うちごもりLIFE

出かけるよりも家ごもり、ウチごもりで暮らしたい主婦のブログ。

うちごもりLIFE

[出雲大社へのアクセス]名古屋からの行き方まとめ|所要時間と金額は?

[出雲大社へのアクセス]名古屋からの行き方まとめ|所要時間と金額は?

先日、名古屋在住の友達とお茶をする約束をしていたので、島根県のお土産を渡してきました。彼女はコスメ好きなので、島根県松江の玉造温泉の温泉水を使った化粧水、姫ラボ エッセンスローションにしました。

自分の分も購入して使っています。トロミがあるので、しっとりしていて潤う感じ。

 

それで、島根旅行のことや出雲大社の話をしていたのですが、名古屋から出雲大社までは距離があり交通費もかかるため、なかなか行きづらい…らしいです。

 

あんまり位置関係について考えたことはなかったけれど、確かに頭の中で思い浮かべてみると、そうかもしれないなぁと思って頷いて聞いていました。

 

大阪在住の私からすると、名古屋は大阪と東京の真ん中あたりにある都市というイメージです。空港のひとつにも、中部国際空港 セントレアという、いかにも中心!って感じの名前がつけられていますしね。

 

大阪から出雲大社へもそれなりの距離がありますが、どの交通手段を利用しても、午前中に出発すれば、その日のうちに十分な観光ができます。

 

[大阪から出雲市までの所要時間目安] 

●飛行機 |伊丹空港→出雲縁結び空港 約50分

●自動車 |大阪市内→出雲大社 約4~5時間

●高速バス|大阪市内→JR出雲市駅 約5時間半

●電車  |大阪市内→JR出雲市駅 約4時間半


名古屋と大阪の間は、新幹線で約1時間、高速バスで約3時間半はかかるので、単純にプラスしたとしても、一気に「と、遠い…!」と感じる。

 

旅行プランを考えるのが好きなので、どんな行き方がお得なのか興味がわき色々とシミュレーション。電車・バス・飛行機・車など考えられる手段はすべてまとめました!

 

ただ、鉄道マニアでもない素人調べなので、至らない点や間違っているところがあるかもしれません。参考にして下さる際には、ご自身でも詳細をご確認お願いします。

 

電車を利用する

国内旅行の交通手段で一番真っ先に経路を探すのは、新幹線や特急などの電車です。

飛行機と違い、乗車時間は長いものの、空港までの移動時間がないので利用しやすいのがメリット!

 

一番シンプルな行き方は、新幹線で岡山駅まで乗車し、特急やくもに乗り換えること。

  • 通常期の片道料金(普通車自由席)…14,570円
  • 所要時間(片道)…合計約5時間 

名古屋

 ↓ 

岡山 (特急やくもにのりかえ)

 ↓

出雲市

 

乗り継ぎ時間を考える必要がありますが、「ぷらっとこだま」や「新幹線自由席用早特往復きっぷ」を使って新大阪まで行き、そこからお得な企画きっぷ「こだま&やくも指定席往復きっぷ」を利用をすると、交通費の節約ができます。

 

ただし、「こだま&やくも指定席往復きっぷ」は2名以上からの申し込みになるため、ひとり旅では使えません。

 

▼ぷらっとこだま

エリアは東京と新大阪間。名古屋→新大阪までの片道料金は普通車指定席おとな4,400円(通常期)、1ドリンク引換券付き。

 

▼新幹線自由席用早特往復きっぷ

JR東海のお得なきっぷです。

往復9,150円のため、片道4,575円(通常期)

 

関連記事|こだま&やくも指定席往復きっぷ

ぷらっとこだま(通常期)+こだま&やくも指定席往復きっぷの組み合わせなら、おとな片道1,1395円となります。

 

出雲大社だけでなく、ほかの人気観光施設の観光もするなら「松江出雲ぐるりんパス」という選択肢もあり。大阪市内からの利用でおとな3日間20,030円です。

  • JR往復新幹線(京都・大阪・神戸)・特急列車普通車指定席
  • 観光施設(10施設)入場券
  • JRと路線バス乗り放題(自由周遊区間内)

こちらも2名以上から、利用開始日の1ヶ月前~前日までの販売です。足立美術館・水木しげる記念館にも入れます。

 

高速バスを利用する

愛知県(名古屋)から島根県まで1本で行ける高速バスは、中国ジェイアールバスの「出雲・松江・米子ドリーム名古屋号」という夜行バスがありました。

 

名古屋駅(新幹線口)→出雲市駅

  • 片道料金…8,000円~11,000円(早割・曜日・時期などによる)
  • 所要時間(片道)…8時間50分(2018年8月1日~)

ほかに高速バス+高速バスを乗り継ぐ方法も使えると思います。ただし遅延などが発生すると、乗り継ぎがうまくいかない不安はあります。

 

