うちごもりLIFE

出かけるよりも家ごもり、ウチごもりで暮らしたい主婦のブログ。台湾澎湖(ポンフー)島で暮らしています。

【台湾】意外に美味しい臭豆腐!日本人に勧めたくなる澎湖(ポンフー)の刺激的な黄金臭豆腐

【台湾】意外に美味しい臭豆腐!日本人に勧めたくなる澎湖(ポンフー)の刺激的な黄金臭豆腐

はじめての台湾旅行で誰しもが衝撃を受けるのが臭豆腐のにおいではないでしょうか (´∀`; )

私も昔、夜市の屋台から漂う強烈なにおいに涙が出るほど悶絶したことを覚えています。興味はあるけれど、手を出してはいけない…そんな風に思いました。

 

臭豆腐は発酵液につけて香りづけしたもので、そのにおいはまるでトイレ+たまねぎ・ニンニクを腐らせた感じ…。

 

しかし、実は調理中のにおいは強烈なものの、食べてみると意外に大したことはありません。ひと口目がちょいクサ?と感じるくらいです(たぶん…)

 

ネット上では、おぞましいとか電車が止まったとか書かれていますが、台湾で食べられている臭豆腐は、そんな大騒ぎするほどのものではないですよ〜!

北京など北の地方の臭豆腐はさらに強烈らしいので、そちらのものではないかと思われます。どちらも持ち帰りは絶対したくないけど。

 

初めて食べるなら、揚げていない麻辣臭豆腐や臭臭鍋はにおいが強めなので、避けたほうが良いとは思います。

 

臭豆腐には、揚げたものとそうでないものがあり、揚げたものは、においもマイルドで食べやすいんです。

そのため、絶対に無理と思っていても食わず嫌いなだけ、という可能性があります。

 

澎湖(ポンフー)へ訪れたら、京華牛肉麵の黄金臭豆腐で、ぜひチャレンジしてみてください♪

huáng jīn chòu dòu fǔ

5個入り 50元(約190円)

 

正直、においはしっかり強めの臭豆腐ですが、一度口にしてみるとクセになってしまうなんとも言えない風味なんです。写真を見ているだけで、お腹がすいてくる(笑)

 

こちらのお店の臭豆腐が食べられるようになれば、おそらく台湾のどこのお店のものでも大丈夫!まぁまぁ刺激的なので。

 

付け合わせの、台湾のザワークラウト(酸っぱいキャベツ)版のお漬物、台式泡菜と一緒にいただきます。臭豆腐に開いた穴に、入れ込んで食べるのが通!?

 

はじめの一口目、冷めないうちに食べる2個目くらいまでがサクッとしていてとても美味しい。

 

実は私の人生初の臭豆腐もこちらのお店のものでした。

台湾人の友達に、「ここの臭豆腐は美味しい!台湾人の観光客にも有名」と連れてきてもらい、おそるおそる口にしたら大好きになりました。

 

納豆嫌いで当然臭豆腐にも顔をしかめていた友人もすっかりハマってしまい、今では台湾を訪れると一皿をひとりでパクパク食べるようになったそうです(笑)

続きを読む

台湾のゴミ捨て事情と澎湖(ポンフー)馬公市にも対応の便利アプリ

台湾のゴミ捨て事情と澎湖(ポンフー)馬公市にも対応の便利アプリ

台湾の中国語でゴミは「垃圾 / lè sè 」

中国大陸では「 lā jī 」と発音が全然違います。

 

さて、生活していると必ず出るのがゴミ。自治体ごとに取り決めが違うので、澎湖(ポンフー)馬公での日常のゴミ捨てについて書きます。

 

ただ、うちから出るゴミは一般ゴミなので、あまり細かい分別について知らず、間違っているところがあるかもしれませんが…

 

▼澎湖で生活するならまず要インストールなアプリ!自治体が出している公式です(非対応の地域もあり)

台湾では、ほぼ毎日一般ゴミを捨てられます。家に余計なゴミを置いていたくない人にとっては最高!

……なのですが、実はちょっと面倒なところがあります。

続きを読む

【台湾】澎湖(ポンフー)の海上レストラン♪ 海洋牧場で牡蠣BBQ再び!

【台湾】澎湖(ポンフー)の海上レストラン♪ 海洋牧場で牡蠣BBQ再び!

2017年夏の思い出。日中の陽射しは強いですが、8月の終わり頃からだんだんと秋の気配を感じるようになりました。

 

先月は、日本から遊びに来た友人と澎湖観光したりお茶したり、楽しいことが多い月でした。みんなでまたまた牡蠣BBQへ!

