読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちごもりLIFE

出かけるよりも家ごもり、ウチごもりで暮らしたい主婦のブログ。台湾澎湖(ポンフー)島で暮らしています。

女子旅計画にも♪台湾南部の可愛いガイド本「とっておき!南台湾旅事情故事(たびものがたり)」レアな澎湖(ポンフー)情報も掲載

女子旅計画にも♪台湾南部の可愛いガイド本「とっておき!南台湾旅事情故事(たびものがたり)」レアな澎湖(ポンフー)情報も掲載

澎湖(ポンフー)へ行ってみたいなと思っている方にぴったりの本が、今月18日に発売になっています。

台湾南部の情報がたっぷり詰まったパーフェクトガイドブックです。 

とっておき! 南台湾旅事情故事

 

書籍タイトルをパッと見て、「台南中心の本?」と一瞬感じてしまうかもしれないですが、もちろん台南についてだけではありません。

高雄・台南・嘉義・墾丁・澎湖諸島の厳選された情報が、色鮮やかな可愛い写真とともに紹介されています。

 

嘉義・墾丁・阿里山・澎湖が載った本は珍しい。しかもそれぞれがオマケではなくメインの扱いなので、今までの「南台湾(台湾南部)」の本とは一線を画しています。

 

著者の矢巻美穂さんがカメラマン(写真家)の感性豊かな女性というだけあり、パラパラと見ているだけでも楽しく、心が躍るようなページがたくさん!

文章もさらっと読めるのに、ポイントとなるところは詳しく記載されているので、情報を得るのには充分すぎるほど。

 

これまで、台北を紹介した可愛い書籍やガイドブックはたくさんあるのに、台湾南部はとっても少ない…と感じていました。
友達に「台北以外の台湾本でおすすめある?」と聞かれるたびに、う~ん…となかなか即答できなかったり。。

 

そのため、台湾南部に焦点をあてた書籍の中で、写真を見て楽しめて、旅行計画を立てるガイドブックとしても実用的なものは初めてだといえ、本好きとしても嬉しいです。これから台湾南部の本が増えていきそうな予感

 

書籍の内容

総件数が200軒(!)を超える取材により、台湾南部の魅力がぎゅっと詰まった一冊に仕上がっています。

より台湾を身近に感じられる内容だと感じました。特に観光情報を知りたい方へおすすめです。

 

同じ台湾でもそれぞれの地域により、雰囲気や、文化に特色がありますね。なにより南部は食べ物が美味しい!

 

女子旅の計画を立てる際の参考にも◎

私の周りでは、台湾は女友達と観光する人が多いところ。台北を観光したら、南部にも足を伸ばしてみるのも楽しいと思います。

 

まだ交通網が台北ほど発達していない地域が多いので、バイク(原付)に乗れると便利ではありますが、私が女友達と台南を回ったときは、徒歩とバスを利用したり、バイクなしでもOKでした。

ガイドブックには、そういったアクセス情報もひとつひとつに記載があるので必携ですよ!

 

ページの雰囲気が魅力的(画像あり)

f:id:jamu333:20170419011951j:plain

f:id:jamu333:20170419012033j:plain

f:id:jamu333:20170419012048j:plain

f:id:jamu333:20170419012104j:plain

f:id:jamu333:20170419012140j:plain

f:id:jamu333:20170419012151j:plain

※画像は使用許可を頂いております

 

台湾旅行に役立つ情報、カフェ、レストラン、小吃、ホテル(民宿)の情報に加え、台湾観光にはかかせない夜市の情報、可愛く個性的な台湾雑貨などのお店が数多く紹介されています。

 

特に澎湖については、紹介しているメディアはまだまだとても少ないので参考になりますよ!

自然豊かなビーチリゾートなので海や空、空気も綺麗ですが、観光イベントが盛りだくさんなのも魅力。

 

今年も明日から6月22日まで週2〜3回の花火大会が始まります!

▼昨夜はステージの準備中でした

f:id:jamu333:20170419125812j:image

 

そのほか、Wハートで有名な離島「七美」も素敵ですが、同じくらいフォトジェニックな、

ほかの地域ではなかなかお目にかかれない景観の場所など、まだまだ日本では知られていないところがあるので、是非本を読んでチェックしてみて下さいね!

 

まとめ

著者が女性の本は、シンプルに読みやすくまとめられていることが多いので、台湾関連本以外でもよく読みます。

 

こちらのガイドブックは、旅行カメラマンさんが作られただけあって、フォト(写真)のセンス、デザインが特に素敵だなと感じたのが率直な感想です。台湾にいるのに台湾へ行きたくなる…

 

内容も、相当な台湾南部フリーク以外の方なら満足間違いなしだと思います(笑)

私もこちらの本を持って、行ったことのない場所やお店を訪れたい。

 

矢巻さんは他にも1冊、海外フォトガイドブックを出版されており、そちらも可愛く充実した内容で評価も高いです。

今回は人気のある台湾本ということで、より話題になることは間違いないですね。

 

澎湖は観光にぴったりのシーズンに入りました!こちらの本を持った日本人の方とすれ違うのを、こっそりと楽しみにしています♡

 

澎湖諸島のホテル予約

澎湖島は台湾のビーチリゾートなので、たくさんのホテル・民宿があります。日本からは、ネットを利用すると便利です♪

 

世界最大手オンライン宿泊予約サイト

 

→ Hotels.comでお得なホテルを検索する

 

世界中で75万軒以上のホテルを最大75%OFFで取り扱っているオンラインホテル予約サイト 

 

《agoda》海外・国内ホテル格安予約のアゴダで検索する