台湾・澎湖島 (ポンフー)

【台湾】澎湖(ポンフー)の苦茶・漢方茶ドリンクスタンド|おすすめはレンコンミルクティー

苦茶(クーチャー)は台湾ではよく知られた飲み物です。しかしタピオカミルクティーほどの人気はありません。名前の通り、とてつもなくニガい漢方のお茶だからです。

数年前に台湾人の友達に「美味しいお茶」と騙されてw 初めて飲んだときは、あまりの苦さにその場でクルクル回ってしまった思い出のある苦茶…。

それが怖いものみたさ的な気持ちで久しぶりに買って飲んでみると、意外に美味しくてすっかりハマってしまい、ほぼ毎日通うくらいお気に入りとなりました!

特に、真夏の体をクールダウンさせたいときや風邪をひいたとき、お通じがこないときには最適な飲み物です。夏のお風呂(シャワー)上がりに飲むと苦いのに爽快感!これは新たなやみつきドリンク。

澎湖で苦茶をはじめとする健康茶系のドリンクスタンドといえば、漢方苦茶之家です。

「漢方苦茶之家」の場所|アクセス

テイクアウト専門店。

馬公市の中心部に近く、メインストリートからも徒歩で行けます。近くにはキリスト教系の病院、自転車業界では有名なジャイアントのお店があります。

漢方苦茶之家

住所:澎湖縣馬公市樹德路15

営業時間:7:00~23:00

苦茶(クーチャー)って?味はやっぱり…

苦茶は香りを楽しんだり味わって飲むお茶ではありません。数種類以上の漢方を配合しぐつぐつ煮出したお茶なので、やっぱりめちゃめちゃ苦いです。

日本でよく知られているお茶で例えるなら、どくだみ茶や杜仲茶をブレンドしてもっと苦く飲みにくくした味。子どもが飲むときっと吐き出してしまいますね。

健康にはとても良いとされる漢方茶で、効能としては体の熱をとる、デトックス効果、利尿作用、便秘・下痢、ニキビ改善、疲労回復その他もろもろに良いといわれています。

苦いのは変わらないものの飲んでいるうちに慣れていき、なんだか美味しくも感じてきます。

漢方の粉薬と違い、口の中でドロっと残らないのでその点ではとても飲みやすい。苦くても後味はさっぱり。台湾での夏にはかかせないお茶になりました。

漢方苦茶之家の苦茶はまろやか

苦茶 (小) 45元(約160円)
苦茶 (大) 65元(約240円)

こちらのお店の苦茶にハマった後、台北にも苦茶の有名店があることを知り飲みに行きました。やはりお店ごとに全然違う味なんですね!

飲みなれた味が美味しく感じるものなのでしょう。澎湖のお店の苦茶のほうが飲みやすくまろやかでした。

冬季の期間、冷たい苦茶とほのかに温かい苦茶を選べます。

  • 冷たい…冰的 (ビンダ)
  • 温かい・ぬるい…溫的 (ウェンダ)

苦茶は身体の熱を下げる効能が強いとされているということで、冷え性の私はほのかに温かい小サイズを冬場は選択していました。

お土産にも!苦茶の進化版

2017年から養生茶(ヤンシォンチャー)が販売されるように。

こちらは苦茶のいわば妹分。より飲みやすく、保存がきくパッケージになり旅行にも気軽に持っていけますね。

私も帰国時にお持ち帰り。

ちょうど良いストローがなかったので、家にあったタピオカドリンク用ストローをさしてみました。錠剤タイプの苦茶はあまり効果を感じられないという苦茶ファンの日本人の方にもおすすめです。

レンコンミルクティー

蓮藕茶 (リィェンオウチャー)

蓮藕牛奶 (リィェンオウニィオウナイ)

レンコンティーとレンコンミルクティーです。日本では飲んだことがなく「蓮根のお茶ってどんな味…?」と興味津々。

想像していたよりも飲みやすく、甘さはごく控えめなのでゴクゴクいただける味です。こちらも苦茶のようにだんだんとハマっていき、冬季の定番ドリンクになりました!

日本でもどうやら手軽に作れそうなので、注文してみてレビューしますね。

ふつうのミルクティーも美味しいですが、レンコンミルクティーはほのかな甘みがあってとても優しい味わいです。苦茶は無理!という方は是非こちらをどうぞ。

澎湖の漢方苦茶之家まとめ

人気なのでひっきりなしにお客さんが訪れます。手際が良いので待ち時間はほぼなし!

まとめ

  • 苦茶はとにかくニガイ、でも慣れると爽快
  • 持ち運びに便利な養生茶は飲みやすく、日本へのお土産にもOK
  • ピンク色のレンコンミルクティーが癖になる風味
  • 甘さ控えめのメニュー
  • 秋冬の季節には、冷たいとぬるいが選べる (一部)
  • 夜遅くまで開いているのでお風呂上がりのドリンクにどうぞ

おばちゃんのキャラが濃くはじめは怖い人かと思ってちょっとびびっていましたが、すぐにおしゃべり好きのふつう?の台湾人のおばちゃんだと気づきました。

日本の乳酸菌は高品質と言っていたけど私にはヤクルトくらいしか分からず話についていけなかったw

澎湖に住むほかの常連さんは緑豆湯や青草茶を買って行く人が多く「あなた苦茶なんてよく飲めるわね〜」と言われていました。甘くないほうが好きだからなぁ。

ほかのメニューも全体的に甘さ控えめなので、そういう面でも日本人の好みにあいそうです。レモンティーも、甘ったるくなく酸っぱさが際立った味で気分転換にとても良かったですよ〜!

澎湖のフルーツジュースは梅乃之(マヨネーズ)一択!絶対に後悔しないドリンクスタンドだと思います。

澎湖(ポンフー)の生搾りフルーツジュース「梅乃之/マヨネーズ」|マンゴー味の台湾アイススムージーでカラダを夏にシテ!梅乃之(メイナイヅー/méi nǎi zhī)は、澎湖で私が一番お気に入りのドリンク専門店です。愛称の「マヨネーズ」という綴りがなんだか...

澎湖旅行ガイドブック

関連記事