読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちごもりLIFE

出かけるよりも家ごもり、ウチごもりで暮らしたい主婦のブログ。台湾澎湖(ポンフー)島で暮らしています。

【台湾】夜の澎湖(ポンフー)観光!イカ夜釣り体験&花火観賞セットツアーに参加♪

【台湾】夜の澎湖(ポンフー)観光!イカ夜釣り体験&花火観賞セットツアーに参加♪

昨夜、和慶遊艇という会社主催のイカ夜釣り体験ツアーに行ってきました!

パンフレット写真真ん中の「夜釣小管」がイカ夜釣りのこと。

f:id:jamu333:20170501113103j:image

台湾では牡蠣などの海鮮が美味しいところとして有名な澎湖ですが、イカ(小管:シャオグアン)もその内のひとつ!

小管麵線というイカ入りのにゅうめんや、花枝丸(イカ団子)が特に美味しくて大好きです(*^^*)

 

食べるのは好きなものの、正直イカ釣り(というか釣り自体)にはほとんど興味がないので、今まで誘われても参加したことはありませんでしたが…(笑)、

海洋牧場の釣り遊びが意外と面白かったということもあり、一度は行っておいて損はないかも?と思い申込んでみました。

 

また、今の時期はちょうど澎湖一大イベントの澎湖花火節が行われているため、その曜日に合わせたツアーに申込むと、海上から豪華な花火を眺めることができるんです♪ 

www.ouchi.link

日本で船から花火を観るチケットは、かなり高額なので気軽にとはいかないですが、澎湖でなら約1500円で体験できます。

花火の打ち上げ時間は15分くらいなので、あっという間なものの、とても綺麗でやっぱり損はなかったと感じました♪

 

「夜釣小管」ツアーへの申し込み方法・料金

今回は、知人の旅行会社で申し込みましたが、街中のどこの旅行会社へ入っても申し込めます。

f:id:jamu333:20170502015118j:image

もちろん直接、南海遊客中心(離島への観光ツアーなどの拠点)で「夜釣小管」というプレートが出ている窓口で聞いて申し込んでもOK!

 

花火の日(2017年度は4/20~6/22まで)は、月曜日と木曜日で、19:00から2時間半のツアーが組まれています。

観光シーズン中、イカ夜釣りツアー自体は毎日運航していますが、特に花火の日は人気があるそうですよ~!

 

料金はひとり400元(約1500円)でした。 

申し込む場所や日によって金額には変更があるかもしれませんが(なにしろ大ざっぱなのが台湾…)400~500元が相場だと思います。 

 

集合場所: 南海遊客中心

 

Wハートが人気の七美など、離島への観光ツアーの拠点になっているので、たくさんのツアー運航会社のカウンターが並んでいます。

f:id:jamu333:20170501042757j:image

広々としていて綺麗です。1階にはトイレも2箇所あります。

f:id:jamu333:20170501042809j:image

これからシーズンを迎えると、もっと多くの人で賑わいます。

f:id:jamu333:20170501042815j:image

南海遊客中心内の売店で買ったうずまきアイス、30元(約110円)

が、実は全家(ファミマ)では25元で売っています…(笑)

 

乗船!レインボーブリッジの見える釣り場へ移動

澎湖生活で、夜に船に乗ることがなかったのでちょっとワクワクしました♪

シェラトンホテルもいつもより綺麗に感じたり。

f:id:jamu333:20170502182019j:image

約10分海上を進んでいきます。途中、けっこう揺れましたが、七美への船の揺れを思うと全然平気です。ただ、酔い止めはしっかり服用していました。

f:id:jamu333:20170502043318j:image

釣り場へ到着後、イカ釣りの説明があります。

ルアーでのイカ釣り(エギングというらしい)で、とりあえず水中に落としてタテに竿を動かす…みたいな感じでした。

 

▼レインボーブリッジを眺めながらイカ釣り体験

f:id:jamu333:20170502043339j:image 

f:id:jamu333:20170502015900j:image

海面が青く透き通っていてとても綺麗。

実は港に近いほうのイカ釣りは、なかなか釣れないとよく耳にします。やっぱり誰も釣れないというか、イカの気配もないまま(本当にこのあたりにいるのかw)しばらく経過。

 

だんだん、みんな飽きてきた頃に(台湾人は特に早いですね 笑)、小管麵線が登場〜!

f:id:jamu333:20170509040300j:image

自分たちでよそって頂きます。味がしっかり目であおさの風味が美味しい麺線でした。

f:id:jamu333:20170502043307j:image

おかわりできるので、3杯食べました~

 

イカのお刺身に期待していたけれど、出てきませんでした。

生魚片(刺身)が食べられるとパンフレットに記載されていなかったっけ!?と思って、帰宅後よく見てみたら「釣れたら」でした(笑)

 

ちなみに結局、誰ひとり釣れず…。実は釣りやすいポイントでのイカ釣りツアーはまた別にあるんです。

私は早々に諦めていたので、海上での時間をのんびりと過ごしました。

 

いよいよ21時からは…花火観賞! 

f:id:jamu333:20170502133912j:image

f:id:jamu333:20170502133918j:image

音楽はかすかに聞こえてきますが、静かな中でドーン、ドーンと上がるのを眺めるといった感じです。いつもは近くでしか観ないので、広い画面で観ているような気分でした。

 

▼自分のInstagramに動画をpostしました

花火の期間に澎湖旅行するなら、イカが釣れなくても満足できるかな?と思います。

 

澎湖観光夜市でイカ焼きを食べる&少し遊ぶ

小管麵線(イカにゅうめん)だけではなんとなく食べ足りないので、期間限定の夜市へ。

f:id:jamu333:20170502035848j:image

f:id:jamu333:20170502035836j:image

f:id:jamu333:20170502022038j:image

大きさにより160・180・200元と価格が違いました。一番小さくても食べ応えは十分あります。

 

▼風味(口味)が選べます

f:id:jamu333:20170502035905j:image

日本と違って、風味が選べること&切って食べやすくしてくれるところが台湾のイカ焼きの良いところ。

 

エビのすり身を巻き付けて揚げたような食べ物もまぁまぁ美味しかったです。

f:id:jamu333:20170502042043j:image

 

台湾風枝豆の炒め物 50元

八角入りで少し台湾の味がしました。

f:id:jamu333:20170502022246j:image

中国語で枝豆は、毛豆 máo dòu 

黒胡椒とニンニクの風味がきいていて少しピリ辛です。アルコールが欲しくなる〜!

 

水風船をダーツで割る、台湾の夜市おなじみの遊び。

f:id:jamu333:20170502042030j:image

どうしてもしたくなりやってみました。1回100元でカゴ2個分のダーツができます。

最初のほうは全く割ることができなかったですが終わる頃にコツを掴み、25個くらい割れたので、景品をもらいました。

 

あと、難しいのかな…と思っていた麻雀風のゲームのやり方がやっと分かった! 

f:id:jamu333:20170502042036j:image

12個裏向きのまま選んで、表の図柄と揃えることができたら景品がもらえるらしい。

可愛い女の子が牌を混ぜ混ぜしたり対応しているのですが、イカサマしないか、後ろでお兄さんがじーっと目を光らせていました。

 

▼澎湖の観光夜市は5/8(5/22までに延長)まで開催中です 

www.ouchi.link

 

イカ夜釣りへ出かける前の準備・持ち物について

イカ夜釣りツアーは約2時間半。その間船の上で過ごすことになります。トイレには行けないので、済ませておきましょう。

行けないと思うとしたくなる不思議…。戻ってすぐトイレに直行しましたw

 

イカ釣りの竿に触ったり麺線を食べるので、持ち物としてウエットティッシュがあると良いですよ。

 

酔いやすい体質なら、酔い止め薬の服用を。

メインストリートの中正路端っこのホテル「澎湖長春大飯店」の薬局で売っている酔い止め薬がよく効くので、私はいつもそれを使っています。

 

 

▼1回分25元(約95円) 

f:id:jamu333:20170501043232j:image

薬局にいるおじいさんもおばあさんも日本語が話せます。

f:id:jamu333:20170502015029j:image

体質的に、合う・合わないがあるのでおすすめはしないですが、こういうのもありますということで紹介しました(*^^*)

ちょっと強めなのか、服用後しばらくは私もなんだか気分が変な感じ(悪いまではいかないけど)がします。

 

ドラッグストアでも、一般的な船用の酔い止め薬が販売されていますが、心配なら日本から持参するといいですね。6回分500~600円です。

 

澎湖長春大飯店は新しいホテルではないですが、日本語OK(完璧ではない)なこと&街の中心なのでロケーション的には便利なホテルではないかと思います。 

f:id:jamu333:20170501043241j:image

 

澎湖諸島のホテル予約

澎湖島は台湾のビーチリゾートなので、たくさんのホテル・民宿があります!日本からは、ネットを利用すると便利です♪

 

世界最大手オンライン宿泊予約サイト

 

→ Hotels.comでお得なホテルを検索する

 

世界中で75万軒以上のホテルを最大75%OFFで取り扱っているオンラインホテル予約サイト 

 

《agoda》海外・国内ホテル格安予約のアゴダで検索する

 

澎湖観光におすすめの一冊♪