新幹線+高速バスを利用する

①大阪まで新幹線→高速バスに乗り継ぐ

 

大阪から出雲市までの高速バスは、早割で片道4,230円から。

(→ 日本全国の高速バス予約はこちら!! )

 

通常期の片道料金

  • 新幹線 普通車自由席…5,830円
  • 高速バス…4,230〜6,300円(会社・早割・曜日・時期などによる) 

名古屋
 ↓
新大阪
 ↓
大阪市内のバスターミナル
 ↓ 
出雲市駅前 

 

②岡山まで新幹線→高速バスに乗り継ぐ

両備高速バスのももたろうエクスプレスに乗り継ぐ方法です。しかし料金的にもほとんどメリットはなさそうです。

 

通常期の片道料金(合計) 14,350円

  • 新幹線 普通車自由席…10,350円
  • 高速バス…4,000円 (往復7,200円)

名古屋
 ↓
岡山
 ↓
JR岡山駅前 西口バスターミナル(26のりば)
出雲市駅前行
 ↓ 
出雲市駅前

 

岡山まで新幹線に乗るなら、特急列車やくもに乗車したほうが良いですね。また、新幹線に遅れやトラブルが発生するとうまく乗り継ぎができない懸念はあります。

 

JR出雲市駅から出雲大社までのアクセス

電車や高速バスを利用して行く場合、一部に出雲大社まで直行のバスもありますが、ほとんどの場合はJR出雲市駅でいったん下車することになります。

そこからは、一畑バス・一畑電車・タクシーのいずれか3通りの手段を選んでアクセスできます。

バス (一畑バス)

  • 運賃…500円
  • 所要時間…約25分

およそ30分に1本来るので到着時間との乗り継ぎがうまく行くと、便利な手段です。

出雲大社の最寄りの停留所について、どこで降りればいいかというと、どこから参拝するかにより変わります。

 

●出雲大社の正門に一番近い(一般的)

JR出雲市駅

出雲大社・日御碕・宇竜行き

↓ 21駅/停留所 ( 23分 )

正門前

 

白い大鳥居(一の鳥居)から参拝をする場合は、吉兆館前 (運賃470円)で降車します。

正門前までは、徒歩で約13分です。

 

電車 (一畑電車)

  • 料金…490円
  • 所要時間(合計)…約30分

ローカル電車が好きな人にはかなりおすすめですが、本数が少なく約1時間に1本です。

 「電鉄出雲市」駅までは、徒歩で約5分です。

 

電鉄出雲市

一畑電車 北松江線・出雲大社前行き

↓ 4駅 ( 8分 )

川跡 で乗り換え(または乗り換えなし)

一畑電車 大社線

↓ 4駅 ( 11分 )

出雲大社前

 

電鉄出雲大社前駅から出雲大社の正門前までは、徒歩約6分です。

 

タクシー

料金(目安)…4000~4500円

所要時間…約20分 

 

飛行機を利用する

名古屋(小牧)⇔出雲縁結び空港まで、フジドリームエアラインズ(FDA)が1日2便運航しています。

2018年8月の料金は、11700円~25200円、所要時間は1時間です。

 

出雲縁結び空港から出雲市方面へは、空港連絡バスがあります。

JR出雲市駅まで…片道720円・所要時間25分

出雲大社まで…片道880円・所要時間35分

出雲大社への直行バスは、1日2便(9:10発・11:55発)です。

※2018年8月31日までの設定、以降は時刻に変更があります 

 

車を運転して行く

家族や友達など大勢と行くときには最適かもしれません♪

せまい車内に長時間なことや、運転する人はより疲れるので、休憩しつつのんびり行きましょう~!

 

名古屋西インターチェンジから、所要時間約6時間(470km)+休憩時間。

通常料金は10,320円 (割引料金などで変動あり)

 

名古屋西 IC (東名阪自動車道)
 ↓
亀山 JCT   (新名神高速道路)
 ↓
草津 JCT
 ↓
吹田 JCT   
 ↓
落合 JCT   (中国自動車道)
 ↓
米子 JCT   (米子自動車道)

山陰自動車道・無料区間
 ↓ 

出雲IC

国道431号
 ↓
出雲大社

 

●関連記事|出雲大社

さいごに

調べているうちに、すっかり名古屋に住んでいる気分になりました☺

名古屋在住の友達は数人いますが、みんな個性的で好きです(笑) 

そして出雲大社にもまた行きたくなってきました~!

名古屋は、関東、関西どちらにも行きやすく、私の大好きな三重県にも近くていいなって思います。 

 

グルメ「名古屋めし」も個性的ですね!

 

小倉トースト・手羽先唐揚げ・あんかけスパゲッティ・鉄板スパゲティ・台湾ラーメン(台湾まぜそば)・ひつまぶし・味噌煮込みうどん…上げ出すときりがないくらい。

涼しくなったら、名古屋にくいだおれの旅をしに行こう~!