うちごもりLIFE

出かけるよりも家ごもり、ウチごもりで暮らしたい主婦のブログ。

うちごもりLIFE

台湾のレシートは宝くじ|日本人でもOK!当選確認・当選金受け取り方法

台湾のレシートは宝くじ|日本人でもOK!当選確認・当選金受け取り方法

台湾在住者・台湾リピーターの2ヶ月に1度のお楽しみ!?レシート宝くじ。

レシートにくじがついている理由は、なにやら脱税防止のため…ということらしいのですが、政府もうまいこと考えましたね(笑)

 

レシートはゴミ箱へポイする前に、念のため当選確認をしておきましょう。もし当たっていれば、日本在住の旅行者でも当選金が台湾で受け取れます!

買い物をしてレシートをもらうだけで、最高1000万元(約3600~3700万円)が当選するかもしれないという、消費者にとっては素敵システムなのです。

 

正確には、5等以上は印紙税0.4%、4等以上は印紙税に加えて所得税20%が別途かかるので、受け取り額は日本円に換算して今のレートで2900万円台くらいになりますがそれでもかなりの高額!

 

とはいえ、やはりそう簡単には当たらない。200元が1~2枚当たれば良いほうかも。

しかし、今回は思いのほかツイていたようで、合計で1800元(約6600円)当たっていました!ちょっとびっくり。興奮して10回くらい見返しました(笑)

 

友達の間では、最高で3等の1万元が当たったことがあるということは聞いたことがあります。確率は低くてもゼロではないので、ぜひ確認してみてください♪

 

当選発表は年6回・奇数月の25日

台湾財政部のサイトから確認ができます。 

 

▼最新:2018年5-6月分

もし当選していたら、2018年8月6日~11月5日までの間に、台湾の郵便局で換金して下さいね ♪

 

 例:2017年5月25日の当選発表(2017年3ー4月分のレシート)はこちら。

各賞について

  • 特別賞…1000万元(8桁の数字がすべて一致)
  • 特賞…200万元(8桁の数字がすべて一致)
  • 頭賞…20万元(8桁の数字がすべて一致)
  • 2等…4万元(頭賞の番号の下7桁が一致)
  • 3等…1万元(頭賞の番号の下6桁が一致)
  • 4等…4000元(頭賞の番号の下5桁が一致)
  • 5等…1000元(頭賞の番号の下4桁が一致)
  • 6等…200元(頭賞の番号の下3桁が一致)
  • 増開6等…200元(発表の3桁の数字が一致)

 

分かりやすい当選確認方法

近年は電子化が進んできているものの、結局のところ、旅行者の方やそんなに買い物をしないタイプの人には、アナログな方法が一番分かりやすくてスムーズだと感じます。

 

※セブンイレブンなどのQRコードがついているレシートについては、読み込んで判別するスマホアプリがあります。 

發票+
發票+
開発元:SimpleAct Inc.
無料
posted withアプリーチ

まず、レシートを年月できちんと分けておきます。前回発表のものが混じっていたり、次回発表分だったりするので気を付けます。

そして当選番号を見ていきます。まず下3桁のみチェックしていくので作業自体はかなり早く進みます。

 

大量にあるレシートもすぐハズレシートとしてはけていく…。「やっぱり当たらないかなぁ」と思いつつ見ていくので、当たりが混じっているとかなりテンションが上がります ♪

 

特別賞・特賞のレシート内訳が楽しい

また、どこのお店が発行したレシートが特別賞・特賞なのか、どんな買い物をしたときなのかという一覧も後から確認できるのが面白いです! 

 

こちらは、2017年1-2月分の特別賞。

頭のアルファベットの部分の違いもあるのを忘れていて、ずっと当選は1枚だけだと思っていました!この回は17枚もあるのか。

 

ガソリン4元とかコピー8元という買い物で、なんと1000万元(※税金がかかる前)当選しちゃうんですから…

 

人生ってどこでなにがあるのか本当にわからないものですね。そしてきっと当たっているのに、捨てたり見なかったりして当選を知らない人もいるんだろうなと思います。

 

外国人旅行者もOK♪当選金受け取り方法

当選金の受け取りは、台湾各地の郵便局で行います。

持ち物は、当選レシートのほかに、パスポートか居留証が必要です。

 

窓口でレシートを見せたらすぐに分かってくれます。

レシートの裏側に名前・住所などを書く欄があるので、指示通りに記入し、確認が終わるとその場で当選金が受け取れますよ〜!

 

2等以下の受け取りは、どこの郵便局でもOKなのですが、特別賞・特賞・頭賞(1等)は指定の郵便局へ。

→ 中華郵政全球資訊網

 

受け取り有効期限が3ヶ月なので忘れないように行かなければ!ですね。 また、6等200元の当選レシートは、コンビニでもお買い物に使えます。でも一度に200元も使わないかなぁ。

 

悠遊卡・一卡通 (日本でいうSuicaや ICOCA)へのチャージもできますが、電車がないところに住んでいたのと、電子マネーは残高確認や後々使い切るのが面倒なので、やっぱり換金する派です。

 

換金してみよう!

郵便局へ行き、換金してきました。

  • 何月分のレシートか
  • 金額
  • 名前
  • 統一番号(なければパスポート番号)
  • 電話番号
  • 住所

を、あらかじめ書いてから行きました。上ふたつは書かなくても別に良かったと思います。レシートを窓口で渡したら、ニヤッと微笑まれました(笑) 

 

1000元当たっていた分は、税金として「4元出して!」と言われ支払いました。一番当選確率が高い200元の当たりレシートには税金はかかりません。

 

1000元以上が当たったのは初めて!

今回は5等の1000元が1枚と、6等の200元が4枚当たりました。 5等以上はなかなか珍しいらしいので、めちゃめちゃ運が良かったです。 

ちなみに1000元が当たったレシートは、セブンイレブンで49元セットを買ったときのものらしい(笑)

 

レシートが要らないときは…

本当は、私にくださいと言いたいところですがお手間をお掛けすることになるので大丈夫ですw

 

レシートを寄付する箱に入れる

募金箱ならぬ、募レシート箱があります。意識していないので、見た記憶が出てこない。。文房具屋さん(本屋さん)にあったような。

 

ほかにあるとしたら、全聯福利中心など大きめスーパーのレジ横や出入り口付近でしょうか。台湾人はレシートでも現金でも寄付をけっこうしている印象。

 

しかしなにやらこの箱にもニセモノがあるらしいと台湾人から聞いたことがあるので、もし自分が入れた箱がソレだったら悲しいなぁ…と思いました。良心を信じるしかないですけどね。

 

台湾人にあげちゃう

私もしばらく台湾に来ないときに、台湾の友達にあげたことがあります。

 

「当たったら恵まれない子どもたちへ全額寄付するね!」と言っていたなぁ。その横で共通の日本人の友達が「ぜったいしないでしょw」とつっこんでいましたが(笑)

とりあえず、とても喜んでくれると思います。

 

買い物だけで夢が見られるレシート宝くじ

日本では「買わなきゃ当たらない」と言われる宝くじですが、台湾ではわざわざ買わなくても日常の買い物だけでも夢が見られますね。

 

台湾にも買う宝くじはありますが、私は特別なことがない限り宝くじは買わない派なので、これからもひっそりとレシートで楽しみます。