読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちごもりLIFE

出かけるよりも家ごもり、ウチごもりで暮らしたい主婦のブログ。台湾澎湖(ポンフー)島で暮らしています。

【台北旅行】気軽に行ける温泉街♪烏來(ウーライ)への行き方&タイヤル族の名物料理と散策

【台北旅行】気軽に行ける温泉街♪烏來(ウーライ)への行き方&タイヤル族の名物料理と散策

「そうだ!台湾の温泉へ行こう」と思って行った烏来(ウーライ)

私にとっては、海外で初めて入った記念の日帰り温泉旅行にもなりました。

f:id:jamu333:20161215183256j:image

烏来老街の道にも温泉マークが。元々このあたりは台湾原住民のタイヤル族が住んでいたところ。ウーライは、タイヤル族の言葉で温泉という意味があります。

 

タイヤル族を含め、台湾原住民は彫りが深く整った顔立ちをしているので、今でも多くの芸能人を輩出しており、日本で有名なビビアン・スーもタイヤル族とのハーフ。

実際に行ってみると、濃いめの綺麗な顔立ちの人が多かった!

 

また、タイヤル族は、原住民の中で最も勇敢な戦士でもあったので、日本の統治にも最後まで抵抗したと歴史の本で読みました。

男女とも顔にイレズミを入れる文化がありましたが、日本統治時代に禁止になり今は根絶しています。

 

都会の台北から少し離れて、静かな温泉街を散策してきました。行く途中は山道なのでグネグネとしていますが、車窓から見える景色は絶景なのでそちらも見どころです。

 

烏來(ウーライ)への行き方(アクセス方法)

新店から乗ると30~40分で着くのでメジャーなようですが、急な山道を座りたかったので台北のバス乗り場「臺北車站(青島)」から乗りました。

 

▼バス停の様子

f:id:jamu333:20170102163218j:image

こちらのバス停から、849系統のバスに乗り終点まで、約1時間20分で到着します。 

f:id:jamu333:20161215182441j:plain

到着後バスの写真を撮らせてもらったら、運転手さんがノリノリで応じてくれました(笑)ピースしてくれたり、顔を隠しておどけてくれたり。

もちろん人によりますが、台湾人は明るい方が多いです(*^^*)

 

交通費は安い。バスで往復400円以下!

悠遊カードを利用。台北のバス停からの場合、運賃は45元(約170円)

この日は、直前にMRT(地下鉄)に乗っていたので値引きされ、行きは37元(約140円)でした。

f:id:jamu333:20161215182224j:plain

悠遊カードがあれば、ややこしいバス運賃の支払いも簡単でMRTとバスの乗り継ぎ割引がきくので便利!台北を旅行するなら、買っておいても損はないカードです。

 

台湾セブンイレブンなどコンビニに、可愛いキャラクターものが100元程度で売っているので、それにチャージして使うと旅のテンションも上がるのでおすすめ。

 

臺北車站(青島)から烏來(ウーライ)までは長距離のため、乗るとき(上車)・降りるとき(下車)の両方ピッとしました。アプリの履歴でも別々に支払われているのが分かります。

 

▼利用履歴・残額の確認ができて便利な悠遊カードのアプリ 

Easy Wallet
Easy Wallet
無料
posted with アプリーチ

ふだん台湾に滞在していることが多いのですが、澎湖(ポンフー)という離島なので、バスには滅多に乗らないんです。今までほんの2回くらい…

主にバイク移動か、自転車移動(この間ジャイアントで買いました♪)です。

 

最後に乗ったのは4年前で悠遊カードも使えなかった思い出。 

なので、バスに乗るときはちょっとドキドキする。初めて台湾旅行でバスに乗る方とほぼ同じです。

目当てのバスが来たら手を挙げて乗車意思を伝えましょう。実は忘れていてひとつスルーされちゃいました(;´∀`)

 

烏來(ウーライ)へ到着!

