AliExpress (アリエクスプレス)

AliExpress(アリエクスプレス)の支払い方法にLINE Payカードを使っている理由


中国大手アリババの海外向け通販AliExpress(アリエクスプレス)を3月から使い始め、1ヶ月でゴールド会員、3ヶ月でプラチナ会員になりました。

「中国サイトか…」と躊躇していたのが嘘のように活用しています。iPhoneケース・マスキングテープ・シール・アクセサリー類といった小物を特によく購入しています♪

スマホのアプリ内からだと、日本の通販サイトと同じくらい簡単です。

AliExpress Shopping App
AliExpress Shopping App
開発元:Alibaba
無料
posted withアプリーチ

AliExpressでの支払い方法は、クレカ決済(VisaJCBMaster)です。デビットカードやVプリカも使えます。

JCBブランドのカードが使えるため、私はLINE Payカードを登録しています。

一般的なVプリカを使ったこともありますが、手数料がかかるので、LINE Payカードを使うことにしました。

この記事では、LINE Payカードを使っている理由や感想を書いていきます☺

AliExpressの会員登録・基本的な使い方は、こちらにまとめています。

AliExpress(アリエクスプレス)の会員登録と基本の使い方|スマホアプリからが超簡単!AliExpress(アリエクスプレス)は、中国大手企業のアリババが展開する海外向けの通販サイトです。日本の楽天市場のように、たくさんの...
しょこ
しょこ
これを読めば、はじめての中国通販も簡単♪

最新情報
2019年11月現在、新しいユーザーさんには招待クーポンが発行されています。
(私からの)招待クーポンの引き換えコードは、INXHJ1O9です。

※スマホアプリ内
アカウント>招待コードを引き換えます>ここにコードを入力して下さい>今すぐ交換

確認してみると、

  • 442円OFF(552円以上で使える) 期限は15日間
  • 331円OFF(1,104円以上で使える) 期限は1ヶ月
  • 552円OFF(2,207円以上で使える) 期限は1ヶ月
  • 331円OFF(442円以上で使える) 期限は登録した翌月の1日まで?

4枚がAliExpressクーポンに追加されました。上3枚に招待クーポンと記載があります。日本円設定下の場合であることやレート変動もあるので、金額はこの通りではないと考えて下さいね。

LINE Payカードについて簡単にまとめ


LINE Payカードは、あらかじめチャージして使うJCBのプリペイドカードです。

AliExpressで使用する場合も、通常のクレジットカードと同じように番号・期限・名前・セキュリティ番号を入力すると、その場で引き落としがされます。

ほかの通販サイトで使ってみたところ、Amazonは商品発送時、楽天は店舗が注文確認後の引き落としでした。

バーチャルカードとプラスチックカードの2種類があり、バーチャルカードは、LINEウォレット(LINEアプリ内)から即時発行できます。

プラスチックカードは、スマホ決済に対応していないJCB加盟店で使うことができます。通販サイトで使うだけなら、バーチャルカードのみで問題ありません。

LINE Payアカウントには、LINE CashLINE Moneyがあります。初期設定のLINE Cashアカウントのままだとアリエクスプレスでは使えません。

本人確認(銀行口座の登録など)を行うと、LINE Moneyアカウントに転換されて使えるようになります。

LINE Payにクレジットカードを登録して支払う方法(チャージはできない)もありますが、LINE関連の支払いにしか使えないという情報があったので私は登録していません。

AliExpress(アリエクスプレス)でLINE Payカードを使うメリット

メリットをまとめると、

  • 手数料無料
  • 通常のクレジットカードを海外サイトで使わずに済む
  • 通常のクレジットカードを持っていなくても買い物ができる
  • バーチャルカードは即時発行→チャージ後すぐ使える
  • プリペイド式なので必要最低限だけに抑えて安心 (通常のクレカと違い借金ではない)
  • オンライン利用の一時停止・再開が簡単
  • 利用明細がすぐLINEで届く
  • 返金時はLINE Pay残高にチャージされる

アリエクスプレスでは、クレジットカードを使っても大丈夫とされています。

というのも、日本のフリマアプリと同じで、売上金はいったんアリエクスプレスが預かり、購入者が受け取り通知をしてから販売者へ支払われるシステムのため、販売者にはカード情報がいかないからです。

