うちごもりLIFE

出かけるよりも家ごもり、ウチごもりで暮らしたい主婦のブログ。台湾澎湖(ポンフー)島で暮らしています。

【台湾】秋冬おすすめごはん!澎湖(ポンフー)のとある鍋焼きうどん/台南意麺とお粥にハマる

【台湾】秋冬おすすめごはん!澎湖(ポンフー)のとある鍋焼きうどん/台南意麺とお粥にハマる

本格的に肌寒くなると、まず無性に食べたくなるのが鍋焼きうどんです。

こちらは港記美食というお店の、エビが3尾入った鮮蝦鍋燒烏龍麵

本物のうどんが気軽に食べられることを知って嬉しくて、ここ最近週5くらいで通っています。本物の、というのは麺のことを指して書いています。

 

というのも、台湾のごはんメニューには、うどん(烏龍麵)という名前が付きながらも、日本人からすると「(麺が)想像していたうどんじゃない!」ということがままあるんです。

 

「まぁ海外だしこういうものもありだよね」と受け入れながらも、どん兵衛のうどんを固くしたような、平たいちぢれ麺を使っていた場合、ちょっとガッカリしてしまいます…。

 

こちらは別の日式のお店の焼きうどんですが、見た目は一瞬細めのうどんなものの、残念ながらうどん感がなかった。

水分が出すぎて、焼きうどんの美味しさも今ひとつ…。 

 

価格帯がちょっと高めの火鍋屋さんなどでは、冷凍讃岐うどんを使っているお店もあります。さすがに冷凍うどんは、日本と変わらない安定の美味しさ。

冷凍うどんは、炒めものには適していませんが、かけうどん、煮込みうどんにはぴったりですね( *´艸`)

 

うどんの価格をスーパーで調べてみると、ゆでうどんは、香川県産1玉(200g)35元、台湾産2玉35元、冷凍さぬきうどんは3玉79〜109元でした。

 

うどんスープに関しては、台湾アレンジがしてあることが多いです。

数年前、澎湖(ポンフー)で観光客に大人気の馬路益 (mǎ lù yì /マルイ)というお店で初めて台湾のうどんを食べたのですが…

「お湯…?ほんだし入れ忘れてる?」と思ってしまうくらいの薄味でした。でも台湾人の友達は「ふつうだよ?」と。逆に日本のみそ汁や麺類はとても塩からいと感じるようです。

 

うどんに限らず、台湾のスープはかなりの薄味なので、私も慣れるまでは「塩とほんだしは必携かな」とか思っていました。ほんだしは、澎湖のスーパーでも売っています〜( ˘ω˘ )

 

ほんだし、ほんだし、と書いてますが、ふつうの出汁の取り方は一応知っています。けれどあまり取ったことはないのは確か (笑)

 

台湾の薄味に関しては、じわじわと慣れていって、今は薄味の中にも、素材の甘みやだしを感じられます。油っぽいのと甘いのは元々苦手なので、慣れるまではいかない。

 

今お気に入りのお店のうどんは、それなりにしっかり味。

日本のスープともまた違いますが、卵が入っていて、昔お母さんが風邪のときに作ってくれた熱々のうどんを思い出しましました。 関西のうどんが好きな人なら、気にいるかも!

 

お粥も一番求めていた感じに近かったてす。台湾のごはん(お米)はかたいと感じるので、いつものローカル食堂でお粥を注文しても、「これはごはんが固めの雑炊かスープかけごはんだな…」と思っていました。

生のお米から作るのではないものの、お粥に近い状態のごはんを煮て作っているので、とろっとしたお粥独特の風味があります。

私は、しらす入りの吻仔魚粥 ( wěn zǎi yú zhōu )が特に好きです。

 

メニュー表とおもしろ中国語

もらってきたメニュー表を壁に貼り付けているくらい、お気に入り店です(笑)

澎湖(ポンフー)だけのお店ではなく、台湾本島にもこちらを含めて10店舗展開しているようです。

 

鍋焼き麺の麺は5種類から選べます

  • 烏龍麵 …うどん
  • 意麵 …インスタントラーメンに似た食感のフライ麺 (台南式)
  • 雞絲麵 …そうめんくらい細い麺、風味はインスタントラーメン
  • 冬粉 …緑豆はるさめ
  • 米粉 …ビーフン

 

鍋焼き麺の具にある、甜不辣 (tián bu2 là )は、何のことだと思いますか?

実は、甘い辛くない…ではなく、ティエンブラー→てんぷらのことです。

台湾のてんぷらはこれ。さつま揚げに近い。日本の一般的なカラっと揚がったサクサクのてんぷらも、てんぷらです。

 

台南風の鍋焼意麺

台南出身の友達が「ここのお店の意麺は美味しい」と言っていたので、注文してみました。実は台南風の意麺を食べるのは初めて!

 

海鮮泡菜鍋燒麵 (海鮮キムチ鍋焼き意麺)

まるでお菓子の麺のようなフライ麺で、食べると不思議な食感でした。

 

台南の意麺は、日清チキンラーメンのルーツという話を聞いたことがあります。創業者の安藤百福 氏は、台湾南部(嘉義)出身だったので、意麺にヒントを得た?といわれています。

 

雞絲麵ってどんな麺? 

見た目は色も台湾の麺線ですが、食べてみると全然違いました。伸びにくく、インスタントラーメンに似た味がします。名前の通り、チキンラーメン風味。

 

あわび入りのお粥 

本当にあわびなのかな?あわび風の貝?とまだ疑い中(笑)

75元という金額が安すぎて…!

 

韓国風キムチ

同じ味を食べていると飽きるので、キムチを一緒に買うことも多いです。 

おそらく韓国のものなので、本格的で酸っぱいです。 

 

 梅干しを入れたり ♪

 家に日本の梅干しや七味唐辛子などがあると、より美味しく楽しめます♪

 

港記美食(港記廣東粥鍋燒麵 馬公店)の場所と地図 

注文してから出来上がるまで、かなり速い!あまり待ちたくないときにもおすすめです。 店内にひとつかふたつテーブルはありますが、持ち帰りのお客さんがほとんどです。

港記美食(港記廣東粥鍋燒麵 馬公店)
住所:澎湖縣馬公市中華路55-1

営業時間:
10:00~14:00
16:00~22:00

定休日:第2・第4日曜日

 

※季節やお店の都合で、変更が生じる場合もあります。

 

 ちなみに、私が一番好きなうどんは…

「伊勢うどん」です♡ なぜ評価が低いのか理解できないくらい美味しい。

やわらか太麺に、甘辛いしょうゆたれが絡むと最高!

 

さらに、かつお節+ネギ+マヨネーズをプラスすると、中毒性があるかもと思うくらい美味でめちゃめちゃおすすめです。マヨラーの方はぜひ試してみてください♪