台湾・澎湖島 (ポンフー)

【台湾】澎湖(ポンフー) 金運アップの通梁保安宮|樹齢300年のガジュマル下で食べる花枝丸・とびっこソーセージ・海菜餅

通梁保安宮(トンリィアンバオアンゴン)は、通梁古榕と呼ばれる樹齢300年以上のガジュマルの樹のもとに佇む静かなお寺です。

通梁古榕は澎湖で最も大きなご神木です。ガジュマルがお寺を守っているのか、お寺がガジュマルを守っているのか、木陰から漏れる太陽の光が幻想的にも感じますね。

驚きなのは、複数の樹が絡み合っているのではなく1本の樹であるということ。

1本1本独立しているかのように見えるのは、茎から空中に垂れ下がった気根が土に達して支えの役割をしているためで支持根と呼ばれ、合計95の気根が育っています。

通梁保安宮のガジュマルと、その周囲で食べられる小吃についてくいしんぼうがたっぷりと紹介します( *´艸`)

【台湾】澎湖(ポンフー)への行き方と在住者おすすめ観光スポットまとめ一番お得な早割航空券の購入方法・遠東航空グッズ・アクセス・観光スポット・グルメ・交通情報・バイク(スクーター)のレンタル方法など必要な澎...
【台湾】澎湖(ポンフー)でバイクをレンタルするには?|給油の方法・その他交通手段まとめ澎湖諸島は複数の島が橋で繋がっています。馬公市中心部から西の端っこの灯台まで行こうとすると片道約35km、バイクで約1時間弱かかります。...

「通梁保安宮」の場所|アクセス

馬公市内中心部からバイクで約30分です。澎湖跨海大橋の手前で左折します。

まず、すぐのところに、サボテンアイスが超有名なお店があります。

そのまま真っすぐ進むと「保安宮」のガジュマルの場所通樑古榕へ到着します。

公共バス利用の場合は、藍線の「外垵線」で通樑古榕終點站まで。

→ 澎湖縣政府公共車船管理處

通梁保安宮 (通梁古榕)
住所:澎湖縣白沙鄉通樑村149

通梁保安宮|神様とお金を交換しよう

通梁保安宮は、樹齢300年以上といわれているとても大きなガジュマルに覆われており、本堂には康府王爺が祀られています。

こちらでは神様とお金を交換する珍しい交換錢ができます。場所は、本堂の康府王爺のウラの小さな3体の赤い虎の像のところ。しゃがんでちょうど良い位置です。

それぞれに100元札がささっていました(笑)

交換銭の方法

  1. まず10元以上のお金を2枚用意し、虎の前の箱へ入れ、5元(または1元)を2枚取ります。
  2. 「交換銭をしたこと&お願いごと」を伝え、交換したお金を左手に持ち、お線香の周りを時計回りで3回まわします。
  3. 最後にもう一度お願い事をして、1枚は買い物に使いもう1枚は大切に保管します。

使ったお金が保管しているお金のもとへ戻ってくるらしいですよ!

おそらく仲間を連れてくるんでしょうね。交換錢をする場合は、必ず大きなお金を小さなお金に換えるのがルールです。

金運財運アップをのぞむ方はお願いごとをしてみてはいかかでしょうか。台湾のお金なので、やはりご利益は台湾関係なのかな。台湾のレシート宝くじが当たったりするかも!?…俗物ですみません。

交換銭は、島根県にある美保神社の「福種銭」と似ているなぁと思いました。

福種銭は1枚の10円玉と50円以上を交換します。福の種を使うことで巡り巡って自分のもとへ大きくなってかえってくるといわれています。福の種という考え方に日本の良さを感じました。

[島根]美保神社のご利益?金運&仕事運アップを体感!鯛のお守り・御朱印帳が可愛い|出雲大社と両参り参拝後、毎日夢にまで出てくるくらい素敵だった神社です。両参りで巡った島根県(出雲・松江)も大好きになりました。 美保神社は...

ガジュマルの始まり

元々の根幹(とされている根っこ)には、赤い布がリボンのように目印として巻かれています。

台湾は湿度が高いので、ガジュマルの樹が育ちやすいといわれていますが、澎湖は土壌・気候ともに植物が育ちにくい環境です。

その条件の中でここまで大きくなったのには神秘さを感じずにはいられません。

さて、ひと通り見学をし終わったら、澎湖名物の小吃を楽しみましょう~!

ガジュマルの中のお店以外に、道路を渡ったところにもお店があります。ガジュマルの屋根の下で涼みながら小腹を満たすと幸せな気持ちになれます。

花枝丸|澎湖の花枝丸は特別美味しい

イカの揚げ団子です。台北から遊びにきた台湾人の友達が「ポンフーの花枝丸は美味しい!」といたく気にいっていました。3種類の味が楽しめます♪

40元(約140円)

揚げたてを食べられるということもあってか、本当に美味しい!小さく見えてけっこうボリュームがあり満足できます。

飛魚卵香腸|とびっこソーセージ

とびっこたっぷりの甘い台湾ソーセージです。澎湖人の友達のうちへBBQによんでもらったときにもごちそうになりました。とびっこ入りはとても珍しい気がします。

海菜餅|ほのかな磯の香り

蔥油餅のネギの代わりに生地にあおさのりがたっぷり練り込まれたちょっと珍しい特色のあるスナック。

40元(約140円)

澎湖の蔥油餅は台北の人気店のものとは違い、油で揚げているタイプです。

卵入りで食べ応えがあります。さっくりとしていて美味しい!

地瓜球|ふわっと軽いさつまいもボール

台湾ではおなじみのスナック。

台北などの夜市で買うこともありますが、今までで一番美味しかったのがこちら!

50元(約180円)

食べたことがない方には、中身が詰まっているイモ団子に見えるかもしれないですね。膨らんでいるだけなので、軽く何個でも食べられてしまいます。

甘くてふわっと軽くQQ(モッチモチ)!

注文したらその場で揚げてくれます!

地瓜球は初めは小さかったのが、だんだんプクーッと膨らんでくるのが面白い。

風茹茶(澎湖茶)|ポンフーのハーブティー

暑い季節には、ハーブの一種である風茹草を使った風茹茶が人気!

揚げ物との相性も抜群です。

ペットボトルで売られているものは、無糖、砂糖入り両方があります。どくだみ茶に似た風味でさっぱり美味しいです。気に入ったので、収穫から手づくり石けんまで作っちゃいました(笑)

【台湾】澎湖(ポンフー) 風茹茶の機能性と買えるお店は?健康ハーブティーと石けんを収穫から手作りした風茹茶(フォンルーチャー)は、澎湖では子どもからおとなまで知っている、昔から愛飲されてきたハーブティーです。澎湖茶とも呼ばれ、ティーバッ...

通梁保安宮まとめ

通梁にはドンがいる…!?

花枝丸を食べていると、近づいてくるのは…

けっこう人気者のニワトリでした(笑)

まとめ

  • 澎湖跨海大橋からすぐ
  • 樹齢300年以上のガジュマルの屋根が涼しい
  • 保安宮では神様とお金を交換できる
  • 美味しいスナックが豊富

澎湖旅行ガイドブック

関連記事