うちごもりLIFE

出かけるよりも家ごもり、ウチごもりで暮らしたい主婦のブログ。台湾澎湖(ポンフー)島で暮らしています。

【台湾】約3時間の澎湖(ポンフー)スクーター散策♪イカ麺線を食べてふらっと寄り道

【台湾】約3時間の澎湖(ポンフー)スクーター散策♪イカ麺線を食べてふらっと寄り道

先日、たまの観光を兼ねたランチ目当ての遠出をしてきました。遠出といっても片道約40分。

 

主要な観光スポットは、普通ならちょっと飽きてくるくらい何十回も行っていると思うのですが、新しいお店が出来ていたりして、毎回それなりに楽しめています。季節によっても雰囲気が全然違うものですね(*^^*)

 

私は、敬遠されがちな風の強い秋以降のほうが暮らしやすいです。どこも空いているから(笑)

 

お天気は断然夏がベスト。夏のスクーター散歩はとってもテンションが上がります。

海が綺麗なのはもちろんですが、それ以上ともいえるくらい感動するのが空の色のうつりかわり。

f:id:jamu333:20170725204848j:image

夕暮れどき、空の色のグラデーションが驚くほど美しい日が多いです。家の廊下がオレンジ色に染まっていたり。

 

お昼間の過ごしやすさについても、もしかしたら今年は日本のほうが暑い&ジメジメしているのでは…。澎湖島は山がなく海に囲まれているため、異常気象ではない限りそんなに気温は上がりません。

 

ここ最近はずっと、スカッと晴れ模様。ただ、そろそろ台風チェックもしておかなくては…どうやら今年初は、 7/30・31日頃に影響してきそうな予報です。直撃かも。。

f:id:jamu333:20170721042629j:image

初めて入ってみた、跨海大橋を渡った側のお土産屋さんに、可愛い招き猫スタンプが置いてあったので押してきました。

 

好みのスタンプを見つけたら、紙と写真の両方で保管しています。

台湾の観光スポットには、特色のある可愛いスタンプが置いてあることが多いので、ぜひチェックしてみて下さい♪

 

さて、ふらっと遠出の理由ですが、こちらでは外食生活をしているため、「なんにも食べたいものが見つからないなぁ~」というときがあります。そこで、美味しい麺線を食べに行って来ました。

www.ouchi.link

本当は、なめこおろし等、超簡単さっぱり日本のおかずを作って食べたい。相変わらずの暮らしぶりです…。台湾セブンイレブンの冷やし讃岐うどんを週3くらいで食べてる(笑)

 

今回は、澎湖のおすすめ麺線や、ちょこっと澎湖観光するときのルート、使った金額などについて書きました。

 

澎湖の美味しいあっさり麺線

台北旅行で人気の台湾グルメ、トロミのある大腸麺線も美味しいですが、澎湖で麺線を食べるならやっぱり小管麵線。「小萍的店」の麺線が特に好き。

本当にしつこいくらい大好きと書いているような気がしますw

 

いつも注文するのは、澎湖特産のヘチマとイカ入りの絲瓜+小管麵線

f:id:jamu333:20170720210551j:image

美味しいと噂の台湾・澎湖島のそうめん、西衛麺線を買って帰り、日本で再現しようとしましたが、こんなに美味しくは作れなかった!

 

こったものでなく、家庭の味だからイケると思ったのですが、なにか足りない感じがして…澎湖で食べるから美味しいのかな?と。素朴な風味なので、感じ方には個人差があると思います。

私にとっては昔、母が夏によく作ってくれたそうめんに少し似ていて、懐かしく感じる味なんです。

 

実家でそうめんが食卓に上がるときは、普通のめんつゆが出てきたことはなく、出汁できゅうりの薄切りと乾燥エビを煮てから調味し冷蔵庫で冷やしたつゆを、茹でてぬめりを取って冷水でしめたそうめんにかけ、生姜のすりおろしをたっぷりとのせる食べ方でした。

 

もし澎湖で作るなら、きゅうりではなくあえてヘチマかな(´◡`๑) 1個20元くらいで売っていますしね♪ 甘くてほんの少しどろくさいのが美味しい!

 

中国大陸から一番近い台湾の離島、金門島の麺線も、澎湖島と同じように白色スープのあっさり麺線です。牡蠣入りの乾麵(蚵仔拌麵線)が美味しいときくので食べに行きたいなぁ。

 

小萍的店のメニュー表。麵線のほかに、サイドメニューも充実。

f:id:jamu333:20170504192812j:plain

 

地元の人との世間話中に、「一番好きな澎湖の食べ物は?」と訊かれることがあるのですが、私の中で今現在の一番は、ハリセンボンの皮を湯引きしたお刺身「河豚皮」です( *´艸`)

f:id:jamu333:20170722024344j:image

卓上の醤油をたっぷりかけていただきます。街中のレストランで注文すると量が少ないことがほとんどなので、お店で食べること前提なら(私は捌けないわw)コスパはかなり良い!

