うちごもりLIFE

出かけるよりも家ごもり、ウチごもりで暮らしたい主婦のブログ。台湾澎湖(ポンフー)島で暮らしています。

【台湾】意外に美味しい臭豆腐!日本人に勧めたくなる澎湖(ポンフー)の刺激的な黄金臭豆腐

【台湾】意外に美味しい臭豆腐!日本人に勧めたくなる澎湖(ポンフー)の刺激的な黄金臭豆腐

はじめての台湾旅行で誰しもが衝撃を受けるのが臭豆腐のにおいではないでしょうか (´∀`; )

私も昔、夜市の屋台から漂う強烈なにおいに涙が出るほど悶絶したことを覚えています。興味はあるけれど、手を出してはいけない…そんな風に思いました。

 

臭豆腐は発酵液につけて香りづけしたもので、そのにおいはまるでトイレ+たまねぎ・ニンニクを腐らせた感じ…。

 

しかし、実は調理中のにおいは強烈なものの、食べてみると意外に大したことはありません。ひと口目がちょいクサ?と感じるくらいです(たぶん…)

 

ネット上では、おぞましいとか電車が止まったとか書かれていますが、台湾で食べられている臭豆腐は、そんな大騒ぎするほどのものではないですよ〜!

 

中国の北の地方(北京など)の臭豆腐は青みがかった色で、さらに強烈らしいので、そちらのものではないかと思われます。

部屋が臭くなるので、どちらも持ち帰りは絶対したくないけど。

 

初めて食べるなら、揚げていない麻辣臭豆腐や臭臭鍋はにおいが強めなので、避けたほうが良いとは思います。

 

臭豆腐には、揚げたものとそうでないものがあり、揚げたものは、においもマイルドで食べやすいんです。

そのため、絶対に無理と思っていても食わず嫌いなだけ、という可能性があります。

 

澎湖(ポンフー)へ訪れたら、京華牛肉麵の黄金臭豆腐で、ぜひチャレンジしてみてください♪

huáng jīn chòu dòu fǔ

臭豆腐の写真

5個入り 50元(約190円)

 

正直、においはしっかり強めの臭豆腐ですが、一度口にしてみるとクセになってしまうなんとも言えない風味なんです。写真を見ているだけで、お腹がすいてくる(笑)

 

こちらのお店の臭豆腐が食べられるようになれば、おそらく台湾のどこのお店のものでも大丈夫!まぁまぁ刺激的なので。

 

付け合わせの、台湾のザワークラウト(酸っぱいキャベツ)版のお漬物、台式泡菜と一緒にいただきます。臭豆腐に開いた穴に、入れ込んで食べるのが通!?

 

はじめの一口目、冷めないうちに食べる2個目くらいまでがサクッとしていてとても美味しい。

 

実は私の人生初の臭豆腐もこちらのお店のものでした。

台湾人の友達に、「ここの臭豆腐は美味しい!台湾人の観光客にも有名」と連れてきてもらい、おそるおそる口にしたら大好きになりました。

 

納豆嫌いで当然臭豆腐にも顔をしかめていた友人もすっかりハマってしまい、今では台湾を訪れると一皿をひとりでパクパク食べるようになったそうです(笑)

 

人気のお店「京華牛肉麵」の場所はメインストリートの近く

台湾銀行やダイソーがある通りです。 

 

京華牛肉麵
住所:澎湖縣馬公市仁愛路63ー1

  

 近くを通ると強烈なにおいで分かります(笑) 私も、におい自体はまだ少し苦手かも。

お店の中では、臭豆腐を調理しているところは仕切られているので、それほどにおいは気になりません。

 

……が、やはり食事をしてから家に帰ると服などに、においが付いているのを感じるので、上着などはカバンやバイクにしまってからがおすすめです。

 

メニュー表と注文方法 

※2017年9月版

こちらの用紙に数量を記入して店員さんへ手渡すシステム。お会計は後払いです。

なぜか臭豆腐はメニュー表になく、店員さんに口頭で注文する形です。

「然後,1份臭豆腐(あと、臭豆腐1皿)」のような感じで。

 

注文すると「辛いソースは要りますか?」と聞かれます。あったほうが美味しいですよ。

 

いつの間にか45元→50元に少し値上げになっていたみたい。

 

麺類が美味しいと思う

原汁牛肉麵 105元(約400円)

yuán zhī niú ròu miàn

私はけっこう好きな部類の牛肉麺。

独特な台湾の風味は強すぎないスープなので、慣れていない人にも食べやすいと思います。お肉もやわらかい。

ちなみに牛肉湯麵(70元)はお肉なしです。

 

酢醬麵 60元(約230円)

こちらもお店の人気メニューのひとつ。

具材がたっぷり。

 

餛飩麵 65元(約240円)

hún tún miàn

ワンタン麺。初めて食べたとき、感動した。

やっぱり具だくさん。あっさり味のワンタン麺です。ワンタンは日本のと違ってお肉がたっぷりなので満足感があります。

 

お店の辣椒はめちゃめちゃ辛い!

台湾のお店のテーブルには、甘辛いソースなどの調味料が置いてあることが多いのですが、こららのお店のラー油(写真の右側)は本当に辛いので入れすぎにはご注意ください。。

 

紅油抄手 40元(約150円)

hóng yóu chāo shǒu

辛いワンタンですが、本当にもう信じられないくらい辛いです!

ふだんは辛い食べ物が平気な私でも舌がしびれて驚きました…。辛い食べ物が得意ならお試しください(笑)

 

その他メニュー

麻婆豆腐がかかったごはん。味付けは甘め。

臭豆腐を主食にするときは、スープの香菇丸湯(30元)をよく注文しています。 

 

最近は台湾の食事にすっかり慣れたのか、飽きた~!食べるものない!と思わなくなってきました。お刺身より臭豆腐が好きになってしまいそうでこわいです( ˘ω˘ )

 

私が最近食わず嫌いを克服したもの

台湾セブンイレブンのジェノベーゼスパゲティ。

元々、そんなにバジルソース系のパスタは食べないのですが、特に台湾のバジルソースは九層塔という台湾オリジナルのバジルを使っているので、苦手意識を持っていました。

 

パクチーは好きだけど、台湾バジルはあんまり… なんですよね。

料理に入っていると「あ、これ台湾の味だ…」と感じます。

澎湖のカキフライ。

やっぱり揚げると風味はかなりマイルドになるので食べやすく美味しいです。

 

台湾バジルのスパゲティなんて絶対美味しくないと思っていましたが、なんだか突然美味しそうに見えてきて試してみたら意外にイケる…!?

 

今では週2くらいで食べています(笑)

暮らしているうちに舌(味覚)も身体(気候)も馴染んでくるのかなと思う今日この頃です。