うちごもりLIFE

うちごもりでライティングが仕事の30代主婦が台湾(澎湖)・神社参拝・その他をまとめている雑誌系趣味ブログです。

うちごもりLIFE

【台湾】澎湖(ポンフー)のサンゴ浜と星空が綺麗な海岸通り|馬公の穴場スポット

【台湾】澎湖(ポンフー)のサンゴ浜と星空が綺麗な海岸通り|馬公の穴場スポット

澎湖には白いサンゴ石のカケラで覆われた浜辺がたくさんあります。サンゴ浜と聞くと「そんなすごいところがあるの!?」とワクワクしませんか?

澎湖の浜辺では特別な場所に行かなくてもけっこう目にすることができる光景です。南の島ならではともいえる砂ではないサンゴの浜。

 

サンゴ浜自体の存在を知ったのは、日本の有人島最南端「波照間島」へひとり旅をしたとき。ひょんなことからサンゴ浜のことを聞いて、同じ宿のひとり旅の女性とかなり探索して見つけたことを思い出します。

本当に真っ白なサンゴ石のカケラだらけの景色に感動しました。

 

どんなことも初めてのときの感動はなかなか超えられないもので、澎湖では「サンゴだな〜」くらいにしか感じなかったけれど…もったいなかったかも。

 

澎湖を知って興味を持つ方は、台湾マニアや海が好きな人が多いと思うのでぜひ色々満喫してきてください〜!青い海や空とセットがベストなので夏季をおすすめします♪

 

※沖縄と同じで、澎湖からもサンゴの持ち出しは法律で禁止されているのでご注意ください

 

関連記事|澎湖の移動手段はこちら♪ 

 

サンゴ浜の場所|アクセス

私が海と星空を眺めたいときによく行っていたこちらの浜辺は、おそらく馬公市の中心地から一番近いサンゴ浜です。 

しかし観光地ではないのでGoogleマップなどにも名称登録はされていません。

地図で見ると、民族路の北西の出っ張ったところ。民族路はBBQのお店や海鮮レストラン、ホテルなどが並ぶ海岸沿いの道路です。興味があれば探してみてください。

近辺には風水のグルグルや朽ちた家などもあり歴史をちょっと感じます。

 

サンゴ石のカケラをよく目にするビーチもまとめてみました。観光で訪れるならまずはこちらへどうぞ。

● 菓葉観日楼

澎湖で一番美しいといわれる日の出スポット。

真っ白なサンゴのカケラのサンゴ浜もあります。

 

● 赤崁珊瑚貝殼沙灘

台湾の映画「落跑吧!愛情」のロケ地。

 

● 無名港沙灘

風櫃洞から近い名もなき港。夕陽も綺麗。

 

● 龍門沙灘

海水が温かくて10月頃まで泳いだこともあったビーチ。

波打ち際へ近づくほど小さな貝殻の浜になる。漂流物が多く流れ着くので、シーグラス拾いにも最適。 

 

民族路のサンゴ浜はかなり穴場

ほかのサンゴ浜と比べるとそれほど美しい場所ではないですが、人けは少なくとても静かで私にとっては穴場的な場所でした。 

車も駐車できる広めの空き地にバイクを停め、ゆるやかなコンクリートの坂をのぼると目の前は海。真っ白ではないものの、サンゴのカケラが多く集まったサンゴ浜です。 

玄武岩も混じっています。波打ち際に近いところではきれいな貝殻がたくさん落ちていました。

周囲はぐるっと周れる遊歩道になっているので「何してるの?貝殻拾いかい?」と散歩中のご夫婦と会話を楽しんだり、よくのんびりしに来ていました。

岩場なので泳ぐのには適していませんが、ぼーっと眺めるのには最高の場所です。

奥の海中から飛び出ているなにかの廃墟。

昔の漁業施設かな?

潮が引いたときには、周囲の岩場で地元の人が生きた貝を採っています。

 

民族路の海岸沿いは星空も美しい

周囲には目立った電灯がなく真っ暗なため、街中とは比べものにならないくらい美しく輝く星空観測ができます。

雲がなければ、天の川もくっきりと観られます。しし座流星群の時期には、流れ星を数え切れないほど見ました。どれだけ眺めていても飽きない。

しかし付近の広い空き地が工事中だったので、また新しい施設ができれば灯りで星空は観られなくなるかもしれません。

 

澎湖で星空観測するなら夏季

冬のほうが綺麗な星空を眺められそうな気がしますが、澎湖の冬季は季節風が吹きすさび、曇り空の日も多いため夏季が適しています。

特に海岸沿いは強風で近寄り辛くなりますしね。同じ場所と思えないくらい本当にすごい風です。

 

今この記事を書いていてハッと気づいたことが。

八重山諸島の波照間島へは南十字星を観にいったものの、満月の灯りや雲で観られなかったのです。いつかまたリベンジをと思っていましたが、よく考えれば澎湖では見放題だったなって…。

おそらくこれでもかと目に入ってはいたけれど、結局どれか分からないままになりました(笑)

 

星空観測施設やプラネタリウムは聞いたことがなかったし、台湾の人は星空にはあまり興味がないのかなぁと思いました。澎湖では、星は民宿の名前によく使われています。

 

澎湖のサンゴ浜まとめ

  • サンゴ浜は砂のかわりにサンゴ石
  • 澎湖にはサンゴのカケラだらけの浜辺がいくつもある
  • サンゴ石の持ち出しは禁止

 

実は書こうか迷いましたが、民族路で若者同士の抗争事件みたいなのがあってから夜にはあまり行かなくなりました。

サンゴ浜とは違う場所ですが、バイクのライトがないと真っ暗でなにも見えないような道だったので怖さもあります。だからこそ星空も美しいのですが…。

 

治安が良いからといっても100%安全とは言えないので、信頼できる人たちと一緒に出かけるなどの自己防衛につとめるのが良いですね。

 

澎湖旅行ガイドブック

 

オマケ|波照間島のサンゴ浜は美しかった

こちらが波照間島のサンゴ浜。波照間島の自然の景観は澎湖本島より全体的に美しかった。離島はやはりどちらも甲乙つけがたいですね。

自転車も入れないような行き止まりの道からあぜ道へ入りやっと発見。こんな場所がこの世にあったのかと思うくらい素敵なところでした。寝転んでサンゴ石のゴツゴツを背中に感じながら空を眺める幸せな時間を満喫。

 

このときこの浜辺で出会った人はなぜかみんな関西人だったな。この後、女性3人で波照間島のカフェに八重山そばを食べに行ったのを覚えています。

八重山諸島限定のご当地ドリンク、ゲンキ クールが恋しいです…。 マリヤシェイクも飲みたいし、来年の梅雨前に行きたい。