豪快な切り方も尚美味しい。稀にトゲが残っているので注意。

 

燒酒螺

shāo jiǔ luó / シャオ ジョールオ

f:id:jamu333:20170722024420j:image

小さな巻き貝を、醤油・酒・にんにく・唐辛子などで味付けしたピリ辛味のおつまみ。

澎湖では、こちらのお店のある地域、小門のものが美味しいと有名だと地元の方からは聞きます。確かに、街の屋台のものとは全然違うとは感じます。ひとつずつが小さ目で、水っぽくない。

 

燒酒螺は、澎湖だけでなく台湾各地で食べられます。高雄の夜市でもカップ入り1個100元で見かけました。澎湖では50元で買えるのでとても安いと思います。

 

吸う感じで食べるのですが、慣れるまでちょっとコツが必要かも。台湾人に教えてもらうか、宿等へ持ち帰り、チャレンジしてみて下さい!(*^^*)  

 

お店は、台湾の観光地っぽい外観。

f:id:jamu333:20170411031423j:plain

昨年の11月下旬頃に一度取り壊して新しく建て直していたので、内装も綺麗です。 取り壊されてなくなってしまっていたのを見たときはショッキングでしたが、あっという間に元通り以上に変わっていたので良かった!(笑)

 

お店のある場所(小門鯨魚洞)への行き方は、こちらへ書きました。

www.ouchi.link

 

ふらっと寄り道:伝統的な景観にノスタルジー、二崁聚落へ

麺線を食べたらそのまま街のほうへ帰ることもありますが、この日はのどの調子があんまり良くないなと感じていたので、ついでに杏仁茶を買いに二崁へ。

f:id:jamu333:20170720210625j:image

f:id:jamu333:20170720210638j:image

来るたびに、写真を撮ってしまうとっても魅力溢れる場所です。

 

こちらが、のどが潤う杏仁茶。

f:id:jamu333:20170720210652j:image

夏はアイスで、秋以降はホットを注文しています。台湾のスーパーで売っている、粉末を溶かしてつくる杏仁茶より若干とろっとしていて濃厚な風味。

 

駄菓子屋ぽいお店のおばちゃん手作りの、土豆粿も美味しいですよ!

f:id:jamu333:20170720210712j:image

f:id:jamu333:20170726212101j:image

もっちもちの皮と中身の甘いピーナッツがたまらない。とてもやわらかく、それでいてお餅より断然食べやすいので、お餅嫌いの人(私も…)にもおすすめ。4個入り70元です。

つい買ってしまうので、おばちゃんともすっかり顔見知りに。買うと言う前に渡される←

 

風茹茶のカップアイス(風茹茶冰淇淋)は初めて見たので試しにひとつ買ってみました。

f:id:jamu333:20170720210746j:image

街中にあるサボテンアイスのお店のひとつ、 235掌上明珠のもの。3年前に一度だけ行ったことがあるかな…

f:id:jamu333:20170720210815j:image

f:id:jamu333:20170720210825j:image

食感はジェラート。風茹茶の風味で口の中がさっぱりして、暑い日に食べたくなる味でした。

 

また、同じお店で、水出しの高山茶を購入。観光の人たちが買って行っていたのを見て、ちょっと気になったので。

f:id:jamu333:20170720210804j:image

お茶自体は美味しいと思うけれど、お茶の香りや渋みが強いほうが好みなので、水出しは物足りない…と感じてしまった。

ただ、同居人はとても気にいって、さっそく博客來(台湾の通販サイト)でティーバッグを買って水出し茶を作っていました(笑)

f:id:jamu333:20170726064636j:image

こちら、1袋15個入りで約950円…。ふだん用には高くない?パッケージが可愛いので手土産向きでは。リプトンのを勧めたんですけどね〜

私は変わらず、日本で買った杜仲茶やびわの葉茶(健康茶)を愛飲しています。

 

二崁聚落への行き方などについても書いています。カフェは夏が過ぎたらまったりしに行きたい。

www.ouchi.link

 

ふらっと寄り道:澎湖跨海大橋の道の駅(西嶼鄉エリア側)

白沙鄉エリアと西嶼鄉エリアを結ぶ大橋、

澎湖跨海大橋

pénghú kuàhǎi dàqiáo/ ポンフー クアハイ ダーチャオ

f:id:jamu333:20161119161724j:plain

澎湖旅行をするなら、みなさん、行く場所候補の上位に入れるだろうと思います。

 

サボテンアイスやガジュマルで有名な観光スポットがすぐ近くにあり、そちらは白沙郷エリア側。

www.ouchi.link

西嶼鄉エリア側に、道の駅のような休憩施設があるのはなんとなく知っていましたが、入ってみたのは初めて!

f:id:jamu333:20170720210946j:image

大橋を通っていたときに、「なぜに招き猫が!?」と興味を惹かれたからです。けっこう巨大サイズ。 

f:id:jamu333:20170720210842j:image

f:id:jamu333:20170720210921j:image

中の休憩スペースは、風が吹き抜けるのでとても涼しかったです。こちらでも、先ほどのカップアイスが販売されていました。

f:id:jamu333:20170720210858j:image

写真左手側の橋が跨海大橋。休憩施設からの景観は、海が目の前で穏やかで癒されます。

 

ほかに、ごはん屋さんと、冷房の効いた新しめのお土産屋さんがありました。

お土産屋さんに入ったとたん、おばちゃんに謎のスプレーを「お試し下さい~」と服の上からシュッシュッとされまくる…(笑)

f:id:jamu333:20170720211001j:plain

それがとても涼しく気持ち良い!ヘチマ水を使ったミントスプレー。スースーしてかなり気に入って2本買って帰りました。ちなみにパッケージは澎湖仕様なのですが、製造会社は新北市ですw

ほかに、えびせんが1袋50元で販売されていたのですが、試食したらとても美味しかったです。今度の帰国時にお土産のひとつにする予定。

 

まとめ:使ったお金など

  • ガソリン給油…85元
  • 小萍的店での食事(2人で)…400元
  • 二崁聚落の杏仁茶…40元
  • 二崁聚落の土豆粿…70元
  • 風茹茶カップアイス…40元
  • 水出し高山茶…60元
  • ヘチマ水ミントスプレー2本…200元

  合計:895元(3300円) 

 

馬公市内出発

   ↓

小門で麺線を食べる

   ↓

二崁へ寄る

   ↓

澎湖跨海大橋の休憩所へ寄る

   ↓

馬公市内へ帰宅

 

今回はこちらのルートで約3時間でした。各場所でもう少しゆっくり観光するなら、+1時間くらいあれば十分です。

 

友達を案内するような内容で、2日間・3日間ならこう回ると一通り満喫!?みたいな王道コースを考えてみるのも楽しそうですね〜

 

澎湖観光には、スクーター利用が便利。日本の運転免許を持っているなら、パスポート・日本の運転免許証&中国語翻訳文を持参するとスクーターのレンタル・運転ができます。

www.ouchi.link

通常のバイクレンタルは1日350元〜から。原付はもう少し安かったですが置いていない場合もあります。

ガソリンバイクの場合、自力でお店へ行くと、貸してくれるお店、断られるお店の両方があります。

 

その分、電動スクーターは割高(700〜900元)ですが借りやすいです。

二輪の免許がない日本人は結構多いと思うので、電動スクーターを勧められるのかもしれないな〜と思ったりもしました。

つまるところ、日本人には電動スクーターを貸したほうが都合が良いのだと思います。

だけど、電動スクーターは慣れていないとガソリンバイクより危ないと思う…(ふかしすぎて衝突事故を起こすことがある)

 

行くところが決まっていれば、バス・タクシーでも回れないことはないと思います。ガイド付きの貸切タクシー等は高いと思うけれど、楽はラクですね。

澎湖の風を存分に感じられるのは、やっぱりスクーターでしょ!ということで(笑)

 

 

今日のこちらのブログ内での注目記事1位に、

www.ouchi.link

が急になっていたので、レシートくじの番号が発表されたんだ!と気付きました。

さっそく「私も〜!」とチェックしたら、 今回は6等さえ一枚もなし(;´∀`) そういう月も多々ありますね。。

当選された方、おめでとうございます!

 

澎湖諸島のホテル予約

澎湖島は台湾のビーチリゾートなので、たくさんのホテル・民宿があります。日本からは、ネットを利用すると便利です♪

 

世界最大手オンライン宿泊予約サイト

 

→ Hotels.comでお得なホテルを検索する

 

世界中で75万軒以上のホテルを最大75%OFFで取り扱っているオンラインホテル予約サイト 

 

《agoda》海外・国内ホテル格安予約のアゴダで検索する

 

澎湖観光におすすめの一冊♪