うちごもりLIFE

うちごもりでライティングが仕事の30代主婦が台湾(澎湖)・神社参拝・その他をまとめている雑誌系趣味ブログです。

うちごもりLIFE

【がま口財布】小銭入れにするならミニサイズ一択!

【がま口財布】小銭入れにするならミニサイズ一択!

パカッと片手でも開け、簡単にパチンと閉められる便利さが好きで、ポーチとしてがま口をいくつか愛用しています。

 

見た目の可愛さもあり、海外でもがま口は一定の人気がありますね!というより、実はがま口自体は、明治時代にヨーロッパから伝わったという歴史があるそうです。

なんとなく日本が発祥ぽい(京都や江戸小物って感じがする)と思い込んでいたので、知ったときはびっくりでした。

 

台湾の手作り市で購入

先日、澎湖(ポンフー)でちょっとしたロックフェスティバル兼手作り市が開催され、そのときに気になっていた手づくり雑貨の作家さんが出店するのを知り、ちょっくら覗きに行きました。 

f:id:jamu333:20161108190657j:image

f:id:jamu333:20161108190646j:image

超小規模で、正直見どころはほとんどありません(笑) ロックフェスといっても、地元の高校生などが出演しているような、地域のお祭りといった感じです。

しかし、元々チェックしていた作家さんのところで、可愛いがま口を発見!

f:id:jamu333:20161029224615j:image

柑橘系フルーツ&台湾のビクトリア風タイルのような柄に一目惚れ。

手のひらサイズの本当にちんまりとしたがま口ですが、キーホルダーのようになっているのが気に入った部分です。

f:id:jamu333:20161029224630j:image

こちらを使い始めてから、今まであまり意識していなかったことに気付きました。

小銭入れとしてがま口を使うなら、「これはちょっと小さいかも?」と思うくらいのミニサイズを選ぶととても便利だということです。

 

中身が見渡せるので小銭が取り出しやすい!

小銭は普通にお財布へ入れていると、サイズがバラバラで一瞬では見分けにくい上、取り出しづらいと感じませんか?

 

特に旅行などで海外のお金を使用する場合。クレジットカード払いが主流の国もありますが、まだまだ現金主義の国も多いです。外国のお金は、慣れていないので、硬貨となると余計にまごついてしまいそう。

 

海外旅行のときは、防犯や持ち物の軽量化のため小さめのお財布やポーチを使うことも多いと思います。

私もいつものお財布とは別のがま口財布を使っていたのですが、どこか使いにくさを感じていました。

 

そして、こちらのがま口に小銭を入れてみたら、並べて入れるのにぴったりだったんです!

f:id:jamu333:20161029224644j:image

お札は入らないサイズなので、別のものを入れようと思っていたのですが、思いのほか便利だったのでこのまま小銭入れとして使うことにしました。

 

今いくらくらい入っているかすぐ分かり、ちょっとコンビニやドリンクスタンドへ飲み物だけを買いに行く、というときにもちょうど良いサイズ感です。

 

お札とは別に分ける

少し出掛けるのに、大金を持ち歩く必要性はありません。スリが多い国だと被害に遭う危険性もあります。

治安が良いとされる台湾でも、足つぼマッサージ店でお金を抜かれたり、夜市でスリに遭った知人が実際にいます。なるべく現金は持ち歩かないほうが無難です。

 

私のちょっとだけ財布は、台湾セブンイレブンのスタバのコインパース。マチがないので、お札とカードのみ入れるのに適していました。

f:id:jamu333:20161103153618j:plain

余談ですが、台湾セブンイレブンとスターバックスを運営している会社は同じなので、台湾のセブン(シティ)カフェコーヒーは、スタバと同じコーヒー豆使用で美味しいらしいです。

でも私は、スタバのほうが美味しいと感じます(笑) 全然違うのが分かりました。

 

海外財布についてになりましたが、日本の家計用財布は、ふつうに長財布愛用です。あまり買い物はしませんが、自分用のお財布はがま口のコンパクト財布で分けております。旅行の際には、コンパク財布と小銭入れをカバンへしのばせて。