降りてすぐのところに大きな吊り橋があります。余裕があれば是非渡ってみて下さいね。私は温泉に気を取られてすっかり忘れてしまっていましたが…

f:id:jamu333:20161231154408j:image

帰りはこちらのバス停の中で、順番に座れるようになっているのでそこで待ちます。

 

メインストリート「烏来老街」へ

バス停から歩いて5分くらいでメインストリートの入り口に着くのでとても分かりやすいです。カラフルで可愛い模様の橋があります。

f:id:jamu333:20170102163828j:image

f:id:jamu333:20170102163838j:image

この良い感じに寂れた雰囲気と山、川の景色が気に入りました。

 

入館無料の烏來泰雅民族博物館もありますが、時間がなく入館できませんでした。

f:id:jamu333:20170102163853j:image

タイヤル族の生活習慣や文化・風習が紹介されている博物館なので入りたかったな。また今年も行く予定なので、そのときに是非見学したい。

 

公式サイト:烏來泰雅民族博物館

  • 営業時間:月~金 9:30から17:00まで・週末9:30から18:00まで
  • 休館日:毎月第一月曜日・旧暦の大晦日と元旦・選挙日・政府指定と自然災害による出勤停止日

 

烏来老街でタイヤル族の名物料理を食べる

12月初旬の平日の13時前ということもあってかどこも空いていました。どこの店先も並んでいる食材は似通っていたので、適当に入ってみることに。

f:id:jamu333:20170102163251j:image

「ふたりセットがお得だよ!」と明るいお姉さんに声を掛けられ、山地美食屋というお店へ。 

f:id:jamu333:20170101214157j:image

399元(約1500円)のふたりセットで、タイヤル料理が一通り?食べられます。

 

竹筒飯

f:id:jamu333:20170101214148j:image

竹の筒で蒸したご飯。

 

魚蝦雙拼

f:id:jamu333:20170101214216j:image

こちらも名物。川魚と小エビを揚げた料理。なかなかの食べ応えがあります。小魚好きにおすすめ。

 

石板烤肉

f:id:jamu333:20170101214223j:image

鉄板ではなく、石板で炒めたらしいベーコンと野菜炒め。やっぱり台湾の炒め物料理は美味しいな。

 

炒青菜

f:id:jamu333:20170101214229j:image

 

綺麗な色合いのスープ

f:id:jamu333:20170101214244j:image

美容に良さそうな食材が使われています。優しい味わいで美味しかった。

 

炒麵 

f:id:jamu333:20170101214310j:image

別で注文。あんまり期待していなかったけれど、実は一番美味しいと感じました(笑)

 

ひと通り楽しめるので、初めて烏來(ウーライ)へ行ったら、ピンときたお店でセット注文するのが良いかもしれません(=゚ω゚)ノ

次回以降は単品で、食べたことがないものを注文しようと思います。

 

烏來(ウーライ)のセブンイレブン 

台湾セブンイレブンのゆるキャラOPENちゃんが烏來(ウーライ)仕様で可愛かった!

f:id:jamu333:20170102163919j:image

f:id:jamu333:20170102163928j:image

ほかに、簡易の記念写真撮影の機械(無料でメールアドレスに送れる)があったので、撮って遊びました。オープンちゃん好きの方は必見ですよ~♪

 

烏来老街で見かけた名物

▼山猪(イノシシ)肉

f:id:jamu333:20170102163240j:image

温泉宿やトロッコ乗り場へ続く橋の手前にあった、山猪(イノシシ)肉の屋台だけ行列ができていました。台湾の人の間では有名なんでしょうか。

 

▼温泉モロコシ 

f:id:jamu333:20161215182403j:plain

f:id:jamu333:20161215182416j:plain

温泉卵ならぬ、温泉とうもろこし。むっちりとしていて甘そうでした。

 

▼甘い台湾ウインナー

f:id:jamu333:20161215182427j:plain

私はおそらくイノシシではない普通のウインナーを買いました。今まで食べた中で一番甘みがまろやかで食べやすく美味しかった!

 

貸し切り温泉についてはこちら 

www.ouchi.link 

台湾旅行のホテル予約

個人旅行の際、日本からはネットを利用すると便利です♪

私は以下のどちらかを利用していることが多いです。

 

世界最大手オンライン宿泊予約サイト

 

→ Hotels.comでお得なホテルを検索する

 

世界中で75万軒以上のホテルを最大75%OFFで取り扱っているオンラインホテル予約サイト 

 

《agoda》海外・国内ホテル格安予約のアゴダで検索する

 

台湾南部・澎湖観光におすすめの一冊♪