読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちごもりLIFE

出かけるよりも家ごもり、ウチごもりで暮らしたい主婦のブログ。台湾澎湖(ポンフー)島で暮らしています。

【台湾澎湖】牡蠣をお手頃価格で味わいたいなら「福牡蠣屋」ポンフー女子ひとり旅でも入りやすいお店

【台湾澎湖】牡蠣をお手頃価格で味わいたいなら「福牡蠣屋」ポンフー女子ひとり旅でも入りやすいお店

食べ物で澎湖(ポンフー)の名物といえば、まず私が思い浮かべるのが牡蠣。

牡蠣BBQ・海洋牧場での牡蠣食べ放題・海鮮レストランの牡蠣料理など、色々食べましたが澎湖の牡蠣はやっぱり最高!

 

福牡蠣屋は、予定を決めず「ランチで牡蠣食べようかな」と超気軽に入れるお店です。実際は夕食でよく行っていましたが(笑)

 

店内は清潔感があり、静かで落ち着いているので女性ひとりでも入りやすいです。もちろん台湾なので持ち帰り(外帶・帶走)もできます!

 

▼牡蠣飯 60元(約220円)

f:id:jamu333:20161008203450j:image

絶対に注文するのがこちらの牡蠣飯です。福牡蠣屋オリジナルの牡蠣入りソース(牡蠣のオイル漬け)がとっても美味しいんです!

ごはんの量もしっかりあるので満足感はたっぷり。

 

▼メニュー表 

f:id:jamu333:20170202180030j:image

福牡蠣屋という名前そのまま、メインのメニューは牡蠣中心です。牡蠣好きにとっては外せないお店ですよ~!

 

注文方法は、入ってすぐ左手のレジでこちらのメニュー表と注文用紙、鉛筆を受け取り、好きな席へ(奥は広いです) 用紙に記入したら、レジへ行き先に会計を済ませます。

 

けっこう頻繁に行っていたので、一通り注文しました。おすすめのメニュー(牡蠣飯・蒸牡蠣)、その他サイドメニューについて写真付きで紹介します(*^^*)

 

ここだけ!牡蠣飯と干貝飯

ほかのお店では食べられないごはん。

f:id:jamu333:20170202180010j:image

牡蠣入りソース「牡蠣醬」をのせた牡蠣飯と、ホタテ入りソース「干貝醬」の干貝飯 各60元(約220円)

 

醬"ジャン"は油分の多い、台湾独特の風味がするものもあるのでそんなに好きというものではなかったのですが、こちらのジャンはほかと別格の存在。

 

私の周りで食べたことのある日本人は皆、美味しいと言っています。初めて食べたときは、ここまで美味しいとは思いませんでした。

f:id:jamu333:20161008203457j:image

私は特に牡蠣飯がお気に入りです。粒が大きくて美味しい!唐辛子は食べてもそれほど辛くありません。ただ、ジャン自体はけっこう辛いので、お子さんや辛い食べ物が苦手な方は注意です。

 

▼ 手巻きバージョン

f:id:jamu333:20170202180353j:image

牡蠣手巻・干貝手巻 各40元(約150円)

私もいつも忘れそうになるんですが、手巻きにごはんは入っていないので注意。正直なところ、ごはんも入っていたほうが美味しいと思うけど、、

野菜と一緒に巻いてあります。メインに牡蠣麺線を選んだ場合に注文するといいかも。

 

蒸し牡蠣は10個で150元

f:id:jamu333:20161008203505j:image

10個 150元(約550円)という価格で食べられるのが魅力。焼き牡蠣よりも粒がふっくらとしています。

 

BBQなど、自分たちで牡蠣を焼くと殻を開けるのが面倒だったり、焼き加減がよく分からなかったりするので、一番美味しい状態をすぐ食べられるのが嬉しい。

ひとり旅でもちゃんと殻付きのカキを堪能できますよ♪

f:id:jamu333:20161008203512j:image

10月中旬に台湾本島で牡蠣を色々食べてきたという知人と食事をしたときに「澎湖の牡蠣は秋でも粒が大きいね~あと安い!」と聞きました。

確かに、こちらのお店の牡蠣は、一つずつ身がぷりんと大きく食べごたえがあります。

 

牡蠣入り麵線

f:id:jamu333:20161008203534j:image

鮮蚵麵線 80元(約290円)

