うちごもりLIFE

うちごもりでライティングが仕事の30代主婦が台湾(澎湖)・神社参拝・その他をまとめている雑誌系趣味ブログです。

うちごもりLIFE

[大阪土産]豚まん有名店「551蓬莱」の電子レンジ専用セイロを使ってみた

[大阪土産]豚まん有名店「551蓬莱」の電子レンジ専用セイロを使ってみた

551蓬莱の豚まんは、関西人からすると大阪グルメというより超身近なおやつ。最寄りのスーパーのほとんどでチルドの豚まん3個入りが購入できるくらいです。

私は元々間食の習慣がないためそこまで口にしないのですが、夫が大好物なので月に何回かは購入する機会があります。

 

先日、マスキングテープ老舗 mtの10周年記念イベントに行った帰り、夕食をテイクアウトするためJR大阪駅すぐの大丸松坂屋百貨店(大丸梅田店)へ寄りました。そして551のお店で見つけたのがこちら♪

551蓬莱オリジナルの電子レンジ専用セイロです。なんで今まで気が付かなかったんだろう〜!

これがあれば、豚まんを水に濡らしてラップで巻いてレンチン後に「熱ーッ!」と言いながら取り出す手間が省けます。←いつもお手玉のように宙に浮かしながらリビングへ持ってくる夫(笑)

 

うちには台湾の万能炊飯器があるので蒸し料理は手軽にできるものの、豚まん1個のみでは面倒くさいと感じてしまいます。手軽さという面では電子レンジが圧倒的に便利ですね。

 

▼私の大同電鍋はピンク色です( *´艸`)

関西人はなぜだかピンク色率高し。今は日本でも購入できますよ~! 

 

551オリジナルレンジセイロの価格

551円ではなく550円(税込)です。

 

JR大阪駅すぐの大丸には、551蓬莱のイートイン&お弁当を販売している店舗と、豚まんなどのテイクアウトができる店舗が別々にあります。

 

またほかにも中央改札口を出て正面あたりにはチルド商品のみを取り扱う店舗があるので、旅行や出張からの帰りに買うのに最適。

 

店舗がわかれているため一気に注文できませんが、その分行列が回避でき、一部だけ欲しい人にとっては利便性が高いといえるかも。阪急百貨店・阪神百貨店にもあるので、大阪周辺では551三昧です。

 

使い方と加熱の目安時間

容器の底に水を入れ、フタをしてから加熱します。

 

水15cc 500W

  • 豚まん1個…1分20秒
  • あんまん1個…50秒
  • 叉焼まん1個…1分
  • 焼売2個…1分
  • エビ焼売6個…1分
  • ちまき1個…1分40秒

 

うちの電子レンジは私がひとり暮らしを始めた8年前くらいから使っているので少々型が古く、実質もう少し加熱してちょうど良い感じです。

 

豚まんを蒸してみた

こちらは近所のスーパーで購入できるチルドの551豚まん。今のところ底値は329円(税別)です。 ふだんはスーパーAが398円、スーパーBが458円。

専用なので当たり前ですが豚まん1個がぴったり。 

プラスチックとはいえしっかりとした素材で安定感があります。持ち手があるのでレンジで加熱した後も熱くなく、フタを開けるだけで食べられるところがいい感じ。

こういったプラスチック製の蒸し器は、探せば絶対100円ショップにもあると思いますが、質で選ぶならこちら。

 

ふだんから551豚まんを食べている夫によると「持ち帰りのやつに近づいた!」とのことでした。 

 

シューマイを蒸してみた

こちらは551のものではない、スーパーで販売されているチルドのえびシュウマイです。

少量をチンしたいときに役立ちます。

 

電子レンジ専用セイロのネット通販は?

近鉄百貨店の通販にて購入ができます。ただし単品ではなく、セットでの注文となります。価格はクール便送料込みで5,300円(税込)

 

▼セット内容

  • 豚まん…10個
  • 焼売(シューマイ)…10個
  • ちまき…3個
  • 電子レンジ専用セイロ…1個

 

消費期限は製造日より冷蔵庫で5日間。

ひとり暮らしやふたり暮らしにはちょっと多いかな〜と思いますが、1個ずつラップでくるんで冷凍保存するなら経験上1週間くらいは味はそれほど落ちません。

なんばのみにお店のある二見の豚まんは存在は知っているけれどまだ食べたことがありません。

まわりの友達は二見派が多く「551より美味しい」と言っています。玉ねぎの甘みがあってあっさりとしているので胃もたれしないとか。今度はそちらをお持ち帰りしてみようかな。