの皮のトゲを抜き、湯引きしたもの。テーブルにある醤油をたっぷりかけて混ぜていただきます。

 

ふたりで、麺線+河豚皮を食べて350元(約1300円)くらいが目安です。ほかに、夏季限定の生ウニや、ウニの卵炒め(うにオムレツ)もお店の看板メニューです。 


たまに、サービスの小皿がふたつもらえる♪

 

 ▼詳細はこちらから

 

ついでにガジュマル下で小吃をつまむ

小門嶼まで行ったら帰りに寄り道しても楽しい。正直毎日の生活があって、もう観光という気分ではないのですが、遠出をすると美味しいものが食べられる…!

 

食いしんぼうにはたまらない環境です。より太ります。

花枝丸(イカ団子)と迷いつつ、

飛魚卵香腸(とびっこ入りの台湾の甘いウインナーソーセージ)を初めて食べた!

プチプチ食感で美味しいけれど、小さいからあっという間に食べ終えてしまった。 やっぱり澎湖なら花枝丸かな。

ガジュマルの下で休憩。今の時期、観光客が増えてとても賑やかです!

 

特に花火の日は人が多いので、街中でごはん食べない。ふだんバイクに乗り慣れない人は、人混みは避けたほうが良いかもしれないですね。

 

ここへは閑散期以来に訪れたのですが、呼び込みがすごかった(笑) めっちゃグイグイきます。シーズンに入ったんだな~とここでも実感。

 

とあるお店で澎湖名産の風茹茶のペットボトルを買ったら「無糖だよ!」と言っていたのに、ぬるくて甘かった…。

 

ティーバッグも販売されているので、また家で作ろうと思います。身体の熱を取る作用のあるハーブティーの一種なので、冬は避けていますが夏はOK!

 

 ▼関連記事

 

ケンタ〇キーフライドチキンじゃなくて「KLG」

日本の友達はいつも「これって…w」と笑うところ。

 

でも田舎だからパクリというわけではなく、台湾等でチェーン展開されている、れっきとしたお店です。フランチャイズですね。

 

本元の店名の由来は、快樂雞 クアイラージーらしい。

卡拉雞 カーラージーのほうがしっくりきます。どちらにしても最後「g」が謎ですが。

とぼけたトリのイラストが可愛い。

チキンが部位で選べるところが良い!日本でKFCを食べるより、はるかにお得な価格です。

私のお気に入りは、墨西哥雞肉巻とポテト。墨西哥はメキシコのことです。

皮はノーマルとカレーver.があるみたいですがカレー風味しか食べたことがない。食べやすくて好きです。

 

特に、揚げたてで独特の風味のあるポテト(小25・大50元)は、マク◯ナルドのポテトが食べられなくなるほど美味しい!カリッとサクッとほっくりとした食感。

 

台湾名物の大っきい鶏唐揚げも揚げたてを買えますよ(→KLG香雞排 55元)

 

KLGの店長さんとは交流があるので、家族や複数人でごはんを食べたりお茶したりすることもあります。

この間「なんでイカ夜釣りに誘ってくれなかったんだ!」と言われました。いやいや、アナタお仕事が…w

 

こばなし:女性は注意すること!

中国語を勉強していると、やはり台湾・現地の人と仲良くなりたいという気持ちになるかと思います。

台湾人は気さくな方が多く、お店の人はもちろん、カフェなどにいると話しかけてくれる人も多いので、実際にそこから友達関係ができることもあります。

 

同居人は近所のお茶が趣味のおじさんから毎日のように、高い台湾茶を嗜む会に誘われています(笑)

 

ただ、私はお誘いされても台湾人男性とは2人きりでは会いません。必ず、家族や友人と一緒に。

その他外国人や日本人男性は?と聞かれそうですが、生活の中でほぼ知り合わないのでとりあえず外して(笑)

 

日本人女性の方、「親切にしてくれたから…」と弱気になって押し切られないよう気をつけて下さい。

 

どこにいてもそうですが、あわよくばのシタゴコロで近づいてくる人はいます。

妻子ありまたは婚約者ありでも、堂々と平気な顔をしてデートに誘ったり。日本人(外国人)なら後腐れない、バレないと思うのか…。

 

若い女の子は、のほほんとしていて優しく見え、言いくるめられたり狙われやすいので特に注意です!

タダの親切なのか、ウラがあるのか用心するに越したことはありません。うまく利用しているなぁと思う、したたか女子もいたけどね(笑)

 

チキンと組み合わせて美味しい麺線

台湾南部で有名な丹丹漢堡のセットメニューぽくしたいときは、隣のお店の大腸蚵仔麺線を買ったりも。

あっさり麺線も好きだけど、台湾の麺線といえばこういうイメージが強いですね。香菜(パクチー)が一番合う料理じゃないかと思う。

 

翌日もまた別のお店にて麺線を買いました。50元くらい。

澎湖人の女の子に聞いたら、こういう麺線は家では作らないそうです。外食で食べるものという位置づけ。

 

澎湖特有の料理だと思っていた、日本でいうにゅうめんのような麺線は家庭で作ることが多い、家庭の味とのこと。 

 

ちなみに一昨日は、お刺身たっぷりの海鮮丼を食べて幸せになれました♡ 

数えてみたら、お刺身が20切れも!鯛にも脂がのっていて最高でした。

毎日何を食べようか迷いつつも、けっこう充実した食生活かもしれないですね(笑)