うちごもりLIFE

出かけるよりも家ごもり、ウチごもりで暮らしたい主婦のブログ。

うちごもりLIFE

【台湾】澎湖(ポンフー)で大人気のサボテンアイス専門店「易家仙人掌冰」|粘り気があるここだけのサボテン果実食感

【台湾】澎湖(ポンフー)で大人気のサボテンアイス専門店「易家仙人掌冰」|粘り気があるここだけのサボテン果実食感

澎湖(ポンフー)を散策していると、至るところで様々な種類のサボテンを目にします。
澎湖のサボテンは、元々は自生していたものではなく、1645年にオランダから持ち込まれた外来種です。

 

現在は6種類あり、内1種類のサボテンの実が食用に適しているため、それを使った濃厚なサボテンアイスクリームが「易家仙人掌冰」の名物となっています。

サボテンが赤いのではなく、果実から作られているので赤いんですよ〜!

この鮮やかなピンク色が特徴のサボテンアイスは、澎湖を訪れたら絶対に食べたいモノのひとつ。サボテンアイス自体は、馬公市内の中心部など、そのほかのお店でも食べることができます。

 

ちなみにこの写真、手をぷるぷるさせながらiPhoneSEで撮りました。私が撮った中で一番インスタ映え的な写真ですw

 

澎湖でサボテンアイスといえばここ!

易家のサボテンアイスは、その中でも澎湖人や台湾人観光客に昔から親しまれており、「美味しい!」と人気があります。

「跨海大橋を渡る前に食べ、その帰りにも食べるくらいお気に入り」と話していた馬公(澎湖の中心地)に住む澎湖人もいました。

 

仙人掌冰(2球) 40元

※じわりじわりと値上がりしていっていますw

サイズは小ぶりです。さっと食べられ、あっという間になくなります。そのため、価格設定が高すぎるという不満の声もチラホラ。

40元といえば、日本の物価で考えると500円くらい?観光地で食べるなら妥当な気もしますけどね。

 

一口食べてみるとわかりますが、易家のサボテンアイスは、ほかのお店のものとは全然違います。

氷の粒入りでシャリっとしていて粘り気がある、独特の食感が一番の特徴です。写真でも少し雰囲気が伝わるかもしれません。

 

シャーベットに近い味わいで、濃厚ながらも味はさっぱりと甘酸っぱい。サボテンの実をダイレクトに感じられる風味です。

 

私は好きな味ですが「ふーん、名物って言うほど美味しくはないね!」と毒舌な感想を言われたこともあるので、あんまり期待値を上げすぎないように「好みは人それぞれ」と書いておきますね。

 

というか、街中のとあるお店のサボテンアイスはもっと美味しくないから!というか食べられなかった!基本的にサボテンジュースなんてもう…と言いたかった(笑)

 

易家はサボテンアイス専門店ですが、サボテンジュース、風茹茶、燒酒螺、ジャン(ピリ辛のオイルソース)などの食品販売も一部あります。

 

アクセス方法|場所・地図 

馬公市の中心部からは距離があります。スクーターかバス、タクシーでのアクセスとなります。跨海大橋を渡るときには寄りたくなるお店です。

※ 11月頃から冬季休業に入る場合があるのでご注意ください。

易家仙人掌冰
住所:澎湖縣白沙鄉通樑村191-2
(跨海大橋へ向かって左側の道すぐ)

 

「易家仙人掌冰」外観と店内の様子 

赤むらさき色のサボテン御殿が目印。

10月初旬に訪れた際は、たくさんのトンボが飛んでいて秋の気配を感じました。澎湖の10月でこれだけの青空は少し珍しいです。

夏まっさかりのハイシーズンには、観光バスに乗った団体客も訪れるので、タイミングにより行列ができます。順番はすぐに来るので大丈夫。

外のベンチのほか、店内にも座席があります。

 

2013年までは屋台での営業でした。

今も店内の隅っこにあって、なんとなく思い出し懐かしさを感じます。 

 

招き猫効果!?可愛い看板ネコちゃん

 2〜3匹いるのかな?いつも店内か付近で寝っ転がっています。とてもおとなしく、近くへ寄っても逃げないにゃんこです。愛らしくてモフりたくなりますが、嫌われたくないので見つめるだけで我慢しましたw

 

台湾モチーフのひとつ、バロッコ柄のタイルもとても素敵。台湾の街並みは、一歩路地に入ると、古くて薄汚れていますが、レトロで美しいと感じる部分も多いです。これから建て直しが進んで行き、新しくなると同時に失われていく景色に寂しさを感じたりするのかもしれません。

ちなみに、澎湖は観光業が盛んで整備がされていること、お金持ちも多いので全体的にきれいなほうです。

 

「自由冰品」も有名!|澎湖のサボテンアイス発祥のお店

「易家仙人掌冰」がサボテンアイスのお店としては一番有名になったといっても過言ではないですが、発祥のお店が近くにあります。

 

易家の前の道を、大橋とは反対方向へ進むと、樹齢300年以上のガジュマルの大木で守られている保安宮という廟へ着きます。

そちらのすぐ横の「自由冰品」です。

こちらが元祖!?のサボテンアイス♪ 2球 30元

さっぱりとしていて甘酸っぱい風味が楽しめます。食感がねっとりと濃厚な「易家仙人掌冰」よりも、こちらのお店のサボテンアイスのほうが好みだという友人もいました。

 

お腹に余裕があれば、是非両方食べ比べてみて下さい。私は、易家のほうが断然好みでした☺

 

自由冰品では、サボテンアイス以外にも色々な味のアイスから選べるので「サボテンアイスはもういいかな…でも冷たいアイスが食べたい!」という方にもおすすめです。

 

また、こちらのお店は年中開いていることが多いので、もし易家が閉まっていてもサボテンアイスを食べられる可能性が高いです。そうなると正直ちょっと残念ですけどね…

 

「自由冰品」の場所

 

自由冰品
住所:澎湖縣白沙鄉通梁村39-1
(ガジュマルの大木・保安宮の道をはさんですぐ横)

 

樹齢300年超え!ガジュマルの大木の木陰が涼しい

夏には格好の避暑地となる場所。張り巡らされたかのように伸びた枝でできた屋根の下がとても涼しいです。

何本もの木が合体したのではなく、元々が1本の大木だというのだから驚きです!現地へ行ってみると、写真で見る以上の迫力を感じますよ。

こちらの場所の付近には、複数の屋台があるので、澎湖名物の風茹茶や花枝丸などの小吃を買って食べたり、けっこう楽しめます。 

赤い布がリボンのように巻かれているのが元々の幹、とされています。季節風もあり土の状況も決して良くはない中、ここまで大きく育ったのには神秘さを感じますね。

そのほかにも色々な言い伝えがあります。

 

…が、正直にいうとはじめはあんまり意識したことはなく、ガジュマルの木陰が涼しいところで美味しい小吃を食べて大満足~!といつも思っていました(笑)

 

澎湖水族館(休館中)へ行く道のところにも規模は小さいですが、同じようなガジュマルの場所がありますよ。

 

▼澎湖(ポンフー)への行き方  

 

▼澎湖(ポンフー)の食堂まとめ