うちごもりLIFE

出かけるよりも家ごもり、ウチごもりで暮らしたい主婦のブログ。台湾澎湖(ポンフー)島で暮らしています。

台湾のワンプレートごはんが好き!澎湖(ポンフー)島で食べられる安くて美味しいボリューム飯

台湾のワンプレートごはんが好き!澎湖(ポンフー)島で食べられる安くて美味しいボリューム飯

台湾では、毎日外食でも月2万円〜くらいあれば十分満足な食事ができます。

もちろん、自炊をしたほうが健康的な食生活は送れますが、台湾に滞在している間は料理よりも別のことに時間を使いたいし、美味しい台湾ごはんを満喫したいです!

 

また、台湾のマンションを借りて住む場合、私の経験でも周りの人に聞いてみてもキッチンなしの部屋が多いのでおのずと外食が多くなります。

 

簡易まな板とナイフがあれば、生野菜&果物を調理でき、生の野菜不足解消はなんとかなるので、長期滞在にはおすすめです。

台湾の食事は油で炒めたり揚げるのが基本なので、私にとってはいかに生野菜を摂取するかはけっこう課題です。酵素を摂らないと〜!

 

ふだんの外食の中でも、色々なおかずが一緒に楽しめる、野菜多めのお手頃台湾ワンプレートごはんがお気に入りです♪見た目はお洒落ではないけれど味はなかなかいけるし安いんです!

▼例えばこちらの写真のようなごはんは約250円。

f:id:jamu333:20160730040009j:image

滑蛋蝦仁飯75元(スープと甘いお茶はセルフサービス)

むき身エビ入りの中華風オムレツごはん。卵焼き部分は甘くもなくしょっぱくもなく、優しい味です。野菜のおかずもたくさん。

澎湖は海鮮がとれたて新鮮なので、エビの食感がほかの地域で食べるのと全然違います!…って書いたくせに実は冷凍だったらすみません(笑)

 

澎湖島は海鮮料理が有名ですが、それ以外の澎湖で食べる台湾ごはんのことを書いていきます。

 

※価格やメニューには変更がある場合があります。

 

台湾で安く美味しいごはんを食べたいなら大学前の通り! 

台湾で安く美味しい食事をしたいなら、大学の近くというのは良く聞きますし事実だと思います。

澎湖科技大学の前の通り、三多路にある大学生に人気のお店のワンプレートごはんが大好きでよく通っていました。上記の滑蛋蝦仁飯もこちらのメニューのひとつ。

なのに、お店の名前をど忘れしました…(;´∀`)

澎湖ではまた絶対行くので、その際に追記しますね!一部メニュー名と金額もメモっていないので、そちらもあわせて見てきます。

※追記

→「澎湖億圓小吃部」でした!また住所など追記します。

 

日本の焼き肉弁当の風味に近い玉ねぎたっぷりのメインが特徴のワンプレート。少しだけ台湾風味。

f:id:jamu333:20160730040034j:image

葱爆豬肉飯75元(スープと甘いお茶はセルフサービス)

読めなくても漢字のインパクトが強すぎます。確かになんとなく全体的にバクハツ…じゃなくてボリュームたっぷり。ただ玉ねぎがまだちょっと炒め足りない感じがしたので、それ以外はなかなかいけます。

 

チーズ入りハムカツごはん。

f:id:jamu333:20160730040026j:image

コロッケのような見た目ですが、ハムカツです。メインなのにちっさ!って感じにも見えますが、これがけっこう美味しい。一口食べるとサクッとした食感に、中のチーズがとろけて濃厚です。

 

「日式」 とメニューにあったのを覚えているので、日本風のトンカツごはん、ということで。

f:id:jamu333:20160903120913j:image

台湾は揚げ物が美味しい。葱爆豬肉飯もそうだったけれど、本当に量が多い!!白ごはんの量も多いので、小食の女性は食べきれないかもしれません。私はいけるときもあればいけないときもあり…

確実に言えるのは、毎日通うとすぐ太りますということです。 

 

台湾のマヨネーズは甘い

かかっているやけに白いソースは台湾マヨネーズ。台湾のマヨネーズは日本人からすると、かなり甘いです。

台湾だけかと思っていたら実は、中国大陸、香港、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピンなど世界中で甘いマヨネーズが普及しているとのこと!

近年では同じくらい日本のマヨネーズも海外の方には人気があります。

 

私はマヨラーで、この甘いマヨネーズが気に入って、台湾滞在から帰った後日本で再現して自作したくらいなんですが↓

f:id:jamu333:20160904050737j:image

やはり徐々に「日本のマヨネーズのほうが美味しいやん!」となりました。甘さじゃなくて酸味が欲しい。澎湖のスーパーでは売っているところを見かけなかったので、次回は持参しようか迷うところですw

 

でも台湾の茹でタケノコや、澎湖のイカのお刺身には甘いマヨネーズのほうがよく合っていると思う不思議。

f:id:jamu333:20160904042223j:image

f:id:jamu333:20160903183715j:image

 

「台北楓情牛排館」の激安ランチ

こちらも同じ澎湖科技大前の通りにあります。

ランチの時間には、1日各20食限定のランチが数種類から選べます。牛排(牛ステーキ)のお店で、特にランチ時の牛ステーキランチは大人気で開店して10分くらいで売り切れます。なにせ100元なんです!

f:id:jamu333:20160903162121j:image

焼き立てアツアツの鉄板で提供されるので、ヤケドやソースのハネに注意!

メインのステーキのほかに、ライスとスープ、ドリンク付き。

f:id:jamu333:20160903162126j:image

ここは澎湖だからか、ごはんの上にはいつもなにかしら海鮮系のごはんのおともが乗っています。澎湖の名産のイカ、小管(シャオグアン)でごはんも進む。

よく考えたらメイン料理はステーキなんですが気にしない(笑) 

 

別の日には、メイン料理がトンカツのワンプレートごはんも食べました。牛ステーキが売り切れのときはおすすめです。30元安いです。

f:id:jamu333:20160730040020j:image

現炸豬排飯70元(スープとアイスレモンティー付き)

こちらのお店のトンカツは、揚げ物があまり好みでない人にもおすすめできます。とても軽い食感でしつこさがありません。甘めのケチャップソースと良くあいます。

 

台北楓情牛排館

澎湖縣馬公市三多路12ー29號

 

牛ステーキランチを確実に食べたいなら、11時前に行って待ちます。そして臨時の休日だったこと数回…「運気不好」と台湾人の友人にからかわれました(ノД`)・゜・。

 

丁寧な盛り付けの「正典小吃」のワンプレートごはん 

台湾の地元の人も行くようなお店で外食すると、盛り付けは大ざっぱな感じでドーンとごはんの上に乗っかっているというようなところが多いのですが(だからワンプレートになってる)こちらのお店は繊細さを感じるような盛り付けです。

f:id:jamu333:20160730040041j:image

物腰やわらかで優しい女性店主の方の性格が現れていると感じました。白ごはんがオムライス用の型を使って盛り付けられている魯肉飯(ルーローハン)は初めてでした!

こちらのお店も何回か行きました。台湾人の口コミでも評価の高いお店です。全体的にボリュームたっぷりで美味しいです。

スープ系がほかのお店と違う風味で特徴がありました。青菜(チンツァイ)も美味。

f:id:jamu333:20160904042644j:image

f:id:jamu333:20160904042723j:image

 

正典小吃

澎湖縣馬公市文化路12ー1號

 

 以上3店舗をワンプレートごはん中心にまとめました。

澎湖の美味しいものはこれからの季節もたくさん!!また記事にしていきます~(´艸`*)