読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちごもりLIFE

出かけるよりも家ごもり、ウチごもりで暮らしたい主婦のブログ。台湾澎湖(ポンフー)島で暮らしています。

【台湾の乾麺】台湾版のカップ焼きそば「大乾麺」が密かな好物♪

台湾版のカップ焼きそば「大乾麺」が密かな好物♪

私はインスタント食品が好きなので、澎湖(ポンフー)でもスーパーや五金行(うーじんはん)という日用雑貨店へ行くとついついチェックして、1~2個買ってしまうことが多いです。味的には、日本よりも美味しかったり、または好みではなかったり色々ですが、台湾風味が好きな人ならお土産にもおすすめですよ(*^^*)

 

「大乾麺」はその中でも一番お気に入りのカップ麺でイチオシです!

f:id:jamu333:20161002183154j:image

通常の味もありますが、今回は地獄辣椒風味といういかにもちょっとやばそうな味があったので迷わずこちらを買いました。台湾で辛いよという食べ物は本気で辛い場合が多いので、ちょっとドキドキ…

とはいえ、私は辛いのは平気なほうでむしろ大好きなのでけっこう期待度が高かったですw

 

「大乾麺」はちょっと構造が変わっています 

包装ビニールを取って、フタの紙を剥がそうとすると…「あれ?カップが2個…!?」

f:id:jamu333:20161002183209j:image

初めて開封したときは、このようにわかれる構造に「???」と戸惑いました。当時一緒にいた人に「あーそれスープの袋があるでしょ?それと湯切りしたお湯を使ってスープにするんだよ」と聞いて納得!

 

日本にあるマルちゃん 北海道限定 やきそば弁当 132g×12個のような感じでしょうか。もちろん、湯切りしたお湯ではなく、新しいお湯を使ったほうが美味しいですが、合理的で良いですね。 

カップ付きなところも、台湾における外食文化のサービス精神が感じられます。日本でもこんな構造のカップ焼きそばがあったら買っちゃうよ~!

 

▼イラスト付きで分かりやすいスープの素

f:id:jamu333:20161002183229j:image

でも知らないと、乾麺に振りかけて食べてしまいそうです(;´∀`)

 

湯切り口はないので注意!

日本のカップ焼きそばは、親切すぎる構造でそれに慣れているため、湯切り口がないのにもはじめは戸惑いました。

あとカップラーメン全般的にも、お湯はここまで入れるという目安の線がないので、入れすぎて薄くなったり濃かったり…そこは目分量でちょっと少なめに入れるとちょうど良い場合が多いかな。

 

こちらも適当に8分目くらいお湯を注いで3分経ったら、フタを戻してそっとスープ用のカップ等へ湯切りします。ヤケド&麺がフタの間からこぼれ落ちやすいので注意。 

 

ところで…あくまでも私の好みで、今回は日本からとろろ昆布を持参してきました!スーパーで特売だった大容量298円の根昆布入り無添加とろろ。

f:id:jamu333:20161002183311j:image

ほかには、16食入りくらいで150円の生みそタイプのミニ即席お味噌汁も。前回のときは、梅こぶ茶と梅干し持参でした(笑)

長期滞在のときは、そのときの気分でなにかしら持ってきます。ちなみに味噌は澎湖でも売っていますが、即席のほうが便利&コンビニで買うより安いので。

 

こちらをスープの具として投入~~

 

乾麺とスープのセットできちんとした食事風

3分でなかなか食欲をそそるボリューム満点のメニューが完成しました。

f:id:jamu333:20161002183326j:image

麺が元々赤く色づいていたので、「これは辛いな」と確信。地獄というほど辛くはないけれど、飲み物は必須な感じの辛さでした。まぁまぁ美味しくてたまに食べたくなるような味です。ただやはり辛いものが苦手な方やお子さんにはおすすめできないです。

 

スープは、元々がそんなに美味しいものではないのですが、とろろ昆布を入れるとだしが出てとてもgoooood!になりました。是非とろろ昆布を入れて下さい。お湯は新しいものがおすすめ。

 

ソースを麺にからむように混ぜると、日本のカップ焼きそばにとてもよく似ていますよね? 

f:id:jamu333:20161002183252j:image

カップ焼きそばは、麺にこだわりを持ったという製品より、こういったいかにもなチープな麺のほうがぴったりきます。美味しく頂きました。また買います、地獄味(笑)

 

お店で食べる乾麺は「スープ(汁)なしラーメン」に近い感じ

乾麺というと、日本ではそうめん、うどん、そばなどの乾燥した調理前の麺を表すことが多いと思いますが、台湾では調理後のメニューのひとつです。

大抵どこの小吃店(食堂)のメニューにもあり、50元(約160円)くらいからとリーズナブル。

f:id:jamu333:20161003152841j:image

f:id:jamu333:20161003152851j:image

f:id:jamu333:20161003152901j:image

麺は中華麺から幅広いインスタント系の麺までお店によって違いがあります。中華麺の場合は、日本のラーメンからスープ(汁)を抜いた風味に似ています。

 

インスタントの乾麺とはまた違い、上にもやしやニラ、チャーシューが乗っていて具だくさんな場合が多く、こちらもおすすめ台湾ごはんのひとつです!

澎湖(ポンフー)には、海鮮系の乾麺もあってとても美味しいです。炒麺(ちゃおみえん)ともまたちょっと違った感じなので、是非食べ比べてみて下さいね( ´ ▽ ` )ノ