読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちごもりLIFE

出かけるよりも家ごもり、ウチごもりで暮らしたい主婦のブログ。台湾澎湖(ポンフー)島で暮らしています。

【台湾澎湖】昔ながらの風景が温かい南寮社區〜北寮社區(奎壁山)までバイクで散策

【台湾澎湖】昔ながらの風景が温かい南寮社區〜北寮社區(奎壁山)までバイクで散策

澎湖(ポンフー)島は、風の島という呼び名もあり、10月は台風?!と思うくらい強い風の日もありましたが、ここ数日はとっても穏やかで秋の空気も心地良い気候です。

というか暑いくらいで、バイクで散策するのにも最適。ひきこもりが心地いい人間でも出かけたくなるくらい!(笑)

 

中心部からバイクで20~30分くらいの場所、湖西郷にある南寮社區北寮社區まで出かけてきました。

f:id:jamu333:20161107013053j:image

f:id:jamu333:20161107013110j:image

南寮社區は昔ながらの家が立ち並ぶ、澎湖の中でも味わいのある景色が見られる村。南寮を通り抜けると、トンボロ現象で有名な北寮社區の奎壁山へ着きます。

 

▼南寮社區へ入ると、右手側に立派な廟(保寧宮)が!

f:id:jamu333:20161107012906j:image

南寮は「昔ながらの澎湖の雰囲気があっていいよ~」と聞いていましたが実際にじっくり訪れたことはありませんでした。

ほかの有名な観光地とはまた違う、農業の村としての素朴な町並みや景色が素敵なところでとても良かったです!

 

南寮社區:バス停と可愛い手描きのイラスト地図 

廟のすぐ隣にあるバス停。無機質な感じではなく、なんだかキュートな雰囲気です。かたつむりがいる(笑) f:id:jamu333:20161107012738j:image

▼バス停のこちらのイラスト地図がまたとっても可愛いんです~!

f:id:jamu333:20161107012836j:image

手描きのほんわかとした雰囲気に和みます。南寮社區は初めての方は、こちらで予習してから行くとより楽しめると思います。

 

南寮社區: 11月だから?お店はのきなみお休み中

ペイントされた浮きが並ぶ景色。

f:id:jamu333:20161107013129j:image

 

▼風車コーヒーってどんなの?と思ってのぞいてみましたが、お店は閉まっていました。

f:id:jamu333:20161107205601j:image

f:id:jamu333:20161107014148j:image

f:id:jamu333:20161107014154j:image

日曜日が公休、ということは少ないと思うので、もう今季の営業は終了したのかもしれません。まるで夏のような空が広がる天候でも、今は閑散期といわれる時期なので…

 

閑散期(冬季)は閉めるお店もあるので少し寂しい。ただ、真夏の澎湖の出歩くのを躊躇するくらいの陽射しと暑さ、観光客の多さ、秋からの季節風を知っている上でも、それぞれに特色があるのでどちらが良いとかは一概に言えないなぁと思います。

 

おすすめ旅行時期を日本の友人に聞かれたときは、「私なら花火節が終わる前の6月下旬!」って答えていますが(・Д・)ノ

 

南寮社區:のどかな南国の島の風景

集落の道を散策。 

f:id:jamu333:20161107013457j:image

 立ち並ぶ風車と草原、牛の景色が沖縄県の石垣島からさらに離島、黒島や波照間島を思い出させます。

f:id:jamu333:20161107013511j:image

f:id:jamu333:20161107013517j:image

カメラ目線でこちらをじっと見つめる牛

【関連記事】 

www.ouchi.link 

 

南寮社區:菜宅

農作物を強い季節風から守るための石垣で覆った畑。

f:id:jamu333:20161107013532j:image

南寮村だけではなく、ほかの地域でもいたるところで見ることができます。 特に鯨魚洞というクジラの形をした岩がある小門では独特な景観を楽しめます。

 

菜宅は、元々は澎湖に住む人々の主食だった「イモ」を植えて季節風から守って育てるために、サンゴや玄武岩で塀を作って築いたものです。そのほかの野菜作りは二次的なものだったとか。

澎湖はあまり農作物を作るのには適さないとも云われていますが、ヘチマやカボチャ、カリフラワー、落花生など、澎湖産が美味しい!とされる農作物もありますね(*^^*) 

f:id:jamu333:20161107014245j:image

こちらは何を乾燥していたのかな。

おばあさん達がウリ?のような野菜を削って乾燥野菜を作っていらっしゃいました。

 

予定があり、あまり散策ができなかったのが残念なのですが、またお天気の良い日に訪れたいなと思います。村の広場や、台湾の伝統的な素敵な柄のタイルなどをじっくりと見て回りたい!

とても静かで手作り感のある温かさを感じる場所でした。

 

奎壁山(くいびーしゃん) 澎湖地質公園

南寮まで来たので、奎壁山も少し見に行くことにしました。

f:id:jamu333:20161107014111j:image

干潮時に海が割れて道が現れ、小島へ渡ることができるという不思議な現象で大人気となった観光スポットです。

f:id:jamu333:20161106170705j:image

このGoogleのチェックポイントみたいな看板、2年前に来たときはなかったな〜

f:id:jamu333:20161106170713j:image

ちょうど行った時刻が満潮だったので人の姿もなく、綺麗な青い海が広がっているのみでした。

 

▼干潮時はこのように道ができ、向こう側の小島へ渡れます

f:id:jamu333:20161107182803j:image

初めて訪れたとき(3年前)はまだ若かったのでw岩山を登ったり穴場な遠浅の砂浜を見つけたりして遊んだのですが、今では体力も気力もすっかりありません。おそらくもう登ったりできない…

地元の子しか知らないような洞窟へも入ったりしてあの頃は元気だったな。

 

去年や今年の写真をSNS等で見ていると、本当にたくさんの人が渡っていてびっくりしました。確実に訪れる人数が増えている…!

まだ道ができていないのに渡って注意されていたり、ギリギリで戻ってきたり危ないな…と思いました。 

f:id:jamu333:20161106170720j:image

真夏にはここで泳いでいる人もたくさんいます。やっぱり晴天だと海の色もより綺麗で気持ち良かったです♪

ポンフーブルー大好き〜!

 

台湾セブンイレブン無印良品

髪の毛を結んでいるヘアゴムが切れかけたので、セブンイレブンへ寄りました。いつも使っている無印良品のヘアゴムがあって良かった。

f:id:jamu333:20161106165159j:image

日本ではファミリーマートが取り扱っている無印良品、台湾ではセブンイレブンです。全ての店舗ではないものの、2年前から置かれるようになったように記憶しています。

このおかげで、台湾旅行なら、スキンケア用品などは持ってこないでも大丈夫と思える安心感が増えました。ちょっと割高だけど。

f:id:jamu333:20161106165206j:image

お鍋やおでん(おでんは年中あるけど…)の宣伝を見ると、もう夏は終わったんだなぁ~としみじみした気持ちになりますね。

季節風が強くなったり、穏やかなお天気になったりを繰り返して季節がこれから冬へと移ろいでいくのを感じます。

 

とはいえ、きのうは若い男の子たちが海水浴やサーフィンをしていたのを見て夏と錯覚しかけたんですけどね~(笑)