とはいえ、初めは不安だったのでプリペイドカードでの決済を選択しました。

現在は、購入後や返金時にLINEで通知が届きとても分かりやすいというのが気に入ってそのまま使い続けています。

AliExpress(アリエクスプレス)でLINE Payカードを使うデメリット

デメリットと思うことは、

  • 事前にチャージが必要
  • ランクによっては通常のクレジットカードのほうがポイント還元率が高い
  • 20%還元などのキャンペーン時に還元されるか不明瞭

ほかには「そもそもLINEやLINE Pay自体を信頼できない」という場合もあると思います。

今のところ、銀行口座を登録してチャージして使う分には、大きな問題があるとは感じていませんが、そのあたりは考え方なので個人差がありますね。

LINEが嫌いな人や通常のポイント還元率、クレジットカードでのチャージ可能かで考えるなら、Kyash(キャッシュ)というサービスのほうが現時点では良いかもしれません。

実際にAliExpressで使えることは確認済みです。LINE Payカードでははじかれてしまった1円の支払いも問題なくできました。

AliExpress支払い方法2019年 手数料無料「Kyashキャッシュ」を使ってみたAliExpress(アリエクスプレス)の支払い方法は、2019年現在PayPalは使えず、クレジットカード決済です。Visa・Mast...

返金時はLINE Pay残高にチャージされる

今までに5度紛争(Open Dispute)し、返金対応となりました。悪質なことは少ない印象ですが、中身が空っぽの袋だけ送られてきたときにはさすがに驚きましたw

たとえ100円であっても泣き寝入りせずしっかり言うので損は全くしていません。

プリペイドカードだとちゃんと返金されるのかな?と少し不安もありましたが、問題ありませんでした。申請が通ってから約10日前後で戻ってきています!

お支払いをキャンセルしましたという通知が届きます。LINEポイントはその分引かれます。

ポイントを使い切ったりしている場合は、マイナス換算されます。私は常にLINE Pay残高に交換しているのでこうなった(笑)

LINEポイントのところから動画を観て2ポイント分返済しておきました。

LINE Payカードで不正利用を防ぐためにしておくこと

不正利用時はLINE側が補償するとされています。しかし不正利用された方の記事を読みましたが、対応はあまり良いものではなさそうでした。

不正利用を防止するため、アリエクスプレスで使うとき以外は、LINE Payカードのオンライン利用を停止しておくようにしています。

LINEアプリ→ウォレット→LINE Payの金額部分をタップ
設定>LINE Pay>LINE Payカード>ログイン画面>カードを利用

失敗談…日本円の設定で購入したほうがお得だった!?

この間、ふだんのスマホアプリからではなくサイトから購入したら、支払いがアメリカのドル建てになってしまい、支払い金額が円建てより割高に。

円建てとは海外ショップなどで買い物をするときに、金額を円表示&支払いも円でおこなうこと。ドル建てはその逆で、金額をドル表示&支払いもドルになります。

今後ドル建てにしたほうがお得な時期もくるかもしれませんが、今現在は円建てのほうが安く買えるようです。アリペイのレートはお得なのかも。

LINE Payカードはプリペイド式なので即時決済で差額がすぐ分かり、円建て449円・ドル建て3.99ドル(464円)でした。

損をしたのは15円なので安い勉強代だったと思えますが、高額商品や色々なものを一度に購入する場合はそこそこな差額が出てしまうのでご注意ください。

アリエク沼にはご用心!?


マステ沼の次はアリエク沼+マステ沼というわけでパワーアップ!

今から11月11日の独身の日セールはどうしようか考えています。

ただ、セール前にわざと価格を釣り上げて安くなったように見せかけている店舗も多いと気付いたので、目星はあらかじめつけておかないとダメですね。

また、中国国内がセールのときは、トラブル率が上がりそうなのが悩みどころです。

絶対に避けようと思っているのは、旧暦のお正月"春節"の時期です。発送が大幅に遅れるそうなので、その間は我慢する予定です。

今まで購入したものから、おすすめアイテムをまとめました。

[送料無料]AliExpress(アリエクスプレス)で買えるおすすめアイテム10選 AliExpress(アリエクスプレス)は、中国大手企業のアリババが展開する海外向けの通販サイトです。日本で例えるなら楽天市場・Ya...

オリジナルグッズ作成に潜むワナにも注意。

勝手に商品化!?AliExpress(アリエクスプレス)でオリジナルグッズ作成は要注意AliExpress(アリエクスプレス)は、中国大手アリババが運営する海外向けの通販サイトです。商品は激安、送料も無料の場合が多いです。...
関連記事