友人たちは、リピート澎湖のため、ずっとべったり一緒ではなく、各々楽しんでいたという感じです。澎湖ビールの試飲&発表会へ行ったりもしたなぁ。

 

また年末に来てくれるそう!?なのですが、逆に私はお正月は日本に帰っていると思います(笑)

 

さて、澎湖(ポンフー)には色々と観光向きの遊ぶところがありますが、友人を連れて行って好評なところのひとつが「海洋牧場」です。

 

海洋牧場は、焼き牡蠣と海鮮粥が食べ放題!

基本的に牡蠣BBQが中心なので、牡蠣が苦手な方にはおすすめできません。

 

街の中心部に近い南海遊客中心から船が出ているほうへ行く人々が多いですが、私たちは、のんびりゆったりできて、焼く網のスペースが広い (←くいしんぼうには重要w) のがいいよね、と菜園星光海洋牧場へ。

 

▼前回の記事はこちら 

料金や場所についても詳しく書いています(^◇^)

www.ouchi.link

今年2回目だったので、「あれ?来たことあるよね?」と聞かれました。牡蠣をひたすら食べてばかりいたから…?

 

澎湖は、牡蠣はもちろん、小管(シャオグアン)というイカが有名です。 

観光に訪れた日本人のほとんどがイカ夜釣りをしたいと言います。

www.ouchi.link

海洋牧場でもイカ釣り体験遊びができます。あと、超絶美味しい焼きイカが食べられるんです~!

自分の釣ったイカが食べられるわけじゃないけれど、おそらく元々はそのイカ達です…。

続きを読む

【台湾】高雄国際空港経由で澎湖島(ポンフー)へ!関空からピーチ利用→乗り継ぎ方法

【台湾】高雄国際空港経由で澎湖島(ポンフー)へ!関空からピーチ利用→乗り継ぎ方法

台湾の離島・澎湖島(ポンフー)へは、日本からの直行便はないので、まず台湾本島へ行き、そこから乗り継ぎをします。

台湾国内線の航空便を利用すると、松山(台北)空港からは約50分、高雄空港からは約35分のフライトで行くことができます。 

 

台北から乗り継ぐ場合、日本→松山(台北)空港の便は、羽田発の一部に限られているので、桃園空港を利用する方がほとんどかと思います。

 

桃園空港は基本的には国際線のみのため、澎湖島の馬公空港へは、松山空港からの台湾国内線を利用します。

 

桃園空港→松山空港までは、直通バスで約1時間(料金:125元)と移動時間もお金もかかるため、日本から澎湖島へ行くなら高雄行きの航空便に乗るのが一番早くてラクです(*^^*)

www.ouchi.link

また、高雄からは船便もありますが、利便性を考慮すると、空港から港までわざわざ移動するほどのメリットはないと私は感じるので、台湾国内線の航空便を利用しています。

 

船便は毎日運航しているわけではなく、時間も曜日により、9:00発・23:00発のいずれかです。興味があれば、公式サイトをご確認下さい( ˘ω˘ )

→ 台華輪

 

荷物がなければ、馬公から利用してみたいと考えたりもしますが、やはり国際線やMRT(地下鉄)に直結している空港のほうが便利かな〜?と思います。

 

乗り継ぎがあるということで、「ポンフー行ってみたいけどハードルが高くない…?」と聞かれることもありますが、初めての台湾ひとり旅で英語はもちろん中国語力ゼロの頃でもなんとかなったくらいなので大丈夫!

 

飛行機で行き来していて、こういうところが不安だったなぁということを思い出しながら書きました。

続きを読む

【台湾】澎湖(ポンフー)のヘチマと牡蠣炒めが美味しすぎて感動…

【台湾】澎湖(ポンフー)のヘチマと牡蠣炒めが美味しすぎて感動…

最近無性にハマっている食べ物はヘチマです。

先日食べたヘチマと牡蠣炒め(絲瓜炒鮮蚵)が今まで食べた中で、個人的にダントツで美味しく、その感動を記録しておきたくなりました (*´꒳`*)笑

ヘチマは、加熱すると茄子に近いトロッと感が出るのですが、トロトロになり過ぎていないのが好みです。

こちらのヘチマ炒めは油少なめ、蒸し焼き調理のため水分が出すぎず、旨味が逃げていません。

 

牡蠣との相性も抜群!今の季節、澎湖の牡蠣も粒が大きくふっくらとしているので、食べ応えがあって美味しかったです。素材の甘みを感じるあっさりとした味付けでした。

価格:160元(約580円)

 

ヘチマ炒めは、台湾でよく食べられている家庭料理です。

台湾の方のご自宅でごちそうになったり、海鮮レストランでメニューのひとつとして食べたり。

お店では、ハマグリやあさり(この二枚貝の区別、台湾ではけっこう適当w)と炒めたものがよく出てきます。

続きを読む