うちごもりLIFE

出かけるよりも家ごもり、ウチごもりで暮らしたい主婦のブログ。

うちごもりLIFE

生乳ヤギミルク(ゴートミルク)の味は?|台湾台東初鹿健康牧場

生乳ヤギミルク(ゴートミルク)の味は?|台湾台東初鹿健康牧場

牛乳ではなく、ヤギ乳(ヤギミルク)を飲まれたことはありますか?

私は台湾で初めて飲みました。

偶然パン屋さんで見かけて購入。1本200ml 30元(約110円)

 

中国語で羊乳(羊奶)は、ヒツジのミルクではなく、ヤギのミルクです。同じように、台湾では羊肉もヤギのお肉のことを指します。

 

台湾ではヤギ肉もよく食べる

台湾ではヤギ肉料理はポピュラーです。専門店以外でも、ヤギ肉入りチャーハンなどはたいていの食堂のメニューにあり、いつでも気軽に食べられます。

 

もし、沖縄の臭くて有名なヤギ汁を想像しているならば拍子抜けしてしまうくらい、台湾のヤギ肉料理はくさみがほとんどなく食べやすいです。

 

ヤギミルクも、「生乳はさすがにクセが強いかも?」との予想に反して、意外とさっぱり味。牛乳と比べても、そこまで強い臭みを感じません。

 

台湾では聞きませんが、不快なほど臭みのあるヤギミルクもあるそうなので、餌や環境が整ってこその、この味わいかなと思いました。

 

成分無調整のノーマルのほかに、風味(フレーバー)を加えた、

いちごヤギミルクや、りんごヤギミルクといった加工乳も販売されています。

一番美味しかったのは、チョコレートミルクでした♪

 

大人向けアレンジ

全家(台湾ファミマ)の貝禮詩拿鐵(ベイリーズラテ)にヒントを得て、ベイリーズヤギミルクに!

といっても、全家でもラテ以外に牛乳が選べたので、それをヤギミルクにしたというだけなんですが(笑) クリーミーさがとってもよく合って美味しかったです。 

 

初鹿牧場と初鹿健康牧場…?

澎湖でもヤギはたくさん飼育されていますが、こちらは「台東初鹿健康牧場」のもの。初鹿は台東の地名です。

 

台湾人に聞いたら「ここの牧場は有名だよ~」と言っていたので、けっこう知名度がある牧場なんだな、と思ったのですが…

 

よくよく調べてみると、同じく台東に「初鹿牧場」というまた別の牧場(会社)があり、非常にややこしいではないですか(笑)

「初鹿牧場」のほうが歴史は長く、観光牧場としても人気があるようです。

 

こんなにややこしくして支障は出ていないのかと思って調べてみたら、やっぱり以前に揉めていました!

 

誤解を与えて売るのは良くない 

2015年当時、初鹿健康牧場が「台東初鹿健康牧場鮮乳」を販売していましたが、台東の牧場の登記上ではヤギ50頭のみで、牛は一頭も飼育されておらず、実際の原材料は「高雄橋頭久益牧場」のものだったとか。

 

要するに、知名度のある「初鹿牧場」の牛乳、または原料が初鹿産の牛乳であると、消費者の誤解を招く恐れのある表記だったため、ひと悶着あったということでしょうか。

 

またココとは別の会社も同じことをしていました。

 

日本でも、化粧品用の某椿油の原料が、その地方の椿油というわけではなく実は商品名なだけで、中国産のカメリア種子オイルを使用しているというのを思い出しました。 

 

私は、椿油(純国産ツバキ油)愛好者です。 

日本のツバキ油ですが、ヤブツバキを100%使うとなると、全国のドラッグストアで、安く大量に並べられるほどの生産はできないはずです。

 

その他オイルや混ぜ物も、椿油と表記されているので、これまたややこしいのです…。本物の純日本製の椿油は、全然別モノなので、本当におすすめしたい。

 

初鹿健康牧場は、今は牛乳などの一部商品名を眷戀へ変更していますし、ヤギミルクに関しては、当時からヤギを飼育しているのは確かで国家標準の品質もクリアしているので、気にしないことにします。

 

眷戀 juàn liàn は、「愛着・懐かしむ」という意味の単語です。

 

日本では手に入りにくいヤギミルクの生乳

実は、日本では本当に限られたところ(5軒ほど)でしか生産されていないため、生乳を口にする機会はほとんどありません。

そのため、1本200mlで約400~500円が相場のようです。

 

どんな風味か気になる方は試してみてください!ワンコなどペットに飲ませてあげる飼い主さんも多いんですね。とっても贅沢な感じがします。

 

ヤギミルクの手づくり石けん 

ヤギミルクは化粧品、石けんの材料としても使われています。石けんはとてもしっとりした洗い心地で乾燥肌に適しているようです。

 

手づくり石けんは、理科の実験と料理を合わせたような楽しさがあります!

やはり日本では、ヤギミルクの粉末は用意できても、生乳はなかなか思い通りにとはいかず、大変なこともあるみたいです。

 

手づくり石けんと聞くと、可愛いらしい趣味に感じますが、石けん素地を使わないで作るなら、実は化学の実験に近いです。

 

原材料に劇物の苛性ソーダを使うため、初めからひとりで作るのはおすすめできません。最低数回は教室で習って、手順をある程度理解しておくのが安心、安全ですよ〜!

手づくり石けんの講座は、比較的行きやすい習い事だと思います。

 

自宅で作るとなると、材料のほかに道具も必要なので、作りに行くのが一番良いと思いました。苛性ソーダにもビクビクしなくて良いのです。

 

台湾でヤギミルクを買う

スーパーではまだ見かけたことはありません。カルフールとか大きなところで探すと、もしかしてあるかも?

 

すごく地域限定になってしまいますが、台湾離島の澎湖(ポンフー)のパン屋さんの情報を載せておきます。

 

澎湖(ポンフー)は、台湾本島の西部に位置する離島で、日本でいうと沖縄のようなところです。行き方の記事に、観光スポットや名物をまとめています。 

 

●天一烘焙坊 文光店 (本店)

文光路の全聯スーパーの前です。3C(燦坤)もすぐ近くです。

 

 

●天一烘焙坊 文澳店  (分店)

文澳加油站(ガソリンスタンド)を過ぎ、(澎湖空港方面へ向かう)池上便當のお店の隣にあります。営業時間は、およそ15時~22時半くらいまで開いているのではないかと思います。

こちらの牛角パンが有名で、サボテンを使ったピンク色のものもあります。味はふつう…ですが、あえていうならコーヒー味がいける。

エッグタルトと、クリーム系チーズがたっぷりはさまった葉っぱの形をしたパンが美味しいです。