うちごもりLIFE

うちごもりでライティングが仕事の30代主婦が台湾(澎湖)・神社参拝・その他をまとめている雑誌系趣味ブログです。

うちごもりLIFE

【台湾】澎湖(ポンフー)で石焼海鮮ビビンバがおすすめのパンダカフェ| 胖達咖啡餐飲店

【台湾】澎湖(ポンフー)で石焼海鮮ビビンバがおすすめのパンダカフェ| 胖達咖啡餐飲店

台湾は、ふだんのおやつや食堂のごはんはとてもリーズナブルですが、綺麗めのカフェや日本食、ラーメン屋さんのメニューは日本と比べても同等かそれより高いことも珍しくありません。

 

はじめての台湾旅行では「どこも安くて台湾って最高〜♪」と、高級小籠包でおなじみの鼎泰豐(ディンタイフォン)であっても感じていましたが、暮らしてみるとその基準が厳しくなっていきました。

200元(約730円)だと少し考え、400元にもなると高級ごはんです。どこにいても節約は大切ですからね!(笑)

 

澎湖で一番賑わいをみせるのは馬公市のメインストリート中正路。

そこから歩いてすぐの胖達咖啡店(パンダカフェ)は、メニューはちょうど良い価格帯で、提供されるお料理も美味しいと定評のあるカフェです。

私はカフェ利用というより、もっぱら夕食を食べるときに利用。

 

台湾では、台湾ごはんを食べるのが自炊でも外食でも安く済むと言われていますが、やはりほかのもの、むしろほかのもののほうが食べたくなります。ないものねだりをしがち生活していました。

 

そんなときに満足感を得られる食事です。ただし、日本の外食はどこもレベルが高いので、それと比べなければ…ということで(;´∀`)

 

胖達咖啡餐飲店の場所|アクセス

メインストリート中正路から歩いてすぐ。

 

胖達咖啡餐飲店 (胖達咖啡簡餐店)
住所:澎湖縣馬公市復國路25

営業時間:11:00~14:00
     17:00~21:00 (LO 20:00)

 

海鮮ビビンバをセットで注文①|ビビンバが人気らしい

澎湖人の友達が「ここはビビンバが美味しい」と言っていたので、おすすめされた通りに注文。実際なかなか美味しかったので、以降ビビンバしか注文しなかったという…。次に行くとしてもやっぱりビビンバを食べるんだろうな(笑)

 

ビビンバは数種類ありますが、一番美味しいと感じたのは海鮮ビビンバでした。

 

注文方法は?

台湾ではよくある半セルフです。好きな座席(予約席以外)に座り、テーブル上の注文用紙に数量を書き込みレジへ持っていき、内容を確認しながらお会計をします。

ちなみにビビンバの卵は、生か焼くか選べます。

両方注文してみたことがありますが、やはり生のほうが美味しく感じました。しかし、サルモネラ菌にあたるリスクをなくしたいなら焼いたものを推奨します。

 

卵に関して私の場合は平気でした。実は澎湖でお腹を壊して何度か通院したことはありますが、卵のせいではなかったです(笑)

 

海鮮ビビンバをセットで注文②|セット内容

セットメニューのメイン以外がこちら。

  • ドリンク
  • 野菜スティック or パン
  • ポタージュスープ

 

野菜スティックの代わりに、パンでもOKです。野菜スティックは野菜そのもの!という感じで私は好きですが、苦手な人もいますね。

 

海鮮ビビンバをセットで注文③|熱々のメイン!

海鮮韓式石鍋拌飯、熱々の石焼ビビンバです。具の乗せ方がすごくおおざっぱで良いですね。親近感がわきます(笑)

ごはんの上に、海鮮シーフード(いか・あさり・えび)・たまご・キムチなどの具が乗っています。すぐ、よく混ぜていただきます!

 

海鮮の中でも、大粒エビの張りつめたような歯ざわりと特有の甘みが好き。

昔、バラエティ番組で「エビの食感を表現するとき皆プリップリとしか言わない」みたいなのをやっていて、それを観てからなんとなくエビをプリップリ食感と言いづらくなってしまった…(苦笑)

でもやっぱり、プリップリ以上にぴったりの言葉はないような気もする。

 

卵を焼いたバージョン

台湾の生卵はお腹を壊す可能性があるので、本当はなるべくしっかりと加熱したほうが安心。

私は半熟でもなんでも平気でしたが、運が悪いとあたる人もいます。

そもそも生卵を食べるなんてあり得ない!という台湾人もけっこう多いのですが。生ウニと同じように「不敢吃(食べられない)」と言われることも。 

また、日本の卵の黄身の色味はとても濃いということに台湾で気づいた。カナダ留学をしていた友達にも聞いてみたことがありますが、やはりとても淡い黄色で全然違うので不思議に思ったそうです。

 

お肉系ビビンバ

海鮮のほかに、豚肉や鶏肉の乗ったお肉バージョンの石焼ビビンバもあります。

ただ、台湾のお肉はあまり美味しくないので、海鮮が苦手でなければ海鮮ビビンバのほうがおすすめです。 

 

セットで200元(約730円)ほどなので、カフェごはんと考えると、お手頃価格ですね☺ 日常生活においては前述したように、私からすると"ちょっと考える価格"ではあるのですけれども(笑)

 

澎湖の韓国料理店は?

澎湖でも韓国料理のお店はありますが、あまり見かけなかったので、日本料理店よりは少ないと思います。

ただ、韓国式の酸味の強い手づくりキムチを提供している食堂もありますし、火鍋屋さんには必ずといっていいほどメニューにキムチ鍋があり、キムチは台湾でも定番です。

 

韓国のキムチは韓式泡菜と呼ばれています。酸っぱくて甘みのある台湾のキムチ、台式泡菜は臭豆腐のつけあわせとしてよく登場します。

 

京晁という鍋の真ん中で焼肉をして周りで鍋をするという変わった鍋のお店はなかなか美味しいです。サイドメニューやキムチもたくさんの種類があり、食べ放題で450元(約1630円)くらいでした。

誕生日の人を連れて4人以上で予約して行けばひとり分無料というので誘われた。台湾にもけっこうバースデー特典があります。

 

京晁は「日本にもあるよ」と誰かに聞いた記憶があるので、改めて調べてみたものの、澎湖のお店以外出てきません。こんな風に食べる韓国式スタイルのお店があるということだったのかもしれないですね~!