うちごもりLIFE

出かけるよりも家ごもり、ウチごもりで暮らしたい主婦のブログ。台湾澎湖(ポンフー)島で暮らしています。

【台湾土産】澎湖(ポンフー)の飛魚卵醬(台湾風とびっこソース)はごはんのお供におすすめのジャン

【台湾土産】澎湖(ポンフー)の飛魚卵醬(台湾風とびっこソース)はごはんのお供におすすめのジャン

澎湖でそこそこ有名なお土産屋さん「新臺澎」で、とびっことホタテ入りソースの"ジャン"を自分土産に購入しました。

 

飛魚卵干貝醬

fēiyú luǎn gānbèi jiàng

フェイユールアン ガンベイ ジャン

f:id:jamu333:20161215185147j:image

日本語ではよくソースと表現されますが、ソースと聞けばお好み焼き用等のソースを思い浮かべてしまう関西人なので、そのままジャンと呼ぶほうがしっくりくる。XO醤のジャンです。

ラー油ではないですが、食べるラー油と同じような使い方が一番合う調味料だと思います。

 

小魚や帆立のジャンはよく見かけますが、とびっこのものはなかなか珍しい。

1瓶280元(約1020円)、ほかにも買い物をしたので全体で100元くらいオマケしてくれました(=゚ω゚)ノ

 

今までジャンを自分で食べるために購入したことはありませんでした。夫がこういったものはあまり食べないため、私だけだと消費に困ってしまいそうで。

 

1瓶1000~1500円くらいすることもあり、残すのはしのびないけれど、油分が多いので一気に食べられず使い切るのが難しい。気付けば冷蔵庫の隅っこで化石に…は避けたいところです。

 

台湾の方は、ジャンを料理に使う機会が多いので、小さいサイズのものは、なかなか見当たらないんですよね。

色々な種類をまとめた小瓶セットがあれば嬉しいのになぁといつも感じています。

 

澎湖ではとびっこジャンは人気のお土産のひとつのようで、別のお店でも製造されていますが、以前日本人の知人から「新臺澎のジャンが美味しかった!」と聞いていたので、まずこちらを試してみました。

 

新臺澎のとびっこジャンについて 

1瓶280g入り。 

f:id:jamu333:20161215185158j:image

防腐剤無添加。瓶詰食品なのでフタを開けるまでは常温保管OK。

高温多湿になる場所は避け、開封後は冷蔵庫へ入れてなるべく早く食べきるようにします。

100gあたり269キロカロリーなので、思っていたよりヘルシー?(油だけど…) 

f:id:jamu333:20161215185203j:image

魚卵は、とびっこ以外に、柳葉魚卵も入っています。柳葉魚ってなんぞや…?と調べてみたら、ししゃも!勉強になった。

 

買ってから気づいたのは、沙茶醤(サーチャージャン)が入っていたこと…。

沙茶醤は、台湾料理には入っていることが多く、鍋屋さんでも必ずと言っていいほど置いてある、台湾人にとってかかせない調味料です。

f:id:jamu333:20170226174849j:image

鍋のつけダレは自分で組み合わせて作りますが、醤油+酢に薬味を加えるのが好みで、沙茶醬は使っていません。

 

日本人からすると、美味しいと大絶賛する人もいれば、苦手だ…と意見が分かれる調味料でもあるんですが、どちらかと言えば私はあんまり好みではない風味です。

 

かと言って極端に嫌いというわけでもないので、いつも「台湾の味」と表現しています。ほかに言い表すのが難しい香りと味なんですよね…

 

全部沙茶醤の味がすると辛いですが、アクセントとして少しなら美味しいと感じる不思議な調味料です。ベジタリアン向け(素食)が美味しいらしい。

 

Amazonのレビューでも、意見が分かれていました。確かにクセのある風味ではあります。パクチー等が平気ならもしかして好きになる味かも? 

 

とびっこの食感が美味しい!ごはんのお供に食べる

f:id:jamu333:20161215185210j:image

とびっこ&ししゃもの卵がたっぷり♪

唐辛子がたくさん入っていますが、そんなに辛くはありません。味のスパイスとしてちょっとだけピリ辛です。 

f:id:jamu333:20161215185216j:image

一番簡単な食べ方は、ごはんのお供として白飯にのせて食べることですね~!

マヨネーズと相性が良いです。明太子マヨの台湾バージョンを食べている感じでハマリました。とびっこのプチプチ感がたまらない。

 

台湾の方は、ジャンを炒め物や、ゆでた麺線とあわせて(汁なし麺)使っていました。調味料なので、アイデア次第で色々と活用できますね。

餃子のタネやつけダレにも合いそうです。

 

台湾の味は…します!(笑)

ただ、台湾へ行ったことがない両親も「美味しい!」とこちらのジャンの感想を言っていたので、そこまでクセはありません。

 

今度はまた違うお店のとびっこジャンを買って、食べ比べしてみようと思います。 

 

新臺澎の場所

f:id:jamu333:20170226032202j:image

ダイソーがあるメインストリート、中正路から菊島の星側へ2つ目の道。Googleマップを使うとすぐに分かります。ブルーの看板が目印です。

 

12月なのにたくさんの人で賑わっていました。新臺澎オリジナルの食品のほかの澎湖名産品も取り扱いがあります。 

新臺澎オリジナルの食品は、特に珍味系が豊富で、たくさん試食させてくれました。花生酥(ピーナッツ味のクッキー)や黒糖糕(黒糖ケーキ)のオマケも入れてもらえて得した気分。

 

黒糖糕は消費期限が3日間なので、お土産にはなかなかできないのですが、お土産屋さんで買い物をすると「試食用だから今日中だけど食べて」とくれることが多いので、ありがたく頂いています(*^^*) 

f:id:jamu333:20170130230800j:image

 

公式サイト:新臺澎海產購物中心 

新臺澎
住所:澎湖縣馬公市民生路13-4

営業時間:8:00~22:30

  

【帰国便】国際線に乗るときは「ジャン」は必ず受託手荷物(預け荷物)へ!

ジャンは、国際線に乗るときに手荷物で機内へ持ち込みできないのでご注意を。

こういった水分を多く含む瓶詰食品は、液体物として機内持ち込み制限の対象になっています。

 

液体物(味噌・漬物・ヨーグルト・ゼリーも!)は、100ml以下の容器に入れ、1L以下の透明チャック付き袋に入れる決まりがあるので、それ以外だと手荷物検査時に没収されてしまうんです。。

 

意外にうっかりしてしまう方が多いようで、過去に友人数人が「没収された〜!」と嘆いていました…

(隠してはいなかったけれど)しっかりバレちゃうみたいです。瓶詰のものは割れるか心配かもしれませんが、100mlを超えるなら必ず受託手荷物に入れて下さいね〜

 

お店の方は丁寧に梱包してくれますが、念のためチャック袋へ入れ、さらにプチプチかタオルなどを使い保護するのがおすすめです。無事に持ち帰ることができました。

 

福牡蠣屋のジャンは、特に日本人好みの味だと思います。

www.ouchi.link

 

澎湖諸島のホテル予約

澎湖島は台湾のビーチリゾートなので、たくさんのホテル・民宿があります。日本からは、ネットを利用すると便利です♪

 

世界最大手オンライン宿泊予約サイト

 

→ Hotels.comでお得なホテルを検索する

 

世界中で75万軒以上のホテルを最大75%OFFで取り扱っているオンラインホテル予約サイト 

 

《agoda》海外・国内ホテル格安予約のアゴダで検索する

 

澎湖観光におすすめの一冊♪