澎湖名物でもある牡蠣の麺線。こちらのお店の麺線は、とてもあっさり風味でした。

【関連記事】 

www.ouchi.link

 

生姜が味のアクセント!旨味たっぷり牡蠣スープ

f:id:jamu333:20170202180302j:image

牡蠣湯 60元(約220円)

小ぶりの牡蠣がたくさん。千切りの生姜とごま油の風味が食欲をそそるスープです。

 

もちろん牡蠣入り!あっさり海鮮粥

f:id:jamu333:20170202180220j:image

130元(約470円)

私は元来食いしん坊なのでお粥を夕食にすることは少ないですが、胃が重たいときや体調不調のときに食べます。海鮮入りはだしが出て美味しいですね~!

具が多く、思っていたよりもお腹いっぱいになりました。

 

台湾の牡蠣オムレツ 蚵仔煎(オアジェン)

f:id:jamu333:20170202180431j:image

写真入りのメニュー表にはなく、注文用紙にあったので注文してみました。甘いソースが牡蠣とよく合っています。

澎湖人の友人とごはんに行くと「澎湖のオアジェンはこれじゃない、もっと牡蠣たくさん入れる!」と言っているので興味津々。作って欲しいなw

 

注文したことのあるサイドメニュー 

f:id:jamu333:20170202180407j:image

花枝蝦排 45元(イカとえびのすり身を揚げたもの)

醬拌青菜 40元

ビールのおつまみや箸休めによさそうな一品メニューです。

 

店内:水・お箸・スプーンはセルフ方式

f:id:jamu333:20161008214926j:image

台湾では飲み物が出てこないのがふつうなので、お水があるのは嬉しい♪

コップは引き出しの中です。醤油などの調味料も置いてあるので必要に応じて自分で用意します。

 

福牡蠣屋は2014年に新しくできたお店。店内はシンプルで落ち着いた内装で綺麗なので、落ち着いて食事がしたいという女性も気に入ると思いますよ~! 

f:id:jamu333:20170202175459j:image

f:id:jamu333:20170202175506j:image

お子さん用の椅子も用意されていました。奥にお手洗いもあります。

 

Wi-Fi使えます

f:id:jamu333:20161008215150j:image

パスワードは、各テーブルの上の「牡蠣醬」プレートの裏に記載があります。

 

福牡蠣屋の「可愛い」ところ

手前から奥へ行くまでの通路。

f:id:jamu333:20161008214410j:image

f:id:jamu333:20161008214354j:image

七美の「雙心石滬(しゅあんしん しーふー)」風。七美は馬公から船で80分の小島で、ダブルハートが可愛いと人気の観光スポットです。雙心石滬は、知る限りで一番可愛い、魚を獲るための罠。

けっこう色々なところでこのようにモチーフに使われています。

 

▼ショップカード

f:id:jamu333:20161008215042j:image

f:id:jamu333:20161008215101j:image

牡蠣の形をしているので旅の記念にも。

 

福牡蠣屋オリジナルの牡蠣入りソースはお土産にもおすすめ 

牡蠣飯・干貝飯を家でも食べられる♪

牡蠣と帆立のオイル漬けです。

f:id:jamu333:20161008215032j:image

「牡蠣醬」と「干貝醬」各380元(約1400円)

牡蠣の加工品は粒が縮んであんまり…なことも多いですがオイル漬けなので美味しさそのままな感じ。

いつも買って帰りたいのに荷物が重くて断念しています…次こそは!

でも夏場でも大丈夫なのかな?次回聞いてみます。

 

「福牡蠣屋」への行き方(アクセス方法)

f:id:jamu333:20170202185245j:image

メインストリートの中正路を1本脇道に入ったところです。電気が消えていてもやっていることが多いので、一度お店の前まで行ってみて下さい~

強風のためお休みしていることもありました。 

福牡蠣屋
住所:澎湖縣馬公市中興路73號

営業時間
11:00~14:00
17:00~21:00

 

澎湖諸島のホテル予約

澎湖島は台湾のビーチリゾートなので、たくさんのホテル・民宿があります。日本からは、ネットを利用すると便利です♪

 

世界最大手オンライン宿泊予約サイト

 

→ Hotels.comでお得なホテルを検索する

 

世界中で75万軒以上のホテルを最大75%OFFで取り扱っているオンラインホテル予約サイト 

 

《agoda》海外・国内ホテル格安予約のアゴダで検索する

 

澎湖観光におすすめの一冊♪