ブログ運営

ブログ初心者は書くことを楽しめるようになるまでが勝負!ブログ歴12年の私が思うこと

私がブログに初めて出会ったのは、今のようにInstagramもTwitterもFacebookもなく、mixiもこれから発展というような「はじまりの時期」です。

当時、アメリカなど海外では、専門的な内容の記事が好まれ、日本では個人の日記がほとんどだといわれていました。様々な人が思いのままにWEB上で日記を書いていてその主な場所がブログだったんです。

その頃の私は、ブログのためにパソコンを使うことはほとんどなく、携帯電話(ガラケー)ですべて更新していました。今でいうとモブログ(携帯端末からブログを投稿すること)ですね。

現代のサービスのほうがはるかに利便性は良いですが、気軽に更新できるという面では昔のほうが良かったのかもしれません。ケータイで写真を撮って、絵文字をたくさん使った文章をさっと書き、アップする軽い感覚。

今では信じられないですが、Googleの検索エンジンでも、ふつうの人の書いた500文字くらいの日記が上位を占めていることはふつうでした。

さて、ここ数年お金を稼げると聞いた人たちが次々にブログを開設しています。そのためブログ人口は増え続けています。

お金を稼ぎたいというのは、ふつうの考えなので、ひとつの手段としてブログでも良いと思います。しかし、3年後にはそのほとんどの人が挫折しているとも考えます。

残りの数少ない、書くことが元々好きだった人、書くうちに楽しさに目覚めた人が最終的に目的を達成できるのではないでしょうか。

まずは、たくさん書いていくことが重要です。楽しめるようになると書かずにはいられなくなりますよ、ということについて書いてみました☺

私のブログ歴

私自身の過去のブログはサービスが終了したり、自分で削除したりしてひとつも残ってはいませんが、今でも内容は少しだけ覚えています。

縮毛矯正をした美容院の美容師の態度が最悪で頭皮も軽くやけどした、新しい香水を買った、あのとき受けた資格試験の資格は必須のものではなかったけど仕事で役に立っているとか。

別にどうでもよいことばかり覚えているものですね(笑)

ちなみに恋愛関係のことは一切ブログには書いていませんでした。というかたいして書くようなことがなかったんですよね。

ひどい失恋はしたけれど、そういうマイナスの気持ちは紙に書いて捨てるほうが気分が落ち着いたので残そうとは思わなかった。恋をしている女子のブログを見るのはなんだか楽しかったな。

私にとってブログは、日記を書く場所ではなくなりました。日常のことを書くにしても、自分だけが満足して終わる文章にはしたくないという思いが常にあります。

ブログを書く上での迷い

"気軽にブログを更新"と検索すると、「出先でもiPhoneアプリで気軽に更新できる」というようなモブログ派の記事が多く出てきます。

それはそうなのですが、アプリから更新できるから気軽ということではなく、食事をするように、顔を洗うように、そんな当たり前のことのように内容を書けたらいいのにという意味で、気軽に更新がしたいです。

「これは書くほどのことではない」といった日常が自分にまで忘れ去られていくのは少し寂しいから。

しかし、必ず2000文字以上書こうとか中身を充実させないと価値がないとかそういうノウハウを無意識に考えてしまい書けなくなっていた時期もありました。

最近は、日記としてのブログではなく、情報がたくさん詰まったお役立ちな内容、普通ではない価値観の書かれたブログが検索しても上位を占めています。

このブログ以外の私のブログも、特定のキーワードで検索すると、1位だったり2位だったりする記事が実際に複数あり、たくさんの人に見てもらえているのは素直にとても嬉しいです。

でも検索には絶対ひっかからないような、むしろそんなことはどうでもいいと思って好きに書いている人のブログのほうが、その人自身の人生が垣間見れて心を動かされることが多かったりして考えさせられます。

書かないとなにも始まらない

はじめの目的が何であれ、ブログ初心者だと自分が感じる間は、とりあえずなんでも書いていくのが良いです。まだブログを書いていないのに、成功の秘訣を検索しているようではダメです。

なぜなら、ふだんから文章を書いてアウトプットをすることに慣れていなければ、いくらノウハウを集めたからといって、1記事目から共感を得たり魅力的な内容に仕上げることはできないからです。

私はブログ歴は12年は超えましたが、最近ようやく初心者の域を超えたかな?と思っています。意識しなくても、勝手に指が文字を入力するようになったときに変化したことを感じました。自分の中の誰かが代わりに書いてくれているような感覚になります。

中国語もある程度勉強しましたが、会話中に頭の中でひとつひとつ翻訳しないでそのままの意味で理解できたときも同じものを感じました。

全員がこの感覚になるかは分かりませんが、なにかしらの楽しいと感じるような変化があって、その過程を超えるとネタ切れや継続に悩むことが一気に少なくなります。

ブログを書くにはパソコンは必要か?

先日、「パソコンがないからブログはできないよね?」と友達に聞かれました。SNSよりもブログのほうが敷居が高い感じがするようです。

パソコンがなくてもブログ作成・更新はできますが、パソコンがあるとデザインをいじれるし入力もしやすく楽です。私がもし「明日からパソコンはなしでブログを更新してね」と言われたらちょっと厳しいなと感じます。

また、WordPress(ワードプレス)が将来的には必須になってくると思うので、できるだけ早い時期にパソコンを用意するのがおすすめです。

まとめ

ブログは何年書き続けていても、1~2年後に見直すたび、「なんてひどい記事だ!」と修正を加えたくなるのがふつうだと思います。それくらい、ブログも自分自身の書く力も成長や変化をしていきます。

ブログのはじまりは、まだ誰も見ていないようなブログだからこその自由がメリットです。自分が好きなことから書いていきましょう〜